喪中に寒中見舞いで転居報告してもいい?文例は?写真付きはNG?

home


この間引越しをしたので年賀状で転居報告をしようと思っていたんだけど、身内に不幸があって年賀状を送れなくなってしまったの。
寒中見舞いで転居報告してもいいのかな?
その場合文例とか教えてもらえると助かるんだけど。。。
それに、マイホームの写真付きで送ったらマナー違反になっちゃうかしら?
スポンサードリンク

喪中に寒中見舞いで転居報告をしてもいい?

喪中に寒中見舞いで転居報告をすることはマナー違反ではありません。

ただし、寒中見舞いとは

「厳しい寒さの中で体調を崩したりしていませんか?」

と相手の安否をうかがう季節の挨拶状なので、寒中見舞いの本来の目的以上に、転居報告がメインにならないように気をつけましょう。

そのためには、転居報告を自分の近況報告程度にさらっと書くか、本文では報告せず、「追記」という形で最後に一言記しておくのが良いです。

寒中見舞いで転居報告する時の文例は?

寒中見舞いで転居報告する時の文例を紹介します。

寒中お見舞い申し上げます。
寒さが一段と増しておりますが、皆様、いかがお過ごしでしょうか。
向寒の折、ご自愛の程お祈り申し上げます。
私ごとで大変恐縮ではございますが、昨年○月転居いたしましたので、ご報告申し上げます。
また、お会いできる日をお待ちしております。
厳しくなります折柄、何卒お体を大切にお過ごしください。


まだ四十九日が経っていない、あるいは親せきや故人と特に親しくしていた方に送るときには、本文で転居の報告をせずに、差出人の住所の部分で転居を知らせましょう。

差出人の住所の上部に「新住所」と書き、差出人氏名の後に「○月に引っ越しました」と追記する方法だと、「喪中なのに慶事の報告をした」と相手を不快にさせることがありません。

スポンサードリンク

寒中見舞いで転居報告する際に写真付きはNG?

喪中に寒中見舞いで転居報告をする際に、写真を載せるのは控えましょう。

写真を載せることで、寒中見舞いの本来の目的である相手の安否確認の意味合いが薄まってしまううえに、「喪中に慶事の報告」という部分が目立ってしまい、相手を不快にさせてしまう可能性があるからです。

相手に写真を見せたい場合には、寒中見舞いは寒中見舞いとして送り、改めて転居報告の葉書を送りましょう

まとめ

以上が、喪中に寒中見舞いで転居報告をすることの是非と文例などについてです。

寒中見舞いに転居報告を記すときには、転居報告がメインにならないように、本文の書き方に気を付けましょう。

また、写真を載せたいなどの理由で、寒中見舞いと転居報告を別に送る場合は、寒中見舞いにも住所が変わった旨をきちんと分かりやすく書いておきます。

寒中見舞いを受け取った相手が返事を書いてくれることがあるからです。

スポンサードリンク

この記事も一緒に読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ