子供の口唇ヘルペスの原因はストレスや疲れのサイン?

herupesu


9歳の娘が口唇ヘルペスに感染してしまいました。
唇にできた数個の水泡がグジュグジュしていてかわいそう・・・
口唇ヘルペスって、ストレスや疲れが原因だって聞いたことがあるけれど、うちの娘にもストレスや疲れがあるということなのかしら?
口唇ヘルペスは、唇の周辺に水泡ができるので、見た目にも目立ってかわいそうですよね。
それに、急に口唇ヘルペスが発症すると、お母さんはお子さんにストレスや疲れがあるのではないかと心配になってしまうかと思います。
それでは、口唇ヘルペスの原因ストレスや疲れの関係についてお話したいと思います。
スポンサードリンク

口唇ヘルペスの原因は?

唇の周囲にできる小さな水泡を「口唇ヘルペス」と言いますが、単純ヘルペスとも呼ばれ、単純ヘルペスウィルスⅠ型が原因となって発症します。
水泡はひとつの場合もありますし、複数できることもあります。
また、唇だけではなく、口の中や身体の広範囲ににできることもあります。

実はこの口唇ヘルペスは、一度感染すると一生住み着き、大人の半数以上が感染していると言われています。

ですが、感染していても必ず発症するという訳ではなく、風邪や疲れ、ストレスなどにより抵抗力や免疫力が低下している時に発症します。

この、感染しているけれど発症していない状態を潜伏感染と言い、潜伏感染中に人にうつる可能性は低いと言われています。

発症していて水疱がある場合は、ウィルスが増殖している時期なので他人に感染させてしまう可能性が高くなります。
感染していても、抵抗力があれば発症しませんが、抵抗力の低い小さな赤ちゃんや、風邪や体調不良など免疫力が低下している人、またヘルペスの既往歴がない人が感染者に接触すると感染しやすくなるので注意が必要です。

つまり、口唇ヘルペスの原因をまとめると、

口唇ヘルペスに他人から感染した、または既に感染していて潜伏感染状態である

かつ

風邪や疲れ、ストレスなどにより抵抗力や免疫力が低下している

ということが挙げられます。

子供もストレスが原因で口唇ヘルペスになることがある?

口唇ヘルペスの原因の一つであるストレスですが、子供もストレスが原因で口唇ヘルペスになることがあるのでしょうか。

答えは、YESです。

子供の場合でも、ストレスによって免疫力が低下することはあります。

子供の口唇ヘルペスの原因はストレスかな?と思った時は、子供と接する時間を普段よりも増やしてあげて、学校の様子などを聞いてみましょう。

子供の口唇ヘルペスは疲れてるのサイン?

子供は疲れが出て体力が落ちると口唇ヘルペスにかかりやすくなりますので、疲れも子供の口唇ヘルペスの原因の一つと言えます。

例えば、運動会の練習や毎日のプールなどで体力が消耗していることが考えられます。

子供の体力が低下しないように、栄養バランスの良い食事や充分な睡眠・休息をとるようにしてあげることが大切ですね。
また、ゲームやテレビなどばかりしていて運動不足にならないよう、心がけることも必要です。

口唇ヘルペスを再発させないために

前述しましたが、口唇ヘルペスは一度感染すると一生ウィルスが体内に住み着くので、再発する可能性があります。
ですから、一度発症してしまったら、これからは再発しないように気を付けてあげることも大切です。

ストレスや疲れが子供の口唇ヘルペスの原因の一つであるということをお伝えして来ました。

ですが、口唇ヘルペスになったからと言って、必ずしも子供がストレスを抱えているとは限りませんので、その辺りはそれほど神経質にならなくても大丈夫ですよ。

子供の場合多くの原因となるのは、風邪などによる免疫力の低下です。
特に高熱のある風邪をひいた後は注意が必要です。

そのほか夏場の強い紫外線も口唇ヘルペスの原因になることがあります。

風邪もひいてないし、疲れてる様子もないけれど・・・という場合は、以下を見直してみましょう。

  • 夜更かしで寝不足ではないか
  • 栄養に偏りはないか
  • 運動不足ではないか
  • 除菌をしすぎていないか

まとめ

口唇ヘルペスの原因やストレスなどの関係についてまとめました。

口唇ヘルペスは体力や免疫力が低下したところを狙ってウィルスが動き出します。
ウィルスが動き出さないためにも、日頃から規則正しい生活や栄養の良い食事を摂取し免疫力を上げるようにしましょう。

また症状が出てしまった時は、小児科や皮膚科を受診して軟膏や内服薬を処方してもらうようにしましょう。

更に、発症した場合は他の人に感染させないように、手洗いやマスク着用なども忘れないようにしましょう。
特に、赤ちゃんや小さなお子さんがいるご家庭は注意が必要ですよ。

また、口唇ヘルペスは痒みを伴うため掻き壊して症状が悪化してしまうことがあるので、掻き壊さないように注意してあげて下さいね。

スポンサードリンク

この記事も一緒に読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ