二日酔いによる頭痛のおすすめ対処法!頭痛はいつまで続く?

beer2


二日酔いの症状と言えば、頭痛や胃の不快感ではないでしょうか。
どちらも辛い症状ですが、今回は二日酔いの頭痛の対処法や原因などについてまとめました。



二日酔による頭痛のおすすめ対処法

二日酔いによる頭痛は、ホント辛いものがありますよね。
飲み過ぎてしまった自分のせいなので、自業自得ではありますが、後悔しても頭痛は治まりません。

少しでも辛い頭痛をやわらげる方法を紹介したいと思います。

  • 水分補給をする

アルコールを摂取すると体内の水分が奪われ、脱水症状になります。

この脱水症状が頭痛を引き起こす原因の一つでもあるため、必ず水分補給をするようにします。
また、脱水症状の場合、水分のほか体内のナトリウムやカリウムなど電解質成分も少なくなっています。

ミネラルウォーターよりも、電解質成分の入ったスポーツドリンクの方が体に吸収されやすく、効果が得られやすいようです。

なお、次回からはアルコールを飲みながらお水などを飲むのと、翌日に頭痛が起こりにくくなりますよ。

  • 冷やす

頭痛は頭の血管が拡張したために起こる症状でもあります。
そのため、頭や首周りにある太い血管を冷やすことで、症状が和らぐことがあります。

  • 二日酔いに効果的な食べ物・飲み物を摂取する

アルコールを分解するのは肝臓の働きですが、肝臓の働きを高めてくれる食べ物や飲み物があります。
肝臓の働きを良くすることで、分解がスムーズに進み痛みを取り除いてくれます。

二日酔いにおススメの食べ物・飲み物
シジミのお味噌汁
牛乳
蜂蜜
トマトジュース
オレンジジュース
コーヒー

レモン
バナナ
  • サプリを飲む

二日酔いに効果的なサプリを飲むのも良いですよ。
アルコールの分解を早めてくれる成分や栄養素など含まれるサプリを飲むことで、二日酔いによる頭痛のほか体調回復にも役立ちます。

  • 頭痛薬の内服

どのような方法を試しても、頭痛が改善しないという方は内服薬に頼る方法もあります。

ただし、お酒がぬけていない状態で内服すると副作用に繋がったり、また肝臓や胃などの粘膜に負担をかけてしまうことがありますので注意が必要です。

内服する場合は、お酒が抜けてから胃腸薬と合わせて飲むようにしましょう。

二日酔いで頭痛になる原因は?

お酒を飲んでいるときは楽しいので、飲んでいるうちに翌日のことなど忘れ、ついつい飲み過ぎて後悔してしまう方もいるのではないでしょうか。

二日酔いで何故頭痛が起こるのか、知っていますか?
原因を知っておくことで、二日酔いの頭痛防止にきっと役立ちますよ。

  • 脱水症状

アルコールを摂取すると体内から水分が奪われ、脱水症状になりやすくなります。

また水分のほかにナトリウムやカリウムと言うような体内バランスを保つのに大切な電解質成分も排泄されてしまうのも頭痛の原因のひとつとなります。

  • アセトアルデヒド

アルコールを分解する過程では、アセトアルデヒドと呼ばれる毒性の強い物質が産生されます。

この物質が二日酔いの原因となると言われ、アセトアルデヒドが分解されるに従い頭痛の症状も落ち着いてきます。

アセトアルデヒドの分解に役立つ食品や栄養素を摂取することで、分解がスムーズに進み、早めに頭痛の苦しみから改善できるでしょう。

=>アセトアルデヒドを分解してくれる酵素

  • 血管拡張

アルコールを摂取すると頭の血管が拡がります。
血管が拡がることが、頭痛の原因となりますが、血管を冷やして収縮させてあげることで症状が緩和します。

特に日本酒には血管を拡張させる作用のある物質が比較的多く含まれているため、頭痛を引き起こしやすくなります。

  • 糖が不足する

肝臓はアルコールだけではなく、糖分を蓄える機能も持ち合わせています。
アルコールを分解するために肝臓はフル活動をして糖分の供給が上手くできなくなってしまいます。

その結果、糖分が不足して頭痛や倦怠感などの症状が現れます。



二日酔による頭痛はいつまで続く?

お酒を飲んだ後に起こる頭痛は早めに解消したいものです。

頭痛がいつまで続くのか分かれば痛みがいつまで続くのかというストレスから解放されます。

二日酔いの頭痛が自然に消えるのを待つだけではなく、早めに回復できるポイントなどが分かれば長く不快な思いをする必要はなくなります。

頭痛がいつまで続くのかは、個人の体質によって異なります。

アルコールは肝臓で分解されますが、アルコールを分解する酵素のひとつである「アルコール脱水素酵素」が関係しています。

アルコールを分解するための酵素が多い人は、アルコールが早く分解されるため、早めに回復することができますが、分解酵素が少ない人は1日中症状が続く場合もあります。

時間でいえば、通常7時間〜8時間程度で頭痛は軽減していきますので、翌日の午前中いっぱいくらいで回復しますが、大量に飲んだ場合はもう少し時間がかかることも考えれます。

しかし、アルコールを分解する酵素が少ない人はアルコールが分解されるまでに時間を要するため翌日の夕方くらいまで頭痛が続くことがあります。

またアルコール脱水素酵素がある人でもその日の体調や年齢などにより回復が遅れることがあります。

=>アセトアルデヒドを分解してくれる酵素

まとめ

二日酔いの頭痛の対処法についてまとめました。

二日酔いは吐き気や頭痛がするなど不快な症状なため、二日酔いにならないためにも体調や自分の飲める量を考慮して飲むようにしましょう。

また、二日酔いで頭痛が辛い時は、ここで取りあげた方法で痛みを和らげて下さい。


この記事も一緒に読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ