溶連菌の潜伏期間は?感染経路は?検査はいつからできる?

baikin


保育園で溶連菌が流行してて、仲良しのお友達も感染してしまいました。
うちの子も時間の問題かしら?と覚悟はしてますが、溶連菌の潜伏期間はどのくらいでしょうか。
それに、感染経路は?
検査はいつからできる?
保育園や幼稚園など集団生活の中で、感染症の流行はどうしても避けられませんよね。
溶連菌も、保育園や幼稚園で流行する感染症のうちの一つです。
それでは、溶連菌の潜伏期間はどのくらいか、そして感染経路や検査はいつからできるのかお話したいと思います。

4歳から15歳くらいの子供に多く発症する溶連菌ですが、保育園や幼稚園など集団で生活する場所で感染する可能性があります。

季節でいうと冬から春にかけて流行しやすいですが、夏場でも感染することがあります。

「喉が痛い」とお子さんが言ったら溶連菌に感染している可能性がありますので、保育園や幼稚園で流行している場合はお子さんの様子を注意して見てあげて下さい。

溶連菌の潜伏期間は?

溶連菌はA群溶血性連鎖球菌という細菌によって感染します。

潜伏期間は1日から4日で発症すると言われています。

感染率も高く、兄弟間では約50%の確率で感染しますので、兄弟のいるご家庭は注意が必要です。

また、インフルエンザなどと同じく一度罹っても何度も感染する可能性がありますので、毎年油断できません。

溶連菌の感染経路は?

主な感染経路は飛沫感染や経口感染になります。

飛沫感染
 感染者の咳やくしゃみを浴びて感染すること。

経口感染
 溶連菌に触れた手で食物を食べ口に入れて感染すること

溶連菌は喉に付着します。
症状は38度以上の高熱や咽頭痛、倦怠感などの症状があります。
鼻水や咳などがほとんど見られないので、風邪との区別がつきやすいです。

また舌は感染の始めは白い苔状になりその後、赤いぶつぶつとしたいちご舌になるのが特徴です。

溶連菌の検査はいつからできる?

溶連菌の検査方法は、検査キットを使用する迅速検査や、血液検査、培養検査などいくつかありますが、迅速検査が一番手軽で10分〜20分ほどで結果が出るため、多くの病院で取り入れられています。

インフルエンザの検査と似ていて、咽頭を綿棒でこすり菌を採取する方法です。

溶連菌に感染したかもしれないと思い潜伏期間に迅速検査をしても、溶連菌に感染しているかどうか鑑別するには困難なことがあります。

スポンサードリンク

また、検査は喉の粘膜の拭い液をコットンの綿棒のような物で採取しますが、菌の採取量が不十分な場合は陰性に出ることがあります。

そのため、菌が増殖中の潜伏期間中などあまり早くに検査をしても、十分な検査材料が得られず陰性になることもあります。

確実な診断を得るためには、喉の痛みや発熱など症状が出てから検査をした方が良いと思います。

まとめ

溶連菌は感染が強いため、保育園や幼稚園などの集団生活はもちろん、家族間でも容易にうつる感染症です。
特に、兄弟のいるご家庭は注意して下さい。

感染を防ぐためにも基本的な手洗い、うがいを習慣付けることが大切です。

この記事も一緒に読まれてます

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ