ワセリンの赤ちゃんへの使い方や副作用の心配について

baby0530


大人に限らず水分たっぷりの赤ちゃんの肌でも乾燥は気になりますよね。
生後間もない赤ちゃんの肌は潤っていますが、3ヶ月頃から次第に保湿が必要になって来ます。

赤ちゃんのお肌の保湿と言えば、ワセリンを思い浮かべる人も多いかと思います。
ワセリンは肌に優しい成分で作らいるので肌の弱い赤ちゃんでも安心して使うことができますが、どのように使えば良いのか心配になるママもいるはずです。

ここでは、赤ちゃんへのワセリンの使い方についてまとめました。

スポンサードリンク

ワセリンの赤ちゃんへの使い方

赤ちゃんは乾燥したり、かぶれや湿疹など起こりやすいですが、その様な時に活躍するのがワセリンです。

ワセリンは、石油が原料で作られていますが、不純物を取り除いた純度の違いからワセリンの種類も異なります。

赤ちゃんに使用する場合は、不純物のほとんど混入していない純度の高い白色ワセリンやサンホワイト、プロペトなどを使用するようにします。

またベビー用ワセリンなども販売されているので、心配な方はベビー専用のワセリンを使うと安心です。

一方、黄色ワセリンは純度が低いので敏感な赤ちゃんの肌に使用するとかぶれたりすることもあります。

ワセリンの使い方はいろいろありますが、どの様に使えば良いのか悩んでしまうママにために使い方を紹介します。

  • 肌の保湿

赤ちゃんでも肌は乾燥します。
ワセリンは水分が逃げるのを防いでくれるので、沐浴後や入浴後に保湿剤として使用することができます。

  • おむつかぶれ

オムツをいつもつけている赤ちゃんのお尻はとても敏感になっています。
特に下痢をしたり長時間オムツをつけっ放しで通気が悪く蒸れてしまった時はかぶれやすくなりますね。
おむつ交換の度におしりにワセリンを塗ることで、オムツかぶれを防ぐことができます。

  • よだれかぶれ
赤ちゃんはよだれが多かったりミルクが口の周りにつくこともありますよね。
肌が弱いためハンカチなどで拭き取った時にかぶれてしまうことがあります。

ワセリンを口の周りに塗ることでかぶれなどの予防に役立ちます。

  • 湿疹の予防

乳児湿疹など赤ちゃん特有の湿疹ができる時期がありますよね。

軽症なら湿疹などができている箇所に塗ると症状が緩和します。

塗り方のポイント

ワセリンを塗ると言ってもたくさん塗れば効果が早く現れるというわけではありません。

塗り過ぎは逆効果になることがあるので注意しましょう。

赤ちゃんに塗る場合は、薄くワセリンを取ってポンポンと優しく押し付けながら塗るようにします。

強く擦ると、肌をいためてしまったり赤くなる原因になりますので注意しましょう。

また塗る前にワセリンを温めておくと柔らかくなって塗りやすくなります。

ワセリンは赤ちゃんに塗っても副作用は心配ない?

ワセリンは安全性が高くても赤ちゃんに塗っても大丈夫なのか、心配になってしまいますよね。

ワセリンは石油が原料ですが、赤ちゃんに塗っても心配はありません。

但し、純度の低い黄色ワセリンを塗った場合、赤ちゃんの肌質によってはかぶれてしまうことがあるので、赤ちゃんには純度の高い白色ワセリンなどを使用するようにしてくださいね。

ワセリンは余分な成分が配合されていないので副作用が起きるのは稀です。

副作用として以下のような症状があると言われていますが、起こることはほとんどないと言って良いでしょう。

・皮膚の赤み、かぶれ

・色素沈着

皮膚のかぶれが酷い、赤みがあるなど皮膚の状態が悪化しているような時に使用すると副作用に繋がります。

赤ちゃんの肌は敏感なのでワセリンを塗った後に日光に長時間当るのは控えるようにします。
稀に色素沈着など起こる可能性があるためです。

ワセリンを赤ちゃんに塗って赤くなる場合

赤ちゃんの肌はデリケートなのでワセリンを使って赤くなってしまうこともあるでしょう。

低刺激のワセリンが肌に悪影響をおよぼすことはほとんどありませんが、肌の状態が悪化している時に使用すると赤くなることがあります。

また、肌質に合わない場合もワセリンを塗って赤くなってしまうことがあります。

特にアトピー性皮膚炎の赤ちゃんがワセリンを塗って痒みが出たという話も耳にします。

ワセリンは皮膚に膜を作って水分を逃がさない役割がありますが、赤ちゃんの場合、反対に熱がこもってしまい痒みや赤みに繋がることもあるようです。

痒みが出ると赤ちゃんは無意識に掻いてしまうので、症状の悪化に繋がります。

肌の状態は赤ちゃんそれぞれなので、肌にトラブルのある赤ちゃんは皮膚科や小児科などで肌にあった軟膏を処方してもらうことをおすすめします。

まとめ

保湿目的でワセリンを使うママもいますが、ワセリンは皮膚を保護してくれますが、水分を与える成分は入っていません。

効果的に使用するには赤ちゃん専用の保湿剤を使った上から、ワセリンを塗ると水分の蒸発を防ぐことができますよ。

また、ワセリンは薬ではないので赤みや湿疹を取り除いてくれるわけではありません。

軽い乾燥や湿疹、かぶれなら改善することもありますが、症状が進行している場合は早めに皮膚科などで診てもらって下さいね。

スポンサードリンク

この記事も一緒に読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ