夜行バスで化粧はマナー違反?落とす場合やメイクのタイミング

bus


遠出の旅行に行く時は飛行機や新幹線、夜行バスなどを利用することがありますね。

飛行機やバスなどでは夜に出発して朝や昼間に現地に到着することがありますが、このような時、困ってしまうのがメイクです。

皆がいる前でメイクをしたら不快に思われないか、メイクを落とすタイミングはどうしようかなど・・・・

夜行バスでのメイクの悩みを一緒に解決しましょう。

スポンサードリンク

夜行バスで化粧はマナー違反?

電車やバスなど公共の乗り物は、みんなで使うものなので気持ち良く利用したいですよね。

夜行バスも皆が利用するので公共の乗り物ですが、旅行や帰省、コンサートに行くなど目的は人さまざまです。

リーズナブルで利用できるので、夜行バスを使って旅行に出かける方も多いかと思います。

多くの女性は自宅からメイクをせずにバスに乗り込んでいる傾向にあります。

車内でお化粧する方もいますが、やはりあまり良いとは言えませんね。

使っている化粧品によっては匂いがきついこともあり、バスの中にお化粧品の匂いが充満してまうと他の方の迷惑になることもあります。

また、ファンデーションなどをシートに落としてしまったり、パウダーがこぼれる、口紅がカーテンに付いてしまうなど車内を汚してしまうことがあり、バス会社にも迷惑をかけてしまいます。

それに夜行バスは早朝に到着することが多いですが、到着前のメイクはまだ寝ている人もいるため、メイクをしている音も気になります。

他の方の迷惑になるということはマナー違反になってしまうので、夜行バスであってもお化粧は控えた方が良いと言えます。

夜行バスで化粧を落とすには?

自宅からメイクをせずにバスに乗る方もいれば、仕事の帰りにバスを利用したり、乾燥対策からお化粧をしている方もいます。

この様な時、どのタイミングで化粧を落とすべきか悩みますよね。

サービスエリアで落とす

仕事が終わった帰りなどメイクのまま乗車した時は、一番初めに止まるサービスエリアで落とすと良いでしょう。

休憩時間は約20分くらいなのでメイクを落とす時は、拭き取りタイプにしたり、洗顔とメイク落としが1本になったタイプなら1回ですむので時間も短縮できますね。

バスターミナルで落とす

バスに乗り込む前に、ターミナル駅のトイレで落とすのもひとつの方法です。

車内は暗く、多くの方は寝てしまうので顔を見られることもありませんしね。

最初からノーメイク

メイクをせずに乗るのも賢い選択と言えます。

乾燥対策としてマスクをしてしまえば、すっぴん顔でも気になりませんよね。

気になる場合は、眉毛だけ書いておけば目立ちませんよ。

長時間メイクをしていると肌にも負担がかかってしまいますし、寝ている時に座席のシートにファンデーションがついてしまうなんてことも考えられます。

化粧をせずに乗れば、メイク落としをいつすべきか考える必要もありません。

夜行バスで化粧をするタイミング

夜に出発する夜行バスは素顔で乗る女性がほとんどですね。

車内は暗いので顔を見られず、余計な心配はありませんが、日が昇り明るくなるとすっぴん顔の自分が恥ずかしくなってしまい、早くお化粧をしたくなってしまいます。

車内でお化粧をする方も少数いますが、前述の通り匂いや汚れの原因となるのであまりおすすめしません。

またバスが揺れたりするとアイラインが曲がったり、きちんとしたメイクに仕上げることができませんしね。

サービスエリアで一気に済ませる

メイクをする場合は、落とす時と逆に最後のサービスエリアや目的地のターミナル駅などのトイレを利用するのが便利です。

但し、サービスエリアのトイレの鏡は他の方も使用するので、混雑している時は迷惑がかからないように短時間で済ませるようにしてください。

バスが停車している時間も短く、洗顔したりトイレを済ませたいなどと言った場合、時間があっという間に過ぎてしまいますので要注意です。

遅れると他の方の迷惑にもなるので、時間はきちんと守るようにしてくださいね。

サービスエリア+バスのターミナル駅で2回に分けてメイクする

サービスエリアとターミナル駅の二つを上手く組み合わせることで、きちんとしたメイクに仕上がります。

例えば、サービスエリアではベースメイクに専念して、ターミナル駅ではアイシャドウやアイライン、眉毛を書くなどすれば落ち着いてメイクをすることができますね。

サービスエリアでの停車時間が短い場合は、ベースメイクをするのでいっぱいということも考えられ、アイメイクまでできないことがあります。

残ったメイクは終着駅で仕上げると良いですね。

漫画喫茶やインターネットカフェを利用する

目的地の近くに漫画喫茶やインターネットカフェなどがあると便利ですね。

ポイントメイクを済ませたり落ち着いてお化粧をすることができます。

VIPラウンジを利用する

到着する駅によっては、VIPラウンジなど利用することができます。

お化粧をしたり、着替えや充電ができるなど便利な施設で、サウナや入浴施設などもありリフレッシュすることができます。

有料となってしまいますが、メイクの場所の心配がないのでストレスが少なくてすみます。

利用する夜行バスターミナルの情報を事前に調べておくと良いでしょう。

まとめ

夜行バスを利用する場合、サービスエリアでメイクをする方が多いですが、他の女性も同じ目的なので混み合うことがあります。

メイクをするのも大切ですが、他の方の迷惑にならないようにお互い場所を共有しながらメイクをしてくださいね。

またバスの中でのメイクはバス会社や他の方の迷惑になるので、できるだけ止めるようにしましょう。

落ち着いてメイクをしたいという方はVIPラウンジなどを利用するのも良いでしょう。

乗車マナーをも守って楽しい旅行にしたいですね。

スポンサードリンク

この記事も一緒に読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ