七草粥の由来や意味は?春の七草の覚え方は?秋の七草で七草粥は食べない?

nanakusagayu


松の内の最後の日に当たる1月7日は春の七草といって、七草粥を食べる日です。
最近では、「七草粥は食べたことがあるけれど、七草の種類や七草粥の意味はよく知らないなあ」という方も多いのではないでしょうか。
ここでは、七草粥の由来や意味、覚え方などについて紹介します。

七草粥の由来や意味は?

七草粥の由来について紹介します。
七草粥を食べる1月7日は「人日の節句」といい、五節句の一つです。

古来日本では、雪の間から芽を出した若菜を摘む「若菜摘み」という風習がありました。
そして、中国では、唐の時代に、人日の日に「七種菜羹(七種類の野菜を入れた汁物)」を食べて、無病息災を祈るという風習ができました。
唐でできた人日の日の風習が平安時代になって日本に伝わると、若菜摘みの風習と一緒になりました。
これが、七草粥の始まりです。

また、七草粥の由来については上の通りですが、松の内の最後の日に七草粥を食べるのには、

「消化のよいお粥で、正月で疲れた胃腸を休めるため」

「青菜の少ない季節なので、七草粥を食べて青菜を補うため」

という二つの意味があります。

スポンサードリンク

春の七草の覚え方は?

まず、春の七草と縁起や意味を紹介します。

春の七草は、

セリ(競り勝つ)
ナズナ(撫でて汚れを除く)
ゴギョウ(仏体)
ハコベラ(繁栄がはびこる)
ホトケノザ(仏の安座)
スズナ(神を呼ぶ鈴)
スズシロ(汚れのない清白)

です。

春の七草は、「五・七・五・七・七」の韻を踏んで唱えると、覚えやすいです。

「せりなずな、ごぎょうはこべら、ほとけのざ、すずなすずしろ、春の七草」

これを何度か口ずさむと、自然と頭に入りますよ。

秋の七草で七草粥は食べないの?

秋の七草は「ハギ、キキョウ、クズ、フジバカマ、オミナエシ、オバナ、ナデシコ」です。

見て分かる通り、秋の七草は「秋に七種の草花を見て楽しむ」ものなので、春の七草と違い、食べ物ではありません。
なので、秋の七草粥というものはありません。

まとめ

以上が、七草粥の由来や意味、覚え方などについてです。
七草粥は日本の文化の一つです。
1月7日は、家族揃って、無病息災を願い七草粥を食べましょう。

この記事も一緒に読まれてます

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ