RSウィルスで保育園や幼稚園は何日休む?登園許可証は必要?

virus2


保育園や幼稚園などの集団生活ではウィルスによる感染症が付き物ですよね。
いくら気を付けていても、一緒に遊んでいるお友達などから感染してしまうこともあるかと思います。

感染症によっては、登園禁止になったりもするので、仕事をしている親御さんにとってはヒヤヒヤですよね。

様々な感染症がありますが、そんな中でも今回は毎年流行するRSウィルスに感染してしまった場合、保育園や幼稚園への対応はどうするべきか、説明したいと思います。

RSウィルスにかかった場合、保育園や幼稚園は何日間休むのか悩んだときは参考にしてください。

スポンサードリンク

RSウィルスに感染したら保育園や幼稚園は何日休む?

RSウィルスは、2歳までの子供がかかりやすい感染症で、ほとんどの子供がかかると言われていますね。
特に保育園や幼稚園など他の子供と一緒に集団生活を行うようになると、園内での流行によって我が子も感染する可能性があります。

RSウィルスに初めてかかった場合は、咳や鼻水、鼻づまり、発熱など症状が強く出ますが、繰り返すごとに免疫力がついて症状が軽くなります。

一度かかっても何度もかかる病気ですが、咳、くしゃみなど感冒症状とほとんど変わらないため、RSウィルスを発症していても単なる風邪と判断して登園してくる子供がいる可能性もあります。

必要でなければ検査を行うことはありませんが、RSウィルスに感染してしまった場合、どれくらいの期間保育園や幼稚園を休むべきか悩みますよね。

インフルエンザのように基準があれば分かりやすいのですが、RSウィルスの場合、厳しい決まりがありません

RSウィルスは、咳や鼻水、鼻づまりなど呼吸器系に症状が出る病気です。

症状が出ている時期に登園させてしまうと他の子供にうつしてしまう恐れがあります。

何日間休むかは回復による個人差がありますが、全身状態が良くなって、咳や鼻水など出なくなった頃に登園させると良いですね。

また、ウィルスは7日間~20日間くらい体内に残っている可能性があるので、呼吸器系に症状が強い間は登園させないようにします。

咳や鼻水などの症状が軽い場合でもウィルスが出ている状態なので、可能であれば咳などの症状が治まってから登園させるのが望ましいと言えます。

RSウィルスに感染後登園許可証は必要?

RSウィルスは実は感染力が強い病気です。

他の感染症と比較すると症状は軽いですが、赤ちゃんや抵抗力の弱い人が感染すると重症になることがあります。

インフルエンザのように医師が記入した登園許可証が必要な感染症もありますが、RSウィルスは、学校保健法で指定された感染症ではないため、登園許可証は必要としないことが多いです。

医師の診断を受け、保護者が記入した登園証明書を保育園や幼稚園に提出する場合もありますが、通っている保育園や幼稚園のルールに従う必要がありますので、もしRSウィルスと診断された場合は園に確認してみると良いでしょう。

また感染していると分かった時点で、保育園に連絡をすると親切ですね。

保育園などでは、小さな子供や喘息などアレルギーを持った子供も一緒に生活しています。

RSウィルスは、呼吸器系に症状が現れるため、抵抗力の弱い子供や喘息など呼吸器系に慢性的な病気のある子供が感染すると呼吸困難や肺炎など重症化することがあります。

一言連絡をいれることで、保育園側も保護者に注意を呼びかけるなど集団感染を防ぐことができます。

RSウィルスに感染したら兄弟も登園しない方がいい?

RSウィルスは感染してから症状が出るまでの潜伏期間は約2日〜8日間程度と言われています。

感染力が強く、症状が治まったとしてもウィルスが体内に存在するため他の人に感染させてしまうことがあります。

特に家族の一人が感染すると他の家族にもうつしてしまう可能性があるので、特に赤ちゃんやお年寄りなど免疫力が弱い家族がいる家庭では注意したいですね。

兄弟姉妹の誰かがRSウィルスに感染した場合、他の兄弟も保育園や幼稚園は休ませるべきでしょうか。

理想を言えば、他の兄弟も感染している可能性もあるので、休ませるべきでしょうが、まだ症状も出てないのに休ませるのはどうかと思ってしまいますよね。

単なる風邪で済まされるケースも多いので、症状が出ていない場合は、保育園や幼稚園は休ませなくても良いのではないでしょうか。
予防も兼ねて、マスクを着用して登園させるとベストだと思います。

ただし、既に熱が出ていたり、咳や鼻水、鼻づまりなど呼吸器系の症状が出ている場合は、登園はせず自宅で安静にするようにしてくださいね。

まとめ

RSウィルスにかかった場合、保育園や幼稚園を何日休ませるべきかについてまとめました。

症状が軽くても、初めてかかる子供や赤ちゃん、免疫力の低下した子供がかかると重症になることがあるので注意したい病気です。

感染症に関しては、通っている保育園や幼稚園などで決まりがある場合があるので、まずは保育士などスタッフに確認するのが確実ですよ。

また、保育園で配られた資料などを参考にするのも良いでしょう。

スポンサードリンク

この記事も一緒に読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ