卵アレルギーの子供のインフルエンザ予防接種は?副作用は?対処法は?

egg2


うちの子、卵アレルギーなんだけどインフルエンザの予防接種を受けても大丈夫かしら?
副作用が出たりしない?
万が一副作用が出ちゃった場合の対処方法は?
ニュースでは、早くもインフルエンザによる学級閉鎖があったことを伝え、流行期間の長期化の恐れもあるとしてますね。
子供を持つ親としては、インフルエンザの予防接種を考える時期でもありますよね。
確かに、卵アレルギーの子供はインフルエンザの予防接種を受けない方が良いとされていた時もありましたね。
それでは今はどうなんでしょうか。
卵アレルギーの子供のインフルエンザ予防接種について、ご紹介しますね。
スポンサードリンク

卵アレルギーの子供はインフルエンザ予防接種を受けない方が良い?

インフルエンザ予防接種の時になぜ卵アレルギーが問題になるかというと、インフルエンザワクチンを作るために卵が使用されるからです。

昔は卵アレルギーのある人は、インフルエンザ予防接種をしないほうがよいと言われたかもしれません。
しかし、インフルエンザワクチンの製造方法は年々変わっています。
近年のインフルエンザワクチンの中の卵のタンパクの量はごく微量で、ほとんど問題となりません
ケーキ・プリン・アイスクリーム・クッキーなどの卵の加工品が食べられるのならば、インフルエンザ予防接種を受けることには問題がありません。

卵アレルギーの子供へのインフルエンザ予防接種の副作用は?

卵アレルギーの子供特有のインフルエンザ予防接種の副反応というものはありませんが、一般的な副反応が強く出る可能性もあり注意が必要です。

インフルエンザ予防接種から2~3日に出る副反応は、注射部位の発疹・発赤・腫れ・かゆみ・じんましんなどです。
全身症状としては、発熱・頭痛・めまい・リンパ節炎などがあります。

注意しなければいけない症状に、アナフィラキシ—反応があります。
アナフィラキシ—反応はアレルギー反応の強いもので、重篤な場合は命にかかわります。
アナフィラキシ—反応の症状は全身のじんましん・唇や口の中の腫れ・咳・息苦しさ・血圧低下・意識障害などが重複しておこります。

インフルエンザ予防接種で副作用が出た場合の対処法は?

インフルエンザワクチンの安全性については、国や製薬会社も充分に注意しています。
しかし、持病のある子供や何らかのアレルギーがある子供は、事前に主治医にインフルエンザ予防接種を受けてもよいか、相談してからにしましょう。

インフルエンザ予防接種の重篤な副反応は、注射後30分以内に起こる可能性があります。
そのため、インフルエンザ予防接種を受けた場合には、30分間は病院内にとどまるようにしましょう。
また、次に強い副反応が出る可能性は24時間以内なので、翌日くらいまでは体調に注意してあげましょう。
インフルエンザ予防接種の後に、高い熱・けいれん・咳が出る・息苦しさなどの症状があったら、迷わずに病院を受診しましょう。

まとめ

卵アレルギーがある子供でも、インフルエンザ予防接種を受けてはいけないということはありません。
医師に相談したり子供の様子を良く見たりして、インフルエンザ予防接種を受けるか決めましょう。

この記事も一緒に読まれてます

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ