二日酔いで運転は飲酒運転になる?運転して良い時間の目安は?

beer


翌日に車で出かける用事があるにも関わらず、飲み過ぎてしまったという経験がある方はいませんか?

お酒を飲んだ後に車を運転するのは飲酒運転になりますが、一晩明けて二日酔いの状態での運転は果たして飲酒運転になるのでしょうか。

スポンサードリンク

二日酔いでの運転は飲酒運転になる?

お酒を飲んでから運転すれば飲酒運転になるのは、誰もが理解していることですよね。

それでは、翌朝二日酔いの症状がある場合は、どうなのでしょうか。

二日酔いの症状がある場合、体内にはアルコールが少なからずまだ残っている状態です。

ですから、体内に残っているアルコール濃度によっては、酒気帯び運転や飲酒運転になってしまうことがあります。

アルコールが完全にぬけるまでの時間は個人差やその日の体調など関係していますが、二日酔いになるほど飲んだ場合、早くてもその日の午前中、遅ければお酒が抜けるまでに1日かかる人もいます。

アルコールは肝臓で代謝・分解されます。
アルコールを分解する酵素が多ければ速やかに分解されますが、少ない人はアルコールがぬけるまでに時間がかかってしまいます。

=>アルコールを分解してくれる酵素

一晩寝た後であっても、お酒が抜けていない状態での運転は大変危険です。
二日酔いの症状がある状態での運転は控えた方が良いでしょう。

二日酔いで運転して良い時間の目安は?

飲酒運転の基準には「呼気中のアルコール濃度が0.15mg以上」と定められています。

お酒が体内からぬける時間は冒頭で説明した通り、個人差やその日の体調などによっても異なりますが、アルコールが分解されるまでのおおよその目安を紹介します。

・日本酒(1合 180ml):約3時間から6時間

・ビール(5%):缶ビール1本(約35ml)で約3時間から4時間

・ウィスキー(度数50%):シングルで約2時間から3時間

また、アルコールが分解されるまでの時間を調べるには以下のような計算式もあります。

アルコールの分解にかかる時間=
(お酒の容量ml×アルコール度数%÷100×0.8)÷((体重kg)×0.1)

例:体重50kgの人がアルコール度数5%のビールを500ml飲んだ場合

(500 × 5 ÷ 100 × 0.8) ÷ (50 × 0.1)
= 20 ÷ 5
= 4時間

上記はあくまで参考値ですので、飲んだ後は上記の目安よりも出来るだけ長く運転は控えましょう。

二日酔いでは自転車に乗ってもダメ?

自動車がダメでも、自転車なら二日酔いでも乗って良いと考えている人も多いかと思います。
翌朝、二日酔いのままいつも通り自転車をこいでも飲酒運転にはならないのでしょうか。

道路交通法65条第1項では、酒気帯びで車両等を運転してはいけないことになっています。

道路交通法で指す車両とは、自動車やバイクのほか、自転車も車両に分類されます。

そのため、お酒を飲んで自転車に乗った場合も罰金など処罰の対象となります

道路交通法が改正される前は注意ですんでいましたが、2015年以降の改正以来、厳しくなっため講習を受けたり、講習を拒否した場合は、5万円以下の罰金など処罰が課せられます。

飲酒運転は、以下の2種類に分類されます。

・酒気帯び運転:血中アルコール濃度が1ml中3mg以上 または 呼気1L中に0.15mg以上
・酒酔い運転:飲酒により正常な運転ができない状態

このうち、自転車の場合は処罰の対象は酒酔い運転のみで、酒気帯びは処罰の対象外です。
だからと言って、飲酒後に自転車に乗っても良いという訳ではありません。
飲酒後に自転車に乗ることは法律では禁止されていることには変わりありません。

お酒を飲むと判断力が鈍くなったり、酔った勢いでスピードを出してしまったりと、危険な行為をしてしまうこともあります。

またふらつき運転で歩行者にぶつかってしまうなども考えれます。

お酒を飲むと理性が効かなくなり、通常では考えれないことが起こってしまうことがあるので、たとえ処罰の対象外であっても、お酒を飲んだ場合は自転車の運転は避けるのが良いと言えます。

二日酔いで自転車に乗るのも同様で、体内にお酒が残っているとふらふらしてバランスが悪く、歩行者や車などにぶつかる可能性があります。

二日酔いの状態は、お酒がまだ完全に抜けていない状態ですので、できれば自転車に乗らずバスや電車など公共機関や徒歩などで対応するようにしましょう。

まとめ

二日酔いの飲酒運転についてまとめました。

二日酔いの症状があるうちは、まだアルコールが体内に残っています。

そのため、自動車や自転車を運転すると飲酒運転になってしまうので注意しましょう。

アルコールが抜けるまでの時間は飲んだお酒に量に比例しますので、翌日に車を運転する予定がある日は、適量をたしなみ飲み過ぎには注意しましょう。

自分は大丈夫と思っていても、アルコールが体内にある状態での運転は何が起こるかわかりません。
何か起こってからでは遅いので、二日酔いの症状があるうちは運転を控えるべきでしょう。

スポンサードリンク

この記事も一緒に読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ