女性の加齢臭は突然やって来る?急激な加齢臭の原因は?

kusai2


加齢臭は加齢とともに発生するものと思っていませんか?
いえいえ、そんなことはありません。

30歳代や40歳代の女性にも、加齢臭がやってくることがあるんです。

今回は、急激にやってくる女性の加齢臭の原因についてお伝えします。

スポンサードリンク

女性の加齢臭は突然やって来る?

本来、加齢臭は突然やって来るものではありません。
年齢が進むにつれて、徐々にやって来るものです。

加齢臭の臭いの成分は、2-ノネナールという物質です。
これは、古本、あるいは古いロウソクのような臭いと表現されます。

また、中年期頃に気になる体臭として、ミドル脂臭があります。
これは、古い脂のような酸っぱいような、ツンとした臭いです。
このミドル脂臭の臭いの原因は、ジアセチルという物質です。

汗の中に含まれる乳酸を皮膚の雑菌が分解するときに、ジアセチルが発生するそうです。
このジアセチルは、皮脂と混じってミドル脂臭というイヤな臭いになるということです。

このように、加齢臭は加齢により徐々に発生するものですが、まだ若いのに突然急激に加齢臭が発生することもあります
それはどのような原因が考えられるか、続いて見て行きましょう。

急激に加齢臭が発生する原因は?

急激に加齢臭が発生すると考えられる原因は、以下の2つが考えられます。

・自分の体の状態が急激に変わった場合
・臭いに敏感になり、今まで気づかなかった加齢臭に気づく場合

急激な加齢臭の原因(1)体の状態の変化

加齢臭が発生する原因は、皮膚から分泌される皮脂にあります。
年齢が進むと、体の中は酸化されていきます。
体内の脂肪も酸化され、それが皮脂として分泌されます。
酸化した皮脂を皮膚の雑菌が分解することにより、加齢臭となります。

ミドル脂臭も皮膚の雑菌が分解して発生したジアセチルが、皮脂と混ざることで臭います。
どちらも、体の中の脂肪の酸化が問題となるワケです。

体の状態が変化する原因には以下の状態が挙げられます。

  • 肉が多く野菜や果物が少ない食生活
肉を多く食べると、体温では溶けにくい脂肪が蓄積します。
野菜や果物が少ないと、体内の酸化を防ぐ抗酸化物質が不足します。
そのため、体内の脂肪の酸化が進みます。

  • 水分不足
水分が不足すると、血液がドロドロになります。
血行が悪くなると、代謝が低下して体内の老廃物を排出しにくくなります。
その結果、細胞にストレスがかかり体内の酸化が加速します。

  • ストレスや睡眠不足
ストレスや睡眠不足の状態は、女性ホルモンや自律神経の乱れにつながります。
女性ホルモンが乱れたり、自律神経が乱れたりすることも、体を酸化させます。

  • 運動不足
運動不足になると、血行・新陳代謝が悪くなります。
血行・新陳代謝が悪いと、ミドル脂臭の原因となる乳酸が増えたり、体内を酸化させたりします。

原因(2)臭いに敏感になる

自分の体臭は、自分では気づきにくいものです。
しかし、急激に自分の体臭が気になりだした場合、臭いに敏感になっている可能性があります。

臭いに敏感になる原因には以下の状態が挙げられます。

  • ストレス
休養不足・不眠などで心身にストレスがかかっていると、臭いに敏感になるといわれます。
今まで心地よいと感じていたニオイでも、不快と感じることがあるのです。

  • 女性ホルモンの乱れ
月経の前や更年期など、女性ホルモンのバランスが崩れていると、臭いに敏感になります。
妊娠初期に、つわりが起こることと似ています。
過度のストレスでも、女性ホルモンのバランスが乱れることがあります。
そのため、更年期になっていない30歳代~40歳代の女性でも注意が必要です。

急激に加齢臭やミドル脂臭によって、自分がニオウという場合は、これらの原因について考えてみてください。

まとめ

女性の加齢臭は、本来突然やって来るものではありません。
健康な状態から年齢を重ねて発生してくる加齢臭は、どこか懐かしさや安心感があるとさえいわれます。

一方、不健康な状態から加齢臭が発生すると、イヤな臭いとして感じられるのでしょう。
過度のストレスは、加齢臭の発生も、臭いに敏感になることにも関係します。
出来るだけストレスをためないように、食生活や運動不足にも注意して、加齢臭の発生を防ぎましょう。

スポンサードリンク

この記事も一緒に読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ