インフルエンザで頭痛が!市販の頭痛薬を飲んでもいい?原因と対処法も

zutsuu
主人がインフルエンザに感染してしまいました。
病院へ行ってタミフルを処方してもらいましたが、激しい頭痛がすると訴えています。
家にバファリンがあるのですが、インフルエンザの時に市販の頭痛薬や解熱鎮痛剤を飲んでも大丈夫でしょうか。
そもそも、なぜインフルエンザで頭痛がするのでしょう。原因と対処方法は?
インフルエンザにかかると高熱や頭痛、関節痛、全身倦怠感など症状がでてつらいですよね。
医療機関から処方された薬もあるけれど頭痛がひどい場合、市販薬と併用しても大丈夫かな?と思う方もいるはずです。
それでは、インフルエンザの時に市販の頭痛薬を飲んでも良いか、またインフルエンザで頭痛が起こる原因や対処法についてお話したいと思います。
スポンサードリンク

インフルエンザで頭痛がする時バファリンなど市販の頭痛薬を飲んでも良い?

インフルエンザにかかった時の頭痛は、普段の頭痛と比較して症状が重いことがあります。

そのような時は市販薬に頼りたくなりますよね。
普段から頭痛持ちで、市販の頭痛薬を常備している場合、ついつい飲んでしまいたくなるかと思います。

でも、ちょっと待って下さい

バファリンなど市販の頭痛薬の中には、インフルエンザの時に服用するとインフルエンザ脳症など重篤な症状を引き起こしかねない成分が含まれている場合があります。

たとえば代表的なものとして、アスピリン(別名:アセチルサリチル酸)があります。
バファリンにも色々な種類のものがありますが、このアスピリンを主成分としているバファリンもあるので要注意です。

インフルエンザの時は自己判断で市販薬を飲むのは危険ですので、必ず医師または薬剤師に相談の上で飲む様にしましょう。

インフルエンザで頭痛がする時の原因は?

続いて、インフルエンザによる頭痛の原因についてお話したいと思います。

ずばり、インフルエンザによる頭痛の原因は何だと思いますか?

うちの夫は、インフルエンザのウィルスが脳内に侵入し悪さをしているために頭痛がするんだとずっと思っていたそうです(汗

いやいや、そんな訳ではありません。

インフルエンザにかかるとウィルスが体内に侵入しますよね。
この体内に侵入したウィルスが増殖しないように、体内の細胞などがウィルスと戦います。
この戦いによって、頭痛などの痛みの症状が現れるのです。

もう少し詳しく説明すると、ウィルスと戦う時に「プロスタグランジン」とよばれる物質が分泌されます。

このプロスタグランジンは、血管を拡張させたり筋肉の収縮、血圧低下などに作用し、ウィルスの増殖を抑える働きを担っているのです。

このプロスタグランジンがウィルスを撃退するために、血管を拡張させたり発熱させたりすることで、これが身体に反応して頭痛が引き起こされるのです。

また、プロスタグランジンは、痛みのしきい値を下げる働きがあるとされています。

それにより、普段は痛いと感じないほどの痛みも、痛いと感じてしまうのです。

こうした作用が、インフルエンザの時に起こる頭痛の原因という訳です。

インフルエンザで頭痛がする時の対処法は?

インフルエンザの時、市販の頭痛薬には注意が必要だということをお話しました。

それでは、インフルエンザで激しい頭痛がある時には、どのように対処すれば良いのでしょうか。
インフルエンザにかかったときの頭痛の対処法を紹介します。

  • 抗インフルエンザの内服

抗インフルエンザ薬はウィルスが増殖するのを防ぎます。
ウイルスの増殖が抑制されることによりプロスタグランジンの分泌が減るため痛みが軽減されます。

  • 冷やす
インフルエンザの頭痛は炎症が起こっているため、氷枕などで痛みのある場所を冷やすのが効果的です。
氷枕がない場合は、ビニール袋などに氷を詰めてタオルにくるむといいですよ。

  • 安静にしてゆっくり休む
インフルエンザの頭痛は、まさに身体がウィルスと戦っている証です。
頭痛は辛いものですが、十分に休息を取ることこそ回復への近道に繋がります。

まとめ

インフルエンザの時の頭痛は、普段の頭痛に比べると痛みも強くなる傾向にあり、非常に辛いものです。
しかし、インフルエンザの頭痛は、身体が一生懸命ウィルスと戦っていることにより生じる痛みですので、無理にその痛みを抑えようとすると返って症状が長引いてしまう可能性もあります。

自己判断で市販の頭痛薬を服用せず、どうしても痛みに耐えられない場合は医師に相談するようにしましょう。

スポンサードリンク

この記事も一緒に読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ