新入社員に必要なネクタイの本数は何本?値段の相場は?ネクタイピンは必要?

men


4月から新社会人になるため、色々と準備をすすめている所です。
明日スーツなどを買いに行く予定ですが、ネクタイはいくらくらいのものを何本用意すべきでしょう。
それにネクタイピンは必要?
これから新入社員として社会に出る人は、そのための準備に大忙しかと思います。
スーツを買い足したり、カバンや靴を揃えたり、と入社までに買わなければならないものが多くて大変ですよね。
それでは、新入社員に必要なネクタイの本数や、値段の相場、それにネクタイピンについてお話したいと思います。
スポンサードリンク

新入社員に必要なネクタイの本数は何本?

「ネクタイは就活のときに買ったものがあるから、買わなくてもいいかな」と考えている方、就活と違って入社したら毎日ネクタイを使います。
ですから、当然ネクタイは1本では足りません。
入社までにネクタイもきちんと数を揃えておきましょう。

理想は、1週間の出勤日数=ネクタイの本数です。
週5日の勤務であれば、就活に使ったネクタイに加えて、あと4本買い足しましょう。

最初の出費が痛いと感じるかもしれませんが、ネクタイは短い間隔で繰り返し使えば使うほど傷みが早くなります
2本3本のネクタイを毎日交代でつけるよりも、毎日日替わりでネクタイを使う方がネクタイは長持ちするので、結局のところネクタイにかかる出費は少なくなりますよ。
最低でも、入社までに3本は用意しておきましょう

新入社員に相応しいネクタイの値段の相場は?

ネクタイの値段はピンキリですよね。
それころ、100均にも売ってますし、高級ブランドのネクタイは数万円します。

新入社員の方は高価なネクタイを購入する必要はありません。
スーツやシャツであれば、値段で着心地や動きやすさ、耐久性が変わり、ときには仕事の効率にも影響することもありますが、ネクタイにそのような効果はありません。

1千円のネクタイでも2万円のネクタイでもつければ同じこと、会社員の身だしなみとしては首からネクタイが下がってさえいれば、それでいいのです。

とはいっても100円ショップのネクタイを会社につけていくのは、やはり考えもの。
2、3千円程度のネクタイが新入社員の方にはおすすめです。
予算がタイトな方は、ネクタイの値段よりも、予算内でネクタイの本数を揃えることを優先してください。
予算が1万円なら5千円のネクタイ2本ではなく、2千円のネクタイ5本を買うようにしましょう。

スポンサードリンク

新入社員にネクタイピンは必要?

新入社員にネクタイピンは原則不要です。
接客業や営業職など、身だしなみに気をつけなければならない方はネクタイピンをつけた方がよいですが、それ以外の方はつけなくてもよいですよ。

ネクタイピンの要不要は、クールビズでネクタイが必要な職場かどうかが一つの目安です。
クールビズのネクタイは、ジャケットでネクタイを留めておくことができませんから、どうしてもネクタイピンが必要になります。
なので、クールビズでもネクタイが必要な職場の方は、ネクタイピンを用意しておきましょう。

入社後は周囲の様子を見て、ネクタイピンをつけるべきかを判断してください。
ネクタイピンをこれから購入する方、大ぶりで目立つネクタイピン・ファッション性の高いネクタイピンは選んではいけません。
ネクタイピンはあくまでネクタイを留めておくものです。
機能性以外が目立つネクタイピンは新入社員はつけない方が無難です。

まとめ

以上が、新入社員に必要なネクタイの本数や値段の相場などについてでした。

ネクタイは、まずは無難な色や柄から揃えていきましょう。
紺色や赤、水色、黄色あたりがおすすめです。
柄はストライプやドット柄など、個性的でない控えめなものを選んでくださいね。
ネクタイピンについては、なければないでかまいません。
入社後、職場の様子を見て、必要であれば用意するというスタンスで大丈夫です。
反対に、派手なネクタイピンをつけて行っては、上司や先輩に「ふざけているのか」と怒られてしまうかも。
気をつけてくださいね。

スポンサードリンク

この記事も一緒に読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ