女性の加齢臭とストレスの関係は?働く女性のストレス臭対策

stress


少子高齢化により労働人口が減少しています。
そのため、社会での女性の活躍が期待されていますね。
厚生労働省によると、平成28年の労働人口の43.4%は女性だそうです。

そして、仕事には様々なストレスが付き物ですよね。
ストレスを抱えながら働いている女性も多いのではないでしょうか。

実に、働く女性の約7割はストレスを感じているという結果に。
加齢臭の発生には、ストレスも関係しています。
今回は、女性の加齢臭とストレスの関係、働く女性のストレス臭対策をお伝えします。

スポンサードリンク

女性の加齢臭とストレスの関係は?

働く女性が感じているストレスには、以下の様なものがあります。

・同僚・部下との人間関係
・上司との人間関係
・給与低い

人と人とが関わる以上、ストレスは避けられないといったところでしょうか。

日常的に「ストレス」という言葉を使う時には、「嫌なこと」といった意味合いで使われることが多いでしょう。
しかし、ストレスとは「何かの刺激を受けている状態」であって、決して嫌なことだけではありません。
精神的なストレスとしては、嬉しいことも悲しいこともストレスになります。
身体的なストレスは、無理な姿勢や暑さ寒さ、過度な運動もストレスとなります。
ストレスが無い状態とは、「暖かい場所でうたた寝でもしている状態」でしょうか。

ストレス=刺激を受けていると、精神的にも身体的にも緊張状態となります。
緊張状態は、脳の中心部にある「視床下部」という場所に伝わります。
脳の視床下部は、免疫を高めるホルモン(副腎皮質ホルモン)の分泌を促して、ストレスに対抗しようとします。
その時に「活性酸素」も作られます。

女性の加齢臭の原因でもお伝えしましたが、加齢臭の原因は、酸化した脂肪が皮脂として分泌されることと、分泌された皮脂に雑菌が繁殖することです。
体の中で活性酸素が大量に作られると、体の脂肪の酸化も強くなります。
そのため、加齢臭が発生しやすくなってしまいます。

脳の視床下部には、性腺を刺激するホルモンの分泌を調節する働きもあります。
女性ホルモンの分泌が乱れたり減少したりすると、男性ホルモンが優位となります。
男性ホルモンは皮脂の分泌を活発にするので、加齢臭がより強くなるというワケです。

働く女性のストレス臭対策

働く女性にはストレスを感じている人が多く、ストレスは加齢臭を発生しやすくするとお伝えしました。
では、ストレスからくる加齢臭などには、どのような対策をとればよいのでしょうか。

女性のストレス解消には以下のように食べたり飲んだりする方法が人気です。

・甘いものを食べる
・美味しいものを食べる
・お酒を飲む

しかし、このストレス解消方法には注意が必要です。

ストレスが続いている時に食べたりお酒を飲んだりすると、ついつい量が多くなってしまう危険性があるのです。
これは、ストレスに対抗するために分泌された副腎皮質ホルモンの作用によります。
副腎皮質ホルモンには、食欲を増進させる作用があるからです。
また、偏った食事や飲酒は、活性酸素を増やしてしまう要因にもなります。

加齢臭を抑えるストレス解消の方法は、たくさん食べることや飲酒以外で解消しましょう。
具体的には、次のような方法をおすすめします。

  • ゆっくり入浴(湯船に浸かる)
  • 歩くなどの軽い運動
  • 充分な睡眠・質の良い睡眠
  • バランスの良い食事
  • 小さなやりたい事リストを作る
 
「小さなやりたい事リスト」とは、○○の本を読む・○○の音楽を聴くなどで良いそうです。
入浴剤を日替わりで変えてみるとか、紅茶やコーヒーを飲み比べてみるという事をリストに加えてもよいとか。
心と体をリラックスさせて、気分転換をするということがポイントですね。

まとめ

女性の活躍が期待されていますが、働く女性にはストレスを感じている人も多いのが現状です。

ストレスは、加齢臭を発生させやすくする可能性があります。
働く女性の加齢臭・ストレス臭対策には、緊張を和らげ体のバランスを整えることが効果的です。

食べすぎやお酒の飲みすぎは、かえって加齢臭・ストレス臭を強くしてしまう危険性があります。
ストレスを「解消しよう」とやっきになることも、反対にストレスを強めてしまうかもしれません。

生きていればストレスがあって当たり前。
ストレスは受け流しながら、自分をリセットするというくらいの考え方がよいのかもしれませんね。

スポンサードリンク

この記事も一緒に読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ