ネクタイの結び方を簡単に動画で!種類やコツもご紹介します

nekutai


4月から新社会人になるのですが・・・。実はこれまでネクタイをする機会がなくて、ネクタイがうまく結べません。新社会人として恥ずかしくないよう、ネクタイの結び方をマスターしたいです。簡単に結べるコツや結び方の種類は何があるのか教えて下さい。
ネクタイはサラリーマンの必須アイテムですから、新社会人になる人は入社前に結び方をマスターしておかなくてはなりませんよね。朝急いでいる時に限って結び目の形が決まらないなんてことにもなりかねないので、ネクタイの結び方のコツを掴んでおきましょう。
それでは、ネクタイの結び方のコツ種類についてご紹介したいと思います。
スポンサードリンク

ネクタイの結び方簡単な方法を動画で!

ネクタイの基本の結び方は「プレーンノット」です。
ネクタイを初めて結ぶという方、まずはプレーンノットを習得してください。

百聞は一見に如かず、言葉であれこれ説明するよりも、動画の方が分かりやすいでしょう。
プレーンノットの結び方はこちらです。

プレーンノットは固く小さな結び目が特徴ですがネクタイの太さや生地の厚みを変えることで、結び目の大きさを変えることができます。
大きな結び目が好きな方は、幅が広く厚い生地のネクタイで結んでみてください。

ネクタイの結び方のコツは?

ネクタイは左右で幅が違いますよね。
幅が広い方を「大剣」、狭い方を「小剣」といいます。

プレーンノットの結び方のコツは、まず最初に首にネクタイをかけたとき大剣と小剣のバランスを上手にとることです。
ネクタイの縫い目を目安に大剣と小剣を交差してください。
こうすると、ネクタイを結び終わったとき、大剣と小剣のバランスがよくなります。

また、大剣と小剣を交差させたら、その箇所を指でおさえておきましょう
ネクタイを上手に結べない一番の原因は、大剣を小剣に巻きつけていくうちに交差箇所がどんどんずれてしまっていることです。
交差箇所を決めたら、親指と人差し指でおさえておき、最後大剣を結び目に通すまで離さないでくださいね。

ネクタイの結び方の種類は?

プレーンノットを上手に結べるようになったら、他の結び方にも挑戦してみましょう。

プレーンノットよりも結び目が大きくなる「セミウインザーノット(ハーフウインザーノット)」は、ネクタイの結び目が目立つのでプレゼンテーションや商談など、相手の視線を自分の顔に向けたいときにおすすめの結び方です。
ネクタイの結び方 ハーフウインザーノット(その1)

ネクタイの結び方 ハーフウインザーノット(その2)

ウインザーノット」だとセミウインザーノットよりもさらに結び目が大きくなります。
ネクタイの結び方 ウインザーノット

こちらは、顔や体型が大きい方におすすめです。
「プレーンノットだと結び目が小さすぎて自分の体や顔とアンバランス……」という方はこちらの結び方を試してみてください。

まとめ

以上が、ネクタイの結び方のコツや結び方の種類についてでした。
新社会人のみなさん、入社式までに上手にネクタイを結べるように、動画を参考にぜひ練習してくださいね。

ネクタイをきちんとした印象に見せるためには、ネクタイのメンテナンスも大切です。
一日結んだネクタイはしわをきれいに伸ばしておきましょう。
また、ネクタイは毎日結ぶとすぐにくたびれてしまいます。
手持ちのネクタイを上手く使い回して、いつでもきちっと結んだネクタイで会社に行くようにしましょう。

この記事も一緒に読まれてます

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ