女性の加齢臭の原因とホルモンバランスの関係は?若くても加齢臭が!?

kusai


暑い季節になると、汗の臭いなど体臭が気になりますよね。
その臭いは、汗だけの問題でしょうか?
もしかしたら、加齢臭かも・・・。

加齢臭は、オジサンだけの問題と思っていませんか?
実は女性にも加齢臭があります
今回は、女性の加齢臭の原因についてお伝えします。

スポンサードリンク

女性にも加齢臭ってある?

女性にとって年を重ねるということは、体の変化を伴うものです。
当然、いろいろな不安も伴うでしょう。
そこに加齢臭まで加わるとしたら、さらに気分が沈みますね。

加齢臭の原因は、皮脂が酸化するためといわれています。
また、酸化した皮脂に雑菌が繁殖することで、さらに臭いが強くなります。

加齢臭は、オジサンだけのものではありません。
食生活の変化やストレス、女性ホルモンの影響などにより、女性でも加齢臭を発生させてしまう可能性があるのです。

女性の加齢臭はいつから?

女性に加齢臭が発生しやすくなるのは、閉経後の50歳代以後といわれます。
それは、加齢とともに女性ホルモンが減少してくるためです。

私たちは、呼吸をして酸素を取り入れています。
取り込まれた酸素は、体内で細胞に作用したり、物質の変換にかかわり、栄養に変えたりします。
しかし、一部の酸素は活性酸素になります。
活性酸素は、体を酸化させます。
身体が酸化するとは、体が錆びるということです。
そして身体が酸化すると、脂肪分が変化して加齢臭を発生させます。

女性ホルモンには、体内の酸化を防ぐ役割があります。
そのため、女性ホルモンが減ってくると、加齢臭を発生させやすいと考えられます。

女性の加齢臭の原因は?

先程も説明した通り、女性の加齢臭の原因の一つに、女性ホルモンの減少があります。

と言うことは、ホルモンバランスを整えることで、加齢臭は抑えられるということですよね。
女性の加齢臭とホルモンバランスについてもう少し詳しく見て行きたいと思います。

女性の加齢臭とホルモンバランスの関係

男性でも女性でも、男性ホルモンと女性ホルモンの両方が分泌されています。
両方のホルモンバランスがちょうどよく保たれていると、男性・女性とも健康に過ごせます。

加齢臭というと、中年男性の問題と思われるかもしれません。
男性ホルモンには、皮脂の分泌を増やす働きがあります。
そのため、加齢臭は皮脂の分泌が多い男性のほうが、目立ちやすいことは確かです
しかし女性であっても、ホルモンバランスが崩れると、相対的に男性ホルモンの割合が多くなります
そうなると、女性であっても、加齢臭が目立ちやすくなると考えられます。

ホルモンバランスが乱れる原因

ホルモンバランスが乱れると、加齢臭が目立ちやすくなる可能性があるとお伝えしました。
では、ホルモンバランスが乱れる原因は、どんなものがあるのでしょう。

  • 加齢
年齢が進むとともに、女性ホルモンは減少していきます。
男性の皮脂分泌は、35歳〜45歳をピークに減少していきます。
それに比べて、女性の場合は閉経前ころから次第に皮脂の分泌が増えていきます。

  • ストレス
社会の複雑化や、働く環境の変化などで、日常的にストレスを受けている人が増加しています。
休日が少ない、休日もうまく休めないなど、ストレスを解消できないまま生活している人も多いでしょう。
最近は働く女性が増え、家庭と仕事を両立によりストレスを抱えている人も多いはずです。
そのため、30代、40代であっても加齢臭に悩む女性が多いようです。
夜更かしや睡眠不足、強度の緊張状態が続くことでも、ストレスがかかりホルモンバランスは乱れます。

  • 食生活の乱れ
食生活の変化も、女性の加齢臭の原因となります。
野菜を食べることが少なく、肉類を多く摂る食生活は、加齢臭を発生させやすくなります。

インスタント食品やファストフードばかりの食事では、ビタミンやたんぱく質が不足して、ホルモンバランスが乱れる原因となります。

  • 食べない系ダイエット
極端に食事量を減らすダイエット、○○だけ食べるダイエットなどでは、ホルモンバランスが乱れます。

  • 汗をかかない
近年の気温の変化により、汗をかく時期が長くなることも、加齢臭を強くする原因となります。
冷房が強すぎる室内と、暑い戸外を行き来することも、自律神経の乱れを引き起こし体にストレスを与えます。

ホルモンバランスを整えて加齢臭をなくすには

年齢が進むことで、女性ホルモンが減少することは、残念ながら止められません。

しかし、ホルモンバランスを整えることで、加齢臭を少しでも減らすことは可能です。
また、ストレスやダイエットによるホルモンバランスの乱れは、若い女性でも起こります。
若くても加齢臭が発生する可能性があるワケです。

ホルモンバランスを整えて、加齢臭を発生しにくくする方法をご紹介します。

  • 食生活の改善
野菜をたくさん食べる、肉類・魚類を適度に食べるなどをして、しっかり栄養を摂りましょう。

  • 汗をかく
ゆっくり湯船につかる、体を動かし汗をかくなどで、代謝を良くしてホルモンバランスを整えましょう。

  • ストレスを解消する
好みのお茶やコーヒーを飲む、好みの香りを嗅ぐなどでもストレスが軽減されます。
スキンシップをとることも、女性ホルモンの分泌を促します。
お風呂で自分の肌をゆっくりさする、ペットをなでるなどでも、スキンシップとなりストレスの軽減が望めます。

まとめ

加齢臭は、オジサンだけの問題ではありません。

女性は年齢を重ねると、ホルモンバランスが乱れがちになります。
それが、加齢臭を目立ちやすくする可能性もあります。

また、年齢にかかわらず、ストレスやダイエットなどでもホルモンバランスは乱れます。
心身ともにストレスが多い現代社会では、若くても女性ホルモンが乱れがちになります。
そのため、若くても加齢臭が発生することもあるんです。

加齢臭は、女性ホルモンのバランスが整っていることで、発生が抑えられる可能性があります。
日頃からストレスのコントロールや食生活に気をつけ、加齢臭の発生を抑えたいものです。

スポンサードリンク

この記事も一緒に読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ