一人暮らしに食器棚は必要?食器収納アイディア3選カラーボックスも!

syokki


この春、実家を出て一人暮らしを始める予定です。
家具などを揃えているところですが、ワンルームマンションなのであまり家具は増やしたくありません。
自炊する予定ですが、一人暮らしの場合食器棚は必要でしょうか。
場所を取らずに食器棚の代わりになるような食器収納のアイディアを教えて下さい。
一人暮らしの場合、あまり家具は増やしたくありませんよね。
そうは言っても、ベッドやテーブルは絶対必要ですし、女性の場合は洋服も多いのでちょっとしたチェストも欲しいところですよね。
そう考えて行くと、食器棚はどうしようとなる気持はよくわかります。
それでは、一人暮らし食器棚は必要か、また食器棚の代わりになる食器収納アイディアをご紹介しますね。
スポンサードリンク

一人暮らしに食器棚は必要?

たとえ毎日自炊をする人であっても、一人暮らしに必要な食器はそれほど多くありません。
ですから、一人暮らしの場合食器棚はなくても問題ありません
食器を置くスペースさえ決めておけば大丈夫です。
例えば、シンク下やキッチンの吊り棚がある場合は、そこを食器スペースにするとよいですよ。

ただ、シンク下は湿気がこもりやすいので、そこを食器スペースにする場合は湿気対策を十分にし、毎日食器を使うようにしましょう。

また、冷蔵庫や電子レンジの上も、食器スペースにおすすめです。
ただし、電化製品は稼働すると本体が熱くなってしまいます。
木製食器や漆器は熱に弱いので、家電の上には置くときには気を付けてください。

一人暮らしの食器収納アイディア3選

一人暮らしの食器収納アイディアを3つご紹介します。

ふた付き水切りカゴ

食器を洗ったら、すぐに食器棚にはしまいませんよね。
まずは水切りカゴに入れて乾かすかと思います。

この水切りカゴをそのまま、食器収納にも利用しようというアイディアです。
ふた付きの水切りカゴであれば、洗ったまま放置しておいても、ほこりはつきません。
ただし、カゴの下の水受けはカビやすいので、こまめに水を捨ててくださいね。

シンク上水切りラック

こちらも水切りラックですが、シンク上のスペースを利用するので、一人暮らし用の狭いシンクでも場所を取らずに収納できます。

カラーボックス

三つ目のアイディアはカラーボックスを使った食器収納です。
軽くて安い、しかもサイズやカラーも様々なカラーボックスは、本棚やチェストに代用したり重ねて机代わりに利用したりと一人暮らしの強い味方、もちろん食器収納にも利用できますよ。
次の章でカラーボックスの使い方をご紹介します。

一人暮らしの食器棚をカラーボックスで代用してみよう

カラーボックスを食器棚として使用するときは、サイズ選びが大切です。
食器全てをすっきり収納できるサイズのカラーボックスを選びましょう。

できるだけ省スペースにカラーボックスをおさめたいときには、お茶碗と汁茶碗は丼の中に重ねるなど、食器の重ね方も工夫してみてください。
食器棚はあまり奥行きがあると、使いにくいので、あまり奥行きのないカラーボックスを選ぶのがおすすめです。

カラーボックスに直接食器を置くのではなく、カゴなどを利用すると取り出す時にも便利ですよ。

また、埃が気になる方は、カラーボックスに布をつけましょう
カラーボックスに突っ張り棒をすれば、のれんの様に布を垂らすことができます。
押しピンで布を留めておくのも簡単でよいですよ。
カラーボックス用ののれんや突っ張り棒は、100均でも買えるので探してみて下さいね。

まとめ

以上が、一人暮らしの食器棚の必要性や食器収納アイディアでした。
これから一人暮らしを始める方、まずは、必要最低限の食器だけを用意し、水切りカゴなどに食器を収納してみてください。
水切りカゴでは収まらなくなったら、カラーボックスを用意するのがおすすめです。

一括見積もりで最安値の引越し業者を探したいけど、見積もり依頼後の電話攻撃がニガテという人必見!
=>嵐のような電話攻撃を受けない引越し見積もりサイト【引越しラクっとNAVI】

スポンサードリンク

この記事も一緒に読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ