ホワイトデーのお返しで人気なものや種類と意味!NGも知っておこう

gift2


彼女や気になる相手からバレンタインに貰った人は、ホワイトデーにどんなお返しをするか迷っていることでしょう。

いかに相手の女性が喜ぶ物を探せるかがポイントになって来るのではないでしょうか。

今回はホワイトデーに人気の品物などを紹介しますので是非、参考にしてください。

スポンサードリンク

ホワイトデーのお返しで人気なものは?

ホワイトデーにお返しを考えている男性の悩みと言えば、何を贈れば彼女が喜んでくれるのかということですよね。

特に本命の彼女に贈るなら真剣に選ぶ必要があります。

女性が好みそうな品物をいくつか挙げますので、ホワイトデーのお返しの参考にしてみて下さいね。

アクセサリー

ネックレスやブレスレット、イヤリングなどのアクセサリー類は女性が喜ぶ品物のひとつです。

小さな宝石がワンポイントでついたネックレスやイヤリング、ブレスレットなどを選ぶと良いでしょう。

アクセサリーの種類によっては名前を入れられるようなものがあるので、イニシャルを入れたりすると特別な贈り物になりますね。

お財布など小物類

お財布や定期ケース、名刺入れなど彼女に使ってもらえそうな品物を贈ると喜ばれます。

お財布や定期入れなら毎日使うものなのでもらった方もうれしいものです。

ブランド品など高価なものを贈りたい時は、あらかじめ彼女の好きな色やデザインなどこっそり聞いておくと良いですね。

バック

女性はバックを毎日持ちますので、もらって嬉しくないはずがありません。

会社に行くような大きなバックではなく、デートやパーティーなどで使えそうなものをプレゼントするのも良いでしょう。

デパートなどで女性用のバックを選ぶのが恥ずかしいという男性は、ネットショップなどを利用することもできますが、やはりバックは好みが大事。

日頃から彼女の好みを把握しているなら別ですが、そうでない場合は彼女と一緒に選ぶのも良いですよね。

入浴剤やバスセット

あまりお金をかけたくない場合は、お洒落な入浴剤などバスセットはどうでしょうか。
日頃の疲れが取り除かれリラックスしてもらえますね。

シャワージェルやボディケア製品がセットになったものや、入浴剤に凝ったものなどいろいろな種類があるので、彼女の好みを調べて選んでくださいね。

ローズ系やシトラス系など彼女の好きな香りのバスセットなども女性が好むものです。

食事に誘う

プレゼントではなく、お洒落なレストランなど食事に誘うのも良いですね。

食事のほかに花束やチョコレートなど何かプラスアルファすると更に感激されます。

花束を渡して、レストランで食事などもロマンティックで良いですね。

レストランなどで食事をする時は事前に予約をして、スマートに彼女をエスコートするようにしてくださいね。

ホワイトデーのお返しの種類と意味

ホワイトデーは日本特有のイベントで海外ではあまり聞かないようです。

日本の場合、バレンタインデーは男性、ホワイトデーは女性のためのイベントなっていますが、海外ではバレンタインデーは男女両方のイベントなんだとか。

そして、ホワイトデーの定番と言えば、キャンディ-やクッキー、マシュマロなどですが、実はそれぞれに意味があるんですよ。
最近は余りこれらの意味についてこだわらない人が多いですが、中には意味をチェックしている女性もいますので、念のため知っておくと良いでしょう。

・キャンディ-
キャンディーには相手に「好意」があるという意味があります。
キャンディーは甘くて、なめ終わるまでに時間がかかり、その分楽しむことができる意味からきているそうです。
但し、相手が既婚者の場合「遊び」相手の意味になってしまうので要注意ですね。

・クッキー
定番のお返しですが、クッキーには「友達」という意味が含まれています。
本命の彼女にクッキーを渡してしまうと「友達のまま」という意味になってしまいます。

・マシュマロ
気持ちを包みますという意味があります。
また相手に対して好意を持っていない「嫌い」という意味もあります。
可愛らしく女性にピッタリなマシュマロですが、意外な意味が含まれているのですね。

このように定番になっているお返しのお菓子にも、それぞれの意味が含まれています。
自分はそんなつもりがなくても、相手によっては誤解して受け止める可能性もあるので、注意しておいた方が良いと思いますよ。

ホワイトデーのお返しでNGなもの

どのような物でもお返しをあげれば喜ばれますが、お返しにふさわしくない品物もあります。

・ハンカチ
ハンカチはホワイトデーに限らずプレゼントにあげるとがっかりさせてしまう品物です。
ハンカチには「別れ」の意味が深いのでお返しにはふさわしくありません。

・お化粧品などメイク用品
お返しにお化粧品を贈る男性は少ないと思いますが、お化粧品は個人が使い慣れた物があり違ったものあげると肌荒れを起してします。
贈ったもので相手にトラブルが起きてしまっては申し訳ないですよね。

また、香水は相手の好みの香りを知っていれば問題ありませんが、自分の好みだけで選んでしまうのは注意が必要です。
相手も喜びそうで、自分も好きな香りならOKですよ。

まとめ

お返しに悩む男性は多いですが、あまり神経質になるといつまでも決まりません。

どうしても決められな時は、相手に欲しいものを聞くのもひとつの方法ですよ。

また購入する場合は金額ではなく、気持ちが大切なので心のこもった品物をプレゼントするようにしてくださいね。

スポンサードリンク

この記事も一緒に読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ