海外旅行のお土産は誰に買う?予算や選び方のポイント



海外旅行は楽しみですが、悩みと言えばお土産ではないでしょうか?

せっかく海外に行くのだから、みんなに喜ばれるお土産を購入したいですよね。

でも、海外でのお土産の購入は、予算やお土産をあげる人など決めておかないと、予算オーバーになってしまいます。

それに、現地であれこれ迷うのは時間が勿体ないですよね。

予め誰にいくらくらいのお土産を購入するか決めておくと、現地でのお土産選びに時間が取られず余裕が持てます。

ここでは海外旅行のお土産のポイントについて紹介します。

スポンサードリンク

海外旅行のお土産は誰に買って来るべき?

海外旅行は待ち遠しいですが、お土産を誰に買ってくるべきか悩むことがありますよね。

職場の人にも買うべきか、それとも買わなくても大丈夫なのか、行く前からあれこれ考えてしまいます。

職場の仲間

海外旅行は長期のお休みが必要になりますので、職場の人へはお土産を買ってくるのがマナーと言えますね。

絶対に買わなくてはいけないというわけではありませんが、他の人が働いている時にお休みをもらって旅行に行くので、やはり買った方が職場関係も良くなりますよね。

また職場でも日頃お世話になっている上司や先輩へのお土産は忘れずに購入しましょう。
同僚にも同じように、自分が休んでいる時に仕事をフォローしてくれているので買っていくと喜ばれますよ。

友達

近所に仲の良い友達が住んでいるのであれば、時々会う機会がありますよね。

友達と会って旅行の話になった時、お土産がないと何となく気まずい雰囲気になりませんか?

友達だからなくても良いだろうと考えてしまうことがありますが、普段から仲良くしている友達だからこそ購入すべきですよね。

親戚

親戚つき合いの程度によりますが、いつもお世話になったり、何かあるごとに行き来していたりする場合は購入するのも良いですね。

親戚の方が海外旅行に行くことを知らないのであれば、特に買う必要はないと言えるでしょう。

ご近所

ご近所付き合いの程度によります。

お隣さん同士で仲が良いなら買うことで更に親しみが増しますが、挨拶程度の仲であれば必要ありません。

反対に相手に気を遣わせてしまい、負担をかけてしまいます。

彼氏

彼氏のいる方は、もちろん忘れてはいけませんね。
まあ、忘れることはないと思いますが、後からトラブルにならないためにも彼氏へのお土産は忘れずに購入しましょう。

海外旅行のお土産の一人当たりの予算は?

お土産を買う人のリストが決まったら今度は予算を決めなければいけませんね。

職場や親戚、近所

一人当たり1,000円~2,000円くらいを目安にすると良いでしょう。

但し、人数がい多い時は各個人に1,000円を支払ってしまうとかなり費用がかかってしまうので、500円程度の品物を探すようにします。

ポストカードやキーホルダー、マグネットなどは定番ですが、どれも500円くらいで購入できるので職場などで各個人に配りたい時は便利ですね。

また職場で大勢の人に買う場合は、現地のチョコレートやお菓子、お茶類などその国の特産品を買うのも良いでしょう。

上司や先輩数名なら同僚とは別に1,000円程度のお土産を購入するようにしてくださいね。

友達

仲の良い友達には500円~1,000円程度のお土産を購入すると良いですね。

現地の調味料やスープなど現地でしか入手できない物を買うと喜ばれます。

彼氏

彼氏には、1,000円~5,000円程度が良いでしょう。

但し、彼氏は特別な存在なので、この金額ですまないこともありますよね。

特にブランド品の洋服やバックなどをお土産として購入したいと言った場合、金額が高くなることがあります。

自分の気持ちや他の人のお土産の予算と相談しながら決めるようにしてくださいね。

海外旅行のお土産の選び方のポイント

海外に行くと日本では見かけない珍しい物や可愛らしい物などがあり目移りしてしまいますね。

お土産は喜ばれるためにも慎重に選びたいものですが、どのような点に注目してお土産を選べば良いのでしょうか。

現地の品物か確認

現地のスーパーマーケットなどでお土産を購入する方もいますよね。

お土産として人気のあるチョコレートですが、現地のチョコレートか裏のラベルを見て確認しましょう。

現地のスーパーマーケットでは、他の国のチョコレートもたくさん並んでいることがあるので、訪れた国で作られているチョコレートを選びましょう。

日常的に使えるもの

ボールペンやメモ帳などはオフィスで使えるアイテムですね。

女性なら調味料やハンドクリーム、バスセットなども喜ばれます。

個包されているもの

お土産用にスーパーマーケットなどで菓子を購入した時、ひとつひとつ個包されているものを選ぶと便利ですよ。

各個人に個包されているお菓子を渡しつつ、更に絵ハガキやマグネットなどを机などに並べて選んでもらうという方法もあります。

お菓子以外では調味料やスープ類など日本では味わうことができないような食品類もお土産として選ぶと良いでしょう。

観光名所で購入

美術館や博物館、観光名所を訪れた時に購入するのも良いですね。

観光名所ならこの国に行ったということが一目でわかりますよね。

まとめ

予めお土産を購入する人と予算をメモしておくと、現地でのお土産選びがスムーズになります。
それに、帰国後にお土産が足りない!なんてことにもならずに済みますよ。

そして現地のお土産はどのようなものが人気か、調べて行くのも忘れずに!

スポンサードリンク

この記事も一緒に読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ