赤ちゃんがインフルエンザに!過ごし方やお出かけやお風呂はいつから?

baby4


生後10ヶ月の娘がインフルエンザにかかってしまいました。
熱は下がり今は特に苦しそうな様子は見られませんが、赤ちゃんインフルエンザに罹ったときはどのように過ごせば良いでしょうか。
また、お出かけお風呂はいつからなら良いでしょう。
赤ちゃんインフルエンザにかかった時、安静ってどの程度か、お出かけお風呂はいつからよいのかなど、迷いますよね。
判断する基準は、普段の元気な赤ちゃんの様子とくらべると分かりやすいでしょう。
それでは、赤ちゃんインフルエンザにかかった時の過ごし方お出かけお風呂のタイミングについてお伝えします。
スポンサードリンク

赤ちゃんがインフルエンザにかかった時の過ごし方

赤ちゃんがインフルエンザにかかった時には、自己免疫が働くように過ごすとよいでしょう。
具体的には、以下の通りです。

  • 部屋を温かくして湿度を50〜60%に保つ
  • ウイルスを追い出すために、時々換気する
  • 赤ちゃんの熱が高い時には、熱がこもらないように薄着にする
  • 水分をこまめに補給する(スポーツ飲料やジュースは控えめに)
  • 赤ちゃんの機嫌がよければ室内で遊んでよい(激しく動く遊びは避ける)
  • 食欲が無ければ無理に食べなくてよい
  • 赤ちゃんと接する人はこまめに手洗い・うがいをする
  • 家族にインフルエンザがうつらないようにできれば部屋を分ける

赤ちゃんがインフルエンザにかかったらお出かけはいつからできる?

赤ちゃんがインフルエンザにかかって出かける場合には、次のことに注意しましょう。

  • 他の人にうつす可能性がある期間の外出は避ける

学校保健安全法では、「子供は解熱後2日間、幼児は3日間、またインフルエンザ発症後5日間は出席停止」となっています。
これは、熱が下がっても体からウイルスを出しているので、他の人にうつす可能性があるためです。
まだ保育園や学校へ通っていない赤ちゃんも同様に、解熱後3日間またインフルエンザ発症後5日間は外出を控えた方が良いでしょう。

  • 体力が落ちている間の外出は避ける

熱が下がってインフルエンザは治りかけても、赤ちゃんの体力がおちているため、他の病気がうつる可能性があります
できるだけお家の中でしっかりと治して、体力が復活するまでは外出を避けましょう。

以上のことを踏まえて、不要不急の外出は控えるほうが安全です。
熱が下がって3日以上たち、赤ちゃんの元気が出て来てから出かけるようにしましょう。
また、やむを得ず買い物などに連れていく際は、人が少ない時間を選び短い時間で済ませましょう。

赤ちゃんがインフルエンザにかかったらお風呂はいつから入れる?

赤ちゃんがインフルエンザにかかったら、汗をかくのでお風呂に入れてあげたくなりますね。
しかし、お風呂に入るのは意外と体力を使います
赤ちゃんの様子が落ち着くまでは、熱いタオルで拭いたりこまめに着替えたりするだけでも大丈夫です。

お風呂に入れる場合には、次のことに注意しましょう。

  • 熱が37.5℃以下になっている
  • 水分や食事が摂れて機嫌がよい
  • 湯船につからない(シャワーですませる)
  • 脱衣所・風呂場を温めておく
  • 湯冷めしないように注意する
  • お風呂の前後に水分補給をする

まとめ

赤ちゃんは元気そうにしていても、熱が出ている場合もあります。
見た目や体を触るだけで判断しないで、定期的に熱を測ってみることをおすすめします。
赤ちゃんの様子がいつもと違い不安になったら、小児救急電話相談(#8000)に相談してみましょう。

この記事も一緒に読まれてます

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ