一度除去したピロリ菌の再発の可能性と原因は?再除菌はできる?

hukutsu


昨年ピロリ菌の検査をして陽性だったので、ピロリ菌の除去をしました。
それまで悪かった胃の調子もすっかり良くなったのに、ここ最近また胃の調子が悪くなって来ました。
もしかして、ピロリ菌が再発してしまったのでしょうか。
そもそも、ピロリ菌は一度除去してもまた再発することがあるのでしょうか。
また、再発していた場合、再除菌はできる?
中高年層に多いピロリ菌の感染ですが、除菌したのにまた胃の調子が悪いと、せっかく除菌したのに再発してしまったのではないかと心配になりますよね。
それでは、ピロリ菌は除去しても再発することがあるのか、その原因は何か、そして再発した場合再除菌は可能なのかについて、お話したいと思います。
スポンサードリンク

一度除去したピロリ菌は再発する可能性はある?

ピロリ菌をせっかく除菌したのに、また胃の調子が悪い・・・。
そんな時、まさかピロリ菌が再発してしまったのではないかと心配になりますよね。

ピロリ菌を除菌すれば再発する可能性は少ないですが、全く再発しないというわけではありません。

実は除菌効果は約80%〜90%と高い成功率ではありますが、100%ではないのです。

ですから、除菌治療をしても除菌しきれなかった少数のピロリ菌が胃の中に生息していれば、それがまた増殖して再発する可能性もあります。

また医師の指示に従わずに内服治療を正しく行わなかった場合には、除菌が不十分になるため再発しやすくなります。

ピロリ菌の除菌治療は100%ではないという事を肝に銘じておきましょう。

除菌後も安心!菌活で良い菌を育てよう

除菌後もピロリ菌を増殖させないために、抗菌力の強いストロングマヌカハニーが絶対オススメ!

ピロリ菌が再発する原因は?

ピロリ菌の除菌治療をしたのに何故、再発してしまうのでしょう。

その原因として考えれるのは

  • 除菌できなかったピロリ菌が胃の中に存在していた
  • 遺伝子型の異なるピロリ菌に再感染した
  • 胃の調子が良くなったため除菌治療を途中でやめてしまった
  • 初回の治療で内服薬を飲み忘れた

以上のようなことがピロリ菌再発の原因と考えられます。

除菌治療に用いる内服薬は、抗生物質のため医師の指示に従って内服しないと耐性菌ができてしまいます。

抗生物質を独自の判断で投与を中止したなど心当たりのある人は、再発の可能性が高いですよ。

ピロリ菌が再発してたら再除菌できる?

せっかくピロリ菌を除菌したのに、再発してしまったかも。。。
とがっかりしている人もご安心下さい。

ピロリ菌が再発しても、再除菌は可能です。

ピロリ菌の1次除菌の成功率は約80%、2次除菌なら約90%と高い成功率になります。

再除菌をする場合は、最初の除菌の時と抗生物質の種類を変えて内服するようです。

除菌後も安心!菌活で良い菌を育てよう

除菌後もピロリ菌を増殖させないために、抗菌力の強いストロングマヌカハニーゼッタイおすすめ!

まとめ

ピロリ菌の除菌は100%ではないので、再発したりまたは再感染することもあります。
ですが、その場合は再除菌が可能ですので、再発したかも?という時は、がっかりせずに病院で再検査してもらいましょう。

ピロリ菌の除菌には抗生物質を使用するので、自分の判断で内服を中止したり、飲み忘れると除菌の成功率も低くなり耐性菌などの問題もでてきます。
もしも再除菌される際は、処方された内服薬は指示に従って飲むようにしましょう。

またピロリ菌を除菌しても胃の健康を保つため、暴飲暴食は避け栄養バランスのとれた食生活を送るように心がけることも大切ですね。

スポンサードリンク

この記事も一緒に読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ