RSウィルスの症状大人の場合は?検査方法や治療法は?出勤停止になる?

seki3


保育園や幼稚園など集団生活の中では様々な感染症が流行しますが、子供が感染した場合親にもうつる可能性がありますよね。
子供が保育園などで集団生活をするようになると、子供を通して親も風邪や感染症にかかる機会も増えてきます。

そんな感染症のうちの一つ、RSウィルスも最近流行しているという話をよく聞きます。
RSウィルスは赤ちゃんや免疫力の低下した乳児がかかると重症化しやすい感染症ですが、大人がかかるとどうなるのでしょうか。

RSウィルスは、子供がかかりやすい病気ですが、今回は大人がRSウィルスにかかった場合の症状について紹介します。

スポンサードリンク

RSウィルスの症状大人の場合

RSウィルスは、2歳までの子供が多くかかる呼吸器系の感染症です。

感染するのは1度だけではなく、何度もかかりながら免疫力がついていくのが特徴です。

RSウィルスは呼吸器系の感染症なので、症状は主に喉や気管支などの呼吸系に症状が出ます。

大人のRSウィルスの症状

・発熱

・咳

・鼻水

・咽頭通

・痰

風邪症状とほとんど変わらないため、大人の場合はRSウィルスにかかったと気づかないことがあります。

症状の中で多いのは鼻水ですが、かかったとしても約1週間程度で症状が改善するので検査をしない限りRSウィルスに感染しているのか分からないことが殆どです。

ご家族にRSウィルスの人がいる場合は、もしかしたら?と気付けるとは思いますが、大人の場合は子供と異なり風邪症状で終わってしまいますので、「風邪をひいただけ」で済んでしまうかと思います。

但し、呼吸系に病気のある方や高齢者、妊婦さんなど免疫力が低下した方が感染すると肺炎を起こしたり、症状が悪化しやすいので注意が必要です。

症状が改善しても約1週間から3週間程度はウィルスを排出していることがあるので、周囲に感染させないことが大切です。

RSウィルスの検査方法

インフルエンザが疑われる場合、必ずと言っていいほど検査を行ないますよね。

でも、RSウィルスの場合は風邪症状と似ているため、必要がなければ検査をしないことがあります。

赤ちゃんでは、月齢や体の状態によって重症化することがあるので、RSウィルスを疑って検査をすることもあります。

検査方法として3種類あるので紹介します。

・迅速検査

一般的に行われているのは、検査キットを用いて検査をする迅速検査です。

インフルエンザ検査のように、鼻の中に細い綿棒を入れて鼻粘膜の拭い液を採取して専用のキットで検査をするだけで結果が分かります。

検査結果は約15分から30分くらいで、ウィルスに感染しているか判定がでます。

・採血をして行う血液検査

検査キットでRSウィルスに感染していると判定が出たら、体内がどのような状態か血液検査で状態を調べます。

血液検査では、主に白血球数とCRPの値を調べます。

白血球数は、感染症の検査に用いられる検査項目で、ウィルスや細菌などに感染していると数値が高く出ます。

CRPは炎症反応を調べる項目で、体内で炎症が起きていたり、細胞が障害を受けていると上昇する検査値です。

・胸のレントゲン検査

大人がRSウィルスに感染した時は、通常、風邪症状ですんでしまうことがあります。

但し、高齢者や免疫力が低下した方、呼吸系に病気がある方が感染すると肺炎を起こすなど危険な状態になる可能性も考えられます。

重症になると肺炎を起こす確率が高くなるので、胸部レントゲンで肺に白い影などが見られないか、早期に発見することが可能です。

健康な大人が発症した場合、風邪症状で治ってしまうことがほとんどですが、免疫力が低下するような病気にかかっている方や高齢者など状態に合わせて血液検査などを行うことがあります。

大人のRSウィルスの治療法

ウィルスに感染した場合、ウィルスに効果的な薬剤がある場合がありますが、RSウィルスに効果的な薬はないため対症療法がメインになります。

対症療法は症状に対する治療法のことを指します。

RSウィルスの主な症状は主に発熱、咳、鼻水なので、それらの症状に合わせて効果的な薬が処方されます。

対症療法には以下のようなものが挙げられます。

・内服治療

症状に合わせた薬を内服するようにします。

発熱している場合は、解熱鎮痛剤を内服し、咳や痰が出ている場合は鎮咳去痰薬、鼻水や鼻づまりなどには抗アレルギー剤などそのときの症状に合わせて薬が処方されます。

・水分補給

発熱している場合は、体から水分が失われ脱水症状を引き起こしやすくなります。

こまめに水分を補給して脱水を起さないようにします。

・栄養バランスの良い食事

食事がとれるときは、野菜や果物などできるだけビタミン類など積極的に摂るようにします。

食欲がない時や下痢、吐き気などの症状がある場合は、無理に食べずお粥やにゅう麺、おもゆなど消化の良い食事を食べるようにします。

特に吐き気がある場合は、症状が治まってから食事を摂るようにします。
無理に食べると吐き気が強くなったり吐いてしまうことがあるためです。

・十分な睡眠

風邪や病気の時は、免疫力が低下した状態です。

たっぷりの睡眠で体を休ませてあげると回復が早まります。

RSウィルスに感染したら出勤停止?

RSウィルスは検査をしない限り、ウィルスに感染したと気づかず、周囲の人にうつしてしまう可能性があります。

子供がRSウィルスにかかり、自分も風邪のような症状が見られる場合は、感染している可能性が高くなります。

RSウィルスにかかったとき会社に出勤できるのか気になりますが、出勤停止になることはありません

風邪のような症状で済んでしまうことが殆どですので、気づかずに出社している方もなかにはいるかもしれませんね。

もし、自分がRSウィルスに感染している可能性がある場合、会社に一言連絡すると親切です。

そして、マスクを着用して出勤し、手洗いやうがいをこまめに行い他の方に感染させないように配慮することが大切です。

会社で働いている方のなかには、妊婦さんや免疫力の弱い方、喘息など呼吸器系に病気のある方がいるかもしれませんよね。

また、家に赤ちゃんがいる家庭では大人から子供にうつしてしまうことも考えられます。

赤ちゃんや抵抗力が弱い方がRSウィルスにかかってしまうと、肺炎を発症したり、重症になる恐れがあるので注意してください。

症状がひどくなくても熱があったり、咳がひどい場合は、無理せず会社を休むことも大切ですよ。

インフルエンザのように何日まで休むという基準がないので悩んでしまうことがありますが、ウィルスに感染していると分かれば、薬をもらう際に会社に出勤すべきか医師や薬剤師などに相談するのも良いですね。

RSウィルス大人から大人への感染経路

ウィルスの感染経路にはいくつかありますが、それぞれの感染経路について説明します。

・飛沫感染

飛沫感染は咳やくしゃみによってうつります。

RSウィルスに感染している人のくしゃみや咳などと一緒に飛び出したたウィルスを吸い込むことで感染してしまいます。

マスクを着用することで予防できるので、症状がある時は、周囲にうつさないようにマスクや手洗いを心がけるようにしてください。

・接触感染

接触感染は、ウィルスの付着したドアノブや手すりなどを触って感染してしまうことです。

ウィルスの付いた手すりを触り、その手で食べ物を口に運んだ時にウィルスが体の中に侵入してします。

幼稚園や保育園などはおもちゃを共有するので、接触感染してしまうことが多いですね。

食事の前は石鹸で手洗いを行うことで感染から体を守ることができます。

大人では、ドアノブや電話、手すりなど会社で共有するものを通して感染する可能性があります。

症状が良くなっても約2週間程度は体の中にウィルスが残っていることがあるので注意しましょう。

RSウィルス大人は重症化しない?

大人がRSウィルスに感染した場合は、風邪症状で終わってしまうため重症化することはほとんどありませんが注意が必要な方もいます。

RSウィルスは鼻や喉、肺などに症状が出る感染症です。

そのため、高齢者や喘息のある方、肺気腫など呼吸器疾患、免疫力が低下した方が感染すると重症化することがあります

重症になると、発熱や咳、鼻づまりなどでは済まず、痰が出たり、ゼイゼイしたり、呼吸困難など起こすことがあります。

肺の機能が低下すると上手く呼吸ができなくなるため人呼吸器を装着することもあります。

更に肺炎などを引き起こし入院したり、死に至ることもあるので呼吸器などに持病のある方にとっては深刻な感染症なのです。

実際に介護施設などでは、RSウィルスに感染した大人が高齢者に感染させてしまい、肺炎を起こすなどニュースを聞いたことがあるかもしれませんね。

健康な方の場合、免疫力で重症にならずにすみますが、免疫力が低下した方は症状が重くなりやすいので周囲に高齢者や赤ちゃんがいる方は注意したいですね。

特に妊娠している方は、薬が限られてしまったり、飲めないこともあります。

タバコを多く吸うヘビースモーカーなどは、肺の機能が低下している可能性があるので、RSウィルスに感染した場合、重症になる恐れがあります。

風邪症状だけと思っていると大人でも個人によっては重症になることがあるので注意してください。

まとめ

大人のRSウィルスの症状について紹介しました。

RSウィルスは、何回も繰り返すたびに免疫力がついて症状が軽くすみます。
特に大人の場合は免疫力もあるため重症化することはあまりありません。

ただし、高齢者や呼吸系の病気、免疫力が低下した方などは要注意です。

子供が保育園や幼稚園などに通うようになるといろいろな病気にかかり、家族にもうつってしまうことがあります。
RSウィルスと診断された家族がいる場合、自分にも風邪の症状が出たらRSウィルスを疑った方が良さそうです。

免疫力を養うことで症状が軽くすむこともあるので、規則正しい生活や栄養バランスの良い食事を心がけ、病気知らずの体を作りたいですね。

スポンサードリンク

この記事も一緒に読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ