お盆の帰省で旦那の実家に手土産を!相場やおすすめは?のしは?

93f58f095d968ceb4041823da5621073_s


もうすぐお盆ですが、お盆には、旦那さんの実家に帰省する人も多いかと思います。
その際に、何か手土産を持って行きたいけれど、何を持って行って良いか毎年頭を悩ませているのは私だけではないはず。

いつもワンパターンじゃつまらないし、たまにの帰省なので、気配りの出来る嫁だと思われるようにしっかり準備をして行きたいものですね。

スポンサードリンク

お盆の帰省に手土産は必要か?

そもそも、お盆の帰省時に実家や親戚宅への手土産は必要なのでしょうか。

もちろん必ず必要!という決まりはありませんが、一般的には帰省時には手土産を持って行くという人の方が多いようです。
やはり無いよりは持って行った方が、実家のご両親も喜びますよね。
手ぶらで帰省というのも、なんだか味気ないですし、嫁としての気配りも見せておきたい所です。

私は旦那さんの実家がそれほど遠くはないので、お盆以外にも帰省しますが、お盆の帰省の際には必ず何らかの手土産を持って行くようにしています。

いくら手ぶらでおいでと言われていたとしても、何らかの品物を持参した方が良い印象を受けること間違いなしです。
それに、持って行くべきか悩むくらいなら、持って行った方が気持ち的にも楽ですしね。

帰省の際に親戚宅へも顔を出す予定があるのであれば、同様に何か手土産を持って行きましょう。

お盆の帰省で旦那の実家への手土産の相場は?

それでは、お盆の帰省時の手土産の相場はどのくらいか見て行きましょう。

実家への手土産ですので、金額的にはあまり多過ぎない方が良いでしょう。
高価なものの場合、受け取る側に気を遣わせてしまいます。

一般的な相場としては、1000円〜3000円、多くても5000円程度のようです。

ちなみに我が家は、ちょっと遅めのお中元も兼ねて持って行くので、5000円前後の品物をチョイスしています。

ご家庭のお財布事情もありますし、背伸びせず身の丈に合った金額ものもを選ぶ様にしましょう。

スポンサードリンク

お盆の帰省時の手土産のおすすめは?

帰省時の手土産は、実家の両親が喜ぶものを選びたいですよね。
自分の実家の場合はそれほど迷わず選べても、旦那さんの実家となると何にしようか唸ってしまいそうです。
それに毎年のこととなると、ネタ切れになってしまいますよね。

  • 地域の特産品
実家が遠方にある場合は、ご自身がお住まいの地域の特産品はいかがでしょうか。
例えば果物や、地元で有名な和菓子屋さんのスイーツなどでも良さそうですね。
私は帰省前に道の駅へ行って、地域の特産品を手土産としてチョイスすることも多いです。

  • ドリンク類
お酒好きのご家庭でしたら、お盆にみんなで飲めるお酒が喜ばれます。
お住まいの地域の酒蔵で作られている地酒なんかいいですね。
お子様が沢山集まるようでしたら、果汁100%のジュースもおすすめです。

  • 両親の好きな食べ物
両親の好きな食べ物をリサーチ済みの場合は、それらを手土産として持って行くのがおすすめです。
自分たちの好物を手土産として持って来てくれるなんて、気の利く嫁だと思われること間違いなしですよ。

  • お取り寄せスイーツ
両親が甘い物好きな場合は、普段自分では買わない様な、プチ高級なお取り寄せスイーツはいかがでしょうか。
洋菓子もいいですが、キレイな和菓子も良いかと思います。
夏の暑い時期なので、プリンやゼリー、それにようかんなども喜ばれるかと思います。

お盆の帰省時の手土産を選ぶポイント

  • 日持ちするもの
お盆は忙しくてすぐに食べられるとは限らないので、なるべく日持ちするものが良いでしょう。
特にその日のうちに食べられる場合を除いて、お刺身やお肉など生ものは避けます。

  • みんなで食べられるもの
何泊かする場合は、みんなで食べられるものも喜ばれますよ。
以前、夫の弟夫婦が牛タン有名店の詰め合わせを手土産として持って来てくれたのですが、大好評でした。

  • 家族構成を考慮したもの
お年寄りや小さい子供など、家族構成を考慮して選ぶと良いでしょう。

お盆の帰省時の手土産にのしは必要?

手土産ですので、一般的にのしは不要です。
ここで注意したいのが、お盆の帰省時の手土産とお仏壇へのお供え物は別物ということです。
私は初めて旦那の実家に帰省する時に、お仏壇へのお供え物としてお菓子をのし付きで持参したんですが、両親への手土産を忘れてしまったことがあります。
お仏壇へのお供えをお仏壇前に置いてから、両親への手土産も用意すべきだったと気付いたんです。
若気の至りということで・・・翌年からは、お仏壇へのお供えと手土産、それぞれ別に用意するようにしてますよ。

ちなみに、お仏壇へのお供え物には、「御仏前」「御供」など、のしを付けます。

まとめ

お盆の帰省時に持参する手土産について、書いてみました。

毎年頭を悩ますお盆の帰省時の手土産ですが、どうしても迷って決められないって時は、自分や旦那さんが食べたいもので良いと思いますよ。
あそこのお菓子前から気になってたんだよね〜ってものがあれば、それを選んでみてはいかがでしょうか。
今年もご両親が喜ぶ手土産が見つかるといいですね!

この記事も一緒に読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ