旅行に持って行く化粧品を減らすコツやコンパクトに収納する裏技

cosme


化粧品ってかさばるし、旅行先でもお肌の調子は良い状態にキープしておきたい!と思うと、あれもこれもと美容系のアイテムが増えてしまいますよね。

ここでは旅行の時のメイク用品をコンパクトにまとめるためのコツを紹介します。

スポンサードリンク

旅行の化粧品を減らすコツ

旅行に行くときは大きなボトルは持って行かず、携帯用のボトルなどに必要な分だけ入れるようにすると良いですね。

またひとつで二つの役割があるようなコスメティックを使用するのも良いでしょう。

携帯用のケースに入れる

普段使っているお化粧品を携帯用のボトルに詰め替えます。

ボトルは蓋がしっかりと閉まるものを選ぶようにしてくださいね。
稀に気圧などで漏れてしまうことがありますので要注意です。

ダブル洗顔不要のメイク落とし+洗顔にする

メイク落としと洗顔剤を持って行くと以外とかさばるものですが、両方の機能がついたものなら、1回でお化粧を洗い流すことができ、忙しい旅行でも時間の節約ができます。
飛行機などでの移動の際にも、ダブル洗顔不要の方が便利ですよね。

BBクリームが便利

日焼け止めやメイク下地、コンシーラーなどの役割もあるので、1本で済んじゃいます。
ファンデーションとしても活躍しますし、仕上げに粉パウダーをはたくだけでメイク完了です。

試供品を利用する

日頃から試供品を集めている方は旅行で使うと良いですね。

試供品は1回~2回使用程度なので、使い勝手も良く便利ですね。

但し、敏感肌の方は旅行のストレスから肌のバランスを崩しやすいので、使い慣れている化粧品を持参してくださいね。

お試しセットを購入する

各化粧品メーカーなどから出してるお試しセットを購入して旅行で使うことができます。

通常、1週間分くらいなので、旅行にもちょうど良いサイズですね。

使い終わったらゴミとして現地で処分できるので帰りの荷物を減らすことができます。

ファンではリフィルでコンパクトに

ファンデーションと一緒に付いているケースは以外とかさばるものです。
リフィルだけのものにするとかさばらなくなりますよ。

またお粉もプラスチックの小さめの容器に入れ替えたり、化粧品メーカーでも小型のパウダーケースを用意してあることもあります。

お化粧品以外でもシャンプーとリンスが一緒になったものなど二つでひとつの役割があるものは便利なので購入しましょう。

旅行の化粧品をコンパクトに収納する裏技

旅行先でもお洒落を楽しみたいですが、荷物になってしまうのが悩みですね。

化粧品をコンパクトに収納できればこのような悩みから解決できますね。

ストロー化粧水

携帯用のボトルでもかさばってしまう時はストローを使った方法で化粧水を入れます。

用意するもの
1.ストローを適当な長さに切ります。
2.片方の入り口はキッチンペーパーで挟みます。
3.2.でできた部分をペンチやヘアアイロンを使って挟みます。
4.ストローに穴がふさがったらもう片方にも化粧水をいれます。

コットン化粧水

化粧水をコットンに染み込ませるだけというシンプルな方法です。

コットンは旅行で使う日数分を使い、化粧水をしみ込ませてジップロップで密封します。

化粧水以外にも乳液や美容液などにも使用することができます。

コンパクトで必要な本数しか持ち歩かないので荷物がかさばりませんね。
帰りの荷物が減るのも嬉しいです。

また、液体検査に厳しい国際線のセキュリティもコットンに染み込ませた化粧水ならスムーズに通過してしまいます。

旅行に持って行くファンデーションを小分けにする方法

フファンデーションは必要なアイテムなので持っていかなければなりません。

どのように小分けすれば良いのでしょうか?

  • コンタクトレンズのケースを使う

コンタクトケースは、お化粧品を入れることにも役立ちます。

ファンデーションのほか、乳液、クリームなども入れることができますよ。

  • 小分け用のケースを使う

試供品などのケースはとっておくと何かに使うことができます。使い終わっても捨てずに保管しておくと旅行などの時に使用できます。

  • サランラップにくるむ

サランラップ日1回分ごとに包んで持ち運ぶのも便利ですね。
使用する時はつまようじなどでつついて開けると手も汚れません。

1回使い切りタイプなのでかさばることもありませんね。

  • 醤油さしを使う

お寿司やお刺身などに付いている小さな容器の醤油さしも便利なアイテムです。

使い方は簡単で、容器を指でへこませたらファンデーションを吸い込むだけです。

使う時は必要な分だけ出せばよいので簡単ですね。

ファンデーションを小分けにする方法はいくつかありますが、自分の好みのものや使いやすいと思ったものを選ぶようにしてくださいね。

試供品ファンデーションをもらうこともありますが、自分の肌と色が合わなかったりするので使い慣れたものを持参するよにしましょう。

まとめ

旅行に行く時、洋服の次にかさばるのが化粧品ですね。

かさばる化粧品でも上手に収納すればコンパクトに納めることができます。

基礎化粧品は持参するのが良いですが、アイシャドウなど部分メイクは現地で揃えることもできますよ。

海外でお化粧を楽しみたい方は免税店などで購入するのも良いですね。

スポンサードリンク

この記事も一緒に読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ