端午の節句 初節句のお祝い料理や準備など祝い方を紹介します

kabuto


昨年長男が生まれ、今年初節句を迎えます。何もかもが初めてで、端午の節句をどう祝ったらいいかわかりません。当日は誰を呼んでどんなお料理を出して、どんな風にお祝いするのでしょうか。
桃の節句が終わったら、今度は男の子のお祝い、端午の節句がやってきますね。初めて端午の節句をお祝いするというお父さん、お母さんは、どんな風にお祝いしたら良いのか頭を悩ませてしまいますよね。それでは、端午の節句初節句の時のお祝いの仕方や、当日のお祝い料理準備の仕方や誰を呼んでお祝いすれば良いのかなどについてお話したいと思います。
スポンサードリンク

端午の節句の祝い方は?

5月5日の端午の節句は、こどもの日として祝日でもありますね。
この端午の節句は男の子の立身出世を願う行事で、あまりなじみはないですが菖蒲の節句とも呼ばれています。
起源は中国ですが、日本では奈良時代から続く古い行事なんです。

まあ、細かい由来などは省略しますが、現在は男の子の成長と健康を願う行事として定着していますよね。

さて、男の子が生まれて初めて迎える端午の節句、つまり初節句は、親としてはきちんとお祝いしてあげたいですよね。
我が子の成長と健康を願ってのことですから、当然のことだと思います。

それでは、初節句はどのようにお祝いすれば良いのか、初節句の祝い方についてお話したいと思います。

端午の節句の準備

端午の節句は5月5日、もしくは地域によっては月遅れで6月5日ですが、その前に準備するものをご紹介します。

  • 鯉のぼり・鎧兜を用意する

まず、端午の節句になくてはならないのが、鯉のぼりや鎧兜ですよね。
これらは、一般的には母方の両親が用意するものですが、最近では双方の両親で折半したり、鯉のぼりと鎧兜をそれぞれ分担して用意したりするご家庭も増えて来ました。
ただ、昔ながらの風習を重んじる人は、「母方が用意するべき」という考えをお持ちの場合もあるので、そこはさりげなく双方の両親の様子を伺うのが良いでしょう。

  • お祝いの日程や招待する人を決める

5月5日は祝日でもあるので、お祝いの日程としては選びやすいですよね。
招待する人の都合もあるかと思いますが、できれば5月5日に行うのが良いでしょう。

招待する人は、一般的には双方の両親です。
また、お祝いをいただいた場合は兄弟や、祖父母、近い親戚を招待してもいいですね。

ただ、ご自宅でお祝いをする際は、あまり大勢招待するのは負担がかかってしまいますよね。
ましてや、まだ1歳にもならない乳児の子育て真っ最中ですから、あまり頑張り過ぎても大変です。
ご夫婦やご両親と相談して、誰を招待するのか慎重に決めて下さいね。

  • 当日のお祝いのお料理を考える

当日のお祝いメニューも予め決めておく必要がありますね。
おススメのお料理については後述しますが、お祝いの場に相応しいメニューにしたいですね。

  • 当日の手土産や内祝いを用意する

料亭など自宅以外でお祝いする場合は、それを内祝い代わりにしても問題ありません。
ご自宅でお祝いする場合は、鯉のぼりや兜の御礼として内祝いを用意しておくと良いでしょう。
また、当日お祝いを持って来られる方もいるかと思いますので、手土産を用意しておくとより丁寧ですね。

端午の節句のお祝い料理やデザート

端午の節句に食べるものと言えば、ちまきと柏餅ですよね。
どちらもおもてなし料理としては華やかさに欠けますので、これらは食後のデザーとや手土産として用意するのが良いでしょう。

それでは、「お祝いする時のお料理はどうしましょうか」とお悩みかと思いますので、端午の節句のオススメ料理をご紹介しますね。

やはり、成長を祝う縁起の良い食べ物や、お祝いらしい華やかなお料理がオススメです。

端午の節句に縁起の良い食べ物

  • 出世魚

ぶりやイナダ、ハマチなどの出世魚は、男の子が将来出世しますようにという意味を持ちます。

  • 鰹(カツオ)

カツオは、勝男という漢字に当てはめて、勝負強い男の子に育ちますようにという思いが込められています。

  • たけのこ

たけのこは成長が早いことから、成長をお祝いする端午の節句にはピッタリの食材です。

  • レンコン

レンコンは穴があいていることから、見通しがきくという意味があり縁起が良いとされています。

  • えび

えびは長生きや長寿という意味が含まれていますので、健康に育ちますようにという思いが込められています。

これらの食材を使って、和食中心のお料理を用意するのがオススメです。

例えば・・・

  • ブリの照り焼き
  • 根菜の煮物
  • 茶碗蒸し
  • 鰹のタタキ

なんていかがでしょうか。

端午の節句に相応しい華やかな料理

縁起の良い食べ物だけでは若干華やかさに欠けますので、やっぱりおもてなし料理として見た目も華やかなメニューも用意したいところですよね。
そんな時は以下のお料理がおススメですよ。

  • ちらし寿司
  • 手巻き寿司
  • 鯛の尾頭付き

ちらし寿司は桃の節句(ひな祭り)でも定番ですが、端午の節句でもOKです。
こちらにもえびやレンコンなど縁起の良い食材を散らせば、より一層お祝いムードが高まります。
また、ちらし寿司の代わりに手巻き寿司にしてもいいですね。

そして、お祝い事と言えば鯛の尾頭付きです。
お食い初めで用意された方も多いのではないでしょうか。
めでたい行事ですので、ブリよりも豪華にしたい場合は鯛の尾頭付きの塩焼きがおススメですよ。

端午の節句に相応しい食後のデザート

お祝い料理の後には、食後のデザートも欲しい所ですよね。

最近は鯉のぼりなどをイメージしたこどもの日用のケーキも販売されてますが、初節句は大人だらけという場合も多いので、参加される人達の年齢に合わせたものを用意しましょう。

やはり、端午の節句と言えば柏餅ですね。
先ほど手土産にも最適とお話しましたが、デザートとしてお出ししても良いでしょう。

また、鯉のぼりや兜を象った和菓子もオススメです。

端午の節句 初節句のお料理や準備まとめ

待望の長男の初節句は、何かと気を遣うことと思います。

ですが、お祝いの仕方については「絶対こうでなくてはならない」というような決まり事はありません。
ご自身やご家族が気持よくお祝いできれば、どんな方法でも構わないと思います。
息子の成長と健康を願うという気持が重要ですから、あまり神経質にならなくても大丈夫ですよ。

ご紹介したお祝いの仕方は一般的なものですから、これらをアレンジして素敵なお祝いにして下さいね。

スポンサードリンク

この記事も一緒に読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ