インフルエンザ検査は微熱でもできる?正しいタイミングや精度は?

odekotoodeko


今朝娘が咳をしていたので嫌な予感がして熱を測ってみたのですが、37.2度と微熱でした。
小学校でもインフルエンザが流行しているので、インフルエンザの可能性も高いのではと思っていますが、インフルエンザの検査微熱でもできるのでしょうか?
それにタイミングによっては正しく判定できないと聞いたことがありますが、インフルエンザ検査の正しいタイミング精度は?
インフルエンザが流行する季節になると、お母さん達はヒヤヒヤですよね。
小学校など集団生活の中では、感染の流行は避けられません。
もしかしてインフルエンザ?という時でもタイミングによっては陰性になることもありますので、正しい検査のタイミングを知っておくのも大切ですね。
それでは、インフルエンザの検査は微熱でもできるのか、そして正しい検査のタイミングや検査の精度についてお話したいと思います。
スポンサードリンク

インフルエンザの検査は微熱でもできる?

インフルエンザといえば高熱が出るというイメージですよね。
確かに、インフルエンザは通常、38度から40度くらいの高熱が出ますが、インフルエンザに感染しても高熱が出ず微熱程度で済んでしまう場合も多くあります。

例えば、インフルエンザのワクチンを接種している場合には、比較的症状が軽く高熱が出ないことがあります。
また感染したインフルエンザウィルスの量が少ないときにも、微熱程度ですんでしまいます。

また、その年のインフルエンザの「」によっては高熱が出なかったり、再度違った型のウィルに感染すれば免疫力の関係から微熱ですむことも考えられます。

微熱程度ですんでしまうとインフルエンザに感染しているとは思わず、周囲の人にうつしてしまう恐れがあります。

微熱程度であっても、関節痛や咽頭痛、極度の倦怠感、風邪症状がひどくなったような状態の場合は、インフルエンザに感染している可能性があります。

また、小学校など周囲でインフルエンザが流行している場合や、身近にインフルエンザに感染してる人がいる場合も、微熱程度であってもインフルエンザに感染している可能性が高いと思われます。

微熱でもインフルエンザの検査は行えますし、感染していれば陽性反応が出るはずですので、周囲の人に感染させないためにも速やかに医療機関を受診し、検査してもらいましょう。

インフルエンザの検査の正しいタイミングは?

ご存知の方も多いと思いますが、インフルエンザの検査は鼻や喉の粘膜を綿棒のようなもので拭い取って検査します。

一度やったことがある人はおわかりかと思いますが、鼻の奥深くまで綿棒のようなものを入れてグリグリとするので、大人でも涙が出るくらい痛いですよね。

ですから、そう何度も検査をしたくはありませんので、できれば一発で正確に判定してもらいたいものです。

ですが、インフルエンザウィルスは検査をするタイミングで陰性に出てしまうことがあります。
特に感染初期はウィルスの量が十分でないため、陰性になることがあります。

その場合、もう少し経ってから再検査ということもあります。

では、どのタイミングで検査を受ければ良いのかと言うと、熱などの症状があらわれてから半日〜2日以内に検査を受けるのが良いとされています。

発症から半日未満は正しく判定できない可能性があり、また2日以上経ってしまうと抗インフルエンザ薬の効果が得られないためです。

ですから、インフルエンザの検査を行う場合は、発症から半日(12時間後)を目安にすると良いでしょう。

インフルエンザ検査の精度は?

最後に、インフルエンザ検査の精度についてお話したいと思います。

通常、インフルエンザ検査は「迅速診断キット」を用いて検査をします。

迅速キットは結果が早く分かる利点がありますが、ウィルス量が少ないと陰性に出てしまうという欠点もあります。

ですから、病院で受けるインフルエンザの検査は、100%の精度ではないということを覚えておきましょう。

精度を高めるためにも症状発症後、半日(12時間)以降を目安に受診すると良いでしょう。

また、最近では精度の良い検査キットも開発され、ウィルスの量が少ない初期でも陽性に反応する検査キットを利用している医療機関もあるようです。
近い将来、どの医療機関でももう少し精度が上がるかもしれませんね。

インフルエンザの症状や対策

インフルエンザ予防接種前日や後にお酒を飲んでも良い?お風呂や運動は?
インフルエンザで熱が出ない場合の症状は?検査や感染力は?
インフルエンザの潜伏期間中にタミフルは効果ある?他人への感染は?
妊婦がインフルエンザ 胎児への影響は?家族からの感染率や予防法は?
インフルエンザの食事で解熱後や食欲ありの時おすすめは?体力回復も
インフルエンザで腰痛はなぜ起こる?症状や緩和させるおすすめ対処法
インフルエンザで頭痛が!市販の頭痛薬を飲んでもいい?原因と対処法も
インフルエンザは自然治癒する?方法は?何日かかる?

赤ちゃんや子供のインフルエンザ

赤ちゃんがインフルエンザに!過ごし方やお出かけやお風呂はいつから?
赤ちゃんがインフルエンザ!機嫌が悪くミルクや母乳を飲まないときの水分補給
赤ちゃんがインフルエンザ脳症にかかった時の症状や原因と対策は?
子供がインフルエンザの時メニューやカロリーは?一緒に食べても大丈夫?
卵アレルギーの子供のインフルエンザ予防接種は?副作用や対処法は?
子供のインフルエンザで下痢や腹痛や嘔吐の対処法は?

まとめ

インフルエンザの検査についてまとめましたが、参考になりました?
インフルエンザでも高熱が出ないタイプがあり、微熱でも検査は可能ということをお伝えしました。

微熱程度でも放置せず、症状や状態を観察してベストなタイミングで医療機関を受診するようにしましょう。

受診するタイミングを見極めて、適切な治療を受けることが大切です。

スポンサードリンク

この記事も一緒に読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ