送別会の挨拶で送られる側のポイントと例文や冒頭アイディア集

shinsyakaijin


転職や定年退職、結婚などを理由に会社を退職する時に開かれる送別会。

送別会では送られる側の挨拶が定番ですが、いざ送られる側になると何を話したら良いかと悩んでしまうかと思います。

今回は、シーン別で送別会の挨拶の例文などを紹介したいと思います。

スポンサードリンク

送別会の挨拶で送られる側のポイント

会社を辞める理由は人によって様々ですが、会社を去る時は送別会を開いてくれる会社がほとんどですよね。
そして送別会では、会の後半で送られる人の挨拶が定番です。

送別会で送られる側になる機会なんて一生のうちにそう何回もある訳ではないので、いざ挨拶を頼まれても何を話して良いか悩んでしまう人の方が多いかと思います。

でも、ポイントを抑えれば、送別会での送られる側の挨拶もスムーズに行きますよ。

送られる側は、以下のような内容をポイントに文章を考えてみてくださいね。

ポイント1:感謝の気持ちを伝える

一番初めに会社や上司、先輩などお世話になった方に対して感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。

入社した頃にお世話になった内容や、助けられた場面などを思い出しながら書いてくださいね。

感謝の気持ちを伝える時は、くだけ過ぎずきちんとした言葉で伝えるようにしてください。

ポイント2:会社で印象的だった思い出

会社生活の中で印象的だった思い出を話します。

会社でのイベントや初めてのプレゼンテーションなど、日頃の会社での出来事で思い出に残っていることなどを探してみて下さい。
送別会に参加する人達と共有できる思い出があるとベストです。

ポイント3:迷惑をかけたことに対しての謝罪

迷惑をかけたと言っても、会社に損害を受けるほどの大きな迷惑やミスではなく、軽く笑って済まさせるようなことを話します。

送別会の場面では、深刻な問題を起こしたくないですよね。

「あの時は、迷惑かけてすみませんでした」と言うことがあればこの機会に話すのも良いでしょう。

ポイント4:分かりやすく時間を守って話す

会社での思い出が沢山で、話したいことが多くある方もいるかもしれませんね。

送別会は時間が決まっていることが多いので、他の方の迷惑にならないためにも時間を守って話すようにしてくださいね。

また難しい言葉を使うのも聞いている方が飽き飽きしてしまう原因になります。

送られる側は以上に挙げたことをポイントに伝えたいことを文章にしてくださいね。

送別会の挨拶の流れと文例

文章を作る時に起承転結のある内容だとメリハリが出てまとまった文章になり、聞いている側も退屈せずにすみます。

1.送別会を開いてくれたことに対するお礼の言葉

「本日は、私のためにこのような素晴らしい送別会を開いて頂きありがとうございます。」

「部長をはじめ、先輩方には大変お世話になりました。これまで仕事を続けてこれたのは皆さまの支えがあってのことです」

など感謝の気持ちを伝えるような文章にします。

またこの時に、いつ会社を辞めるのか話すと周囲の方も分かりやすく、残り少ない会社生活を有意義に過ごすことができます。

2.会社での思い出話

「○○会(会社のイベントごとなど)では○○のようなことが事があり楽しい思い出を作ることができました。」

会社で思い出に残ったことや仕事や会社のイベントで印象に残ったことなどを話すのも良いですね。

できれば明るい話題を選ぶようにします。

3.会社を退職した後について

「会社を退職したするのは心残りですが夫を支えるため家事に専念します。」

「会社を辞めた後は、キャリアアップのため違う道に進みます。」

このように会社を辞めた後の進路について簡単に説明します。

4.感謝の気持ちを伝える

「最後に素晴らしい送別会を開いて頂き大変嬉しく思います。今までお世話になり本当にありがとうございました。」

もう一度感謝の気持ちを表現しましょう。

シーン別送別会の挨拶で送られる側の例文

会社を辞めると言っても理由は人それぞれで、送別会に話す内容も異なってきます。

ここでは、送別会のシーン別に送られる側の話す例文について紹介しますので参考にしてくださいね。

別の部署へ異動する場合
本日は、このような素晴らしい送別会を開いて頂き大変ありがとうございます。先程の挨拶でも部長などから激励の言葉を頂き感謝の気持ちでいっぱいです。

この度、〇月〇日つけで〇〇課に異動となります。〇課にいる間は素晴らしい上司や仲間に恵まれ楽しい会社生活を送ることができました。

この課で得た知識や技術、上司からのアドバイスを活かし次の課でも活躍できるように頑張りたいと思います。

皆さんには本当にお世話になり、本当にありがとうございました。

これからの皆さんご健勝とご活躍を願ってお礼の挨拶とさせて頂きます。本当にありがとうございました。

寿退社の場合
本日は、退職する私のためにこの様な素晴らしい会を開いて頂きありがとうございます。

この度、結婚が決まり〇月〇日つけで会社を辞めることとなりました。

会社を離れるのは正直、心残りですが、これからは夫をささえるため家事に専念したいと思います。

仲間や職場環境に恵まれ有意義な社会生活を送ることができました。

今まで支えて下さった部長をはじめ、先輩の皆さま方に大変会社しております。

皆さまのご健勝とご活躍をこれからもお祈りしております。ありがとうございました。

定年退職する場合
本日は、私のためにこのような盛大な送別会を開いて頂き大変ありがとうございます。また皆さまから心温まるお言葉を頂き感謝の気持ちでいっぱいです。

私、〇〇は〇月〇日つけで会社を定年退職することになりました。

長い会社勤めのなかで辛いこともありましたが、ここまで続けてこられたのは、皆さんの支えがあってのことです。

皆で協力し合いながら仕事を進める大切さを教えられました。

会社での経験は、私にとってかけがえのない大切な財産となりました。

最後になりましたが、皆様のご健勝とご活躍、そして〇〇会社のご発展をお祈り申し上げお礼の言葉とさせていただきます。

まとめ

送別会では何を話したら良いのか悩んでしまうものです。

話す内容が見つからない場合は、ここで紹介したことを参考に話して下さいね。

言葉を上手に話すよりも今までお世話になった方に対して感謝の気持ちを込めて伝えることが大切です。

この記事も一緒に読まれてます

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ