二日酔いで胃が気持ち悪い!治す方法や効果のあるツボはココ!

hakike


頭痛、吐き気、胃の不快感など二日酔いの症状は辛いものです。
辛さを知っているのに、ついつい飲み過ぎてしまって翌朝後悔することも。

適量を考えながら飲んでも、楽しい雰囲気だとお酒が進むんですよね・・・。

今回は、二日酔いで胃腸が気持ち悪い時の対処法などについて紹介します。





二日酔いで胃が気持ち悪い!治す方法は?

二日酔いによる頭痛のおすすめ対処法を紹介しましたが、二日酔いと言えば頭痛の他にも胃の不快感や吐き気があります。

私はどちらかと言うと、頭痛よりも胃が気持ち悪くなることが多いですが、こちらの症状も非常に辛いですよね。

人間の体は水分のほか、ナトリウムやカリウムといった電解質なども含まれ、体調を整えてくれる働きがあります。

お酒を飲むと尿と共に水分や電解質が体外に排泄され脱水状態となりますが、水分や電解質の量が減少することにより胃腸に負担がかかり吐き気や胃の不快感に繋がるんだそうです。

また、肝臓でアルコールを分解する際に発生するアセトアルデヒドも吐き気の原因となります。

その他、お酒を飲むと低血糖になったり胃酸の出過ぎによっても吐き気が起こります。

二日酔いの吐き気は以上のようなことが原因で起こりますが、上手く対処すれば気持ち悪さから解放されるのも早まります。

それでは、二日酔いの胃の不快感や吐き気の対策を見て行きましょう。

  • 水分補給をする

やはり、1番の対策は水分補給です。

二日酔いの吐き気は脱水状態が原因で起きているので、水分を摂取することで体内の代謝機能が高まり、血中のアルコール濃度を下げてくれます。

水分はスポーツドリンクやお茶、味噌汁などで摂取すると良いでしょう。

また冷たい飲み物より常温や温かい飲み物の方が胃に負担をかけず、吸収も早まります。

  • 胃腸薬を内服する

胃がもたれて気持ち悪い時は、胃腸薬を飲むとスッキリすることがあります。

総合胃腸薬には胃酸の分泌を抑えてくれる制酸剤や消化吸収を促す消化酵素剤、そして胃を健康に保つ健胃剤などが配合されているため、胃の不快な症状を改善してくれます。

また、二日酔いに効くと言われるドリンク剤を飲むのも効果が期待できるでしょう。

  • 入浴をする

二日酔いで起こる胃もたれを解消するには、温めのお湯に入浴するのも効果があります。

朝食を済ませた後、30分以上時間をおいてから入浴します。
食後すぐに入浴すると、胃の不快感を悪化させてしまうので注意しましょう。

  • 二日酔いに効果的な食べ物を摂取する

二日酔いで気持ち悪いからといって、何も食べないのは回復を遅らせる原因になります。

消化の良い食品を選んで少量ずつ食べるようにします。

お粥に梅干し、大根おろしを混ぜたものや消化を促すクエン酸を含む食品を食べるとさっぱりして胃の気持ち悪さから解放されますよ。

ただし、吐き気が強い場合などは無理に食べない方が良いですよ。

  • 生姜湯を飲む

生姜は吐き気に効果的な食べ物です。
生姜をすりおろしてお湯に混ぜるだけですが、好みでお砂糖やレモンスライスを加えるのも良いでしょう。

二日酔いは体内の血糖も不足しているため、砂糖を加えることで糖分を補うことができ、吐き気を抑えるのに役立ちます。

また、消化を促すクエン酸効果でダブルの効果が期待できます。

二日酔いで気持ち悪い時に効果のあるツボは?

頭痛や吐き気、胃の不快感などは何とかして治したいものです。

食事療法と合わせて二日酔いに効果的なツボを押しで回復を早めましょう。

胃部不快感に効果的なツボを紹介します。

  • 内関(ないかん)

手首から指3本分くらい下にあるツボです。

胃もたれなど消化器系に効果があります。

  • 健理三針区(けんりさんしんく)

手のひら側の真ん中よりも少しだけ手首寄りにあるツボです。
肝臓の働きを高めてアルコール分解を促進してくれます。

  • 陽陵泉(ようりょうせん)

膝下の少し外側にあるツボです。
外側にある踝(くるぶし)から膝に向かって上がっていくと突き出した骨に触れます。
骨の周辺をなでると前下方に窪んだ箇所がツボになります。

胃部不快感や胃痛などに効果があります。

二日酔いで気持ち悪い時に効く代表的なツボを紹介しましたが、ツボを押す時は、親指を使用して優しく押すようにして下さい。





二日酔いで気持ち悪いのはいつまで続く?

翌日に仕事があるのについつい飲み過ぎて後で後悔してしまうお酒。

飲んでいる時は楽しくても、翌日に起こる吐き気や頭痛など二日酔いの症状は本当に辛いものです。

この辛い症状は一体いつまで続くのでしょうか。

二日酔いで気持ち悪いのがいつまで続くのかは個人差があり、アルコールを分解する酵素が多くあるかないかで決まってきます。

アルコールを分解する酵素が多い人は、翌日の午前中くらいには気持ち悪さから解放されるでしょう。

=>アルコールを分解してくれる酵素

酵素が少ない人は夕方まで気持ち悪さが残ってしまうことがあります。

早めに回復したい場合は、水分を摂取したり、胃腸薬などを用いることで早めに回復することも可能です。

一般的に7時間から8時間くらいで回復し、長い人では10時間以上かかることもあります。

個人の体質によって気持ち悪さから解放される時間は異なるので、飲み過ぎには注意しましょう。

まとめ

二日酔いで気持ち悪い時の対処法についてまとめました。

翌日に仕事がある場合は、お酒の量を考えながら二日酔いにならないように飲むようにしましょう。

二日酔いで胃が気持ち悪い時は、ここで紹介した方法で回復を早めて下さい。

楽しくお酒を飲むには良いことですが、飲み過ぎには注意しましょう。

この記事も一緒に読まれてます

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ