喪中時の職場での新年の挨拶は控えるべき?返事は?上司への新年の挨拶は?

aisatsu2


喪中の時は、年賀状などの年頭の挨拶は控えるのがマナーですよね。
では、喪中の時は、職場での新年の挨拶も控えた方が良いでしょうか。
あるいは、相手から新年の挨拶をされたらどう返事をすれば良いのか、という疑問をお持ちの方もいるでしょう。
ここでは、喪中時の職場での新年の挨拶の是非や返事の仕方などについて紹介します。

スポンサードリンク

喪中の時に職場での新年の挨拶は控えるべき?

喪中の時は職場でも、「新年あけましておめでとうございます」などの祝詞は控えます。

ただし、喪中は祝詞は控えますが、昨年お世話になったことのお礼と新しい年のお付き合いのお願いはもちろん控える必要はありません。

なので、喪中の時は、「昨年はお世話になりました。今年もどうぞよろしくお願い申し上げます」と新年の挨拶するのがベストです。

喪中の時に職場で新年の挨拶をされたら返事はどうする?

職場の仲間は、あなたが喪中であることをうっかり失念しているかもしれません。

もし「あけましておめでとうございます」と挨拶された場合、「おめでとうございます」と返したり、喪中であることを相手に伝える必要はありません

祝詞は言わず、「今年もよろしくお願いいたします」と返事をしましょう。

喪中の時に上司への新年の挨拶はどうする?

喪中の時も上司への新年の挨拶はもちろんしておきましょう

このときも、「あけましておめでとうございます」などの祝詞は控えます。

上司に話しかけるときには、「あけましておめでとうございます」の代わりに、「おはようございます」などの通常の挨拶で話しかけるとよいですよ。

その後に続けて、「昨年はお世話になりました。今年もご指導の程よろしくお願い申し上げます」と新年の挨拶をします。

まとめ

以上が、喪中の時の新年の挨拶や返事についてです。

上記の通り、喪中の時の新年の挨拶では「あけましておめでとうございます」を省きましょう。
あとは、通常の新年の挨拶と同じです。

このとき、喪中であることを強調する必要はありません。
相手に喪中であることを気付いてもらう必要はなく、自分の中で「今は喪中だから祝詞は控えよう」と意識するだけでよいです。

また、喪中だからといって、新年の挨拶を全くしないというのは、よくありません。
職場の中には、あなたが喪中であることを忘れてしまっている人もいるでしょう。
その人には、「新年の挨拶もしないなんて」と思われてしまうかもしれません。
喪中であっても、新年の挨拶はきちんとしておきましょう。

スポンサードリンク

この記事も一緒に読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ