ピロリ菌の感染経路と予防方法 感染しやすい体質は遺伝する?

hukutsu2


実家の母が人間ドッグのピロリ菌検査で陽性となり、除菌したという話を聞きました。
私も日頃から胃の調子が悪いので、もしかしたら母と同じくピロリ菌に感染してるのでは?と心配になりました。
ピロリ菌はどのようにして感染するのでしょう。感染経路は?感染しやすい体質は遺伝する?予防法も知りたいです。
ピロリ菌の感染は中高年に多く、細菌では50歳以上の人の約半数がピロリ菌に感染していると言いわれています。
身内の方が感染していたと聞くと、もしかしたら自分も?と不安になりますよね。
それでは、ピロリ菌の感染経路予防法、また感染しやすい体質は遺伝するのかについてお話したいと思います。

ピロリ菌の感染経路は?

胃潰瘍や十二指腸潰瘍、慢性胃炎などの原因として知れているピロリ菌ですが、どのようにして感染するのか、気になるところですよね。
もしこれがわかれば、予防にも役立つので知っておくことが大切です。

ピロリ菌に感染している人は、年齢が増すに連れて増えて行き、50歳以上の人の半数がピロリ菌に感染していると言われています。
これは団塊世代の水道の設備事情が関係しています。

ピロリ菌の感染経路は上下水道の完備がされていない地域で生水を飲んだり、糞便や口を介して感染します。
そのため、幼い頃井戸水を飲んだりしていた中高年層の人達に、ピロリ菌の感染者が多いのです。

また母親がピロリ菌に感染している場合、口移しで子供に食物を与えると感染する確率が高いと言われています。
幼い頃に、ピロリ菌を保菌している母親を介して、感染してしまうというケースです。

ただし、成人同士が口移しなどで食物を与えても、大人の胃は酸性度が高いためピロリ菌は定着することはできません。

何故、乳幼児の方が感染しやすいかというと、乳幼児の胃の中は成人と違って胃の酸性度が低いためです。
酸性度が低いと言うことは細菌が生息しやすい環境のため、乳幼児は容易に感染しやすい状態となっています。

乳幼児の時期に水道事情の悪い国で生水を人だりすると、ピロリ菌に感染しやすくなりますが、すぐに症状があらわれるわけではありません。

乳幼児と成人の胃の粘膜は異なるため、年齢が高くなってストレスなどを受けた時に胃炎など症状としてあらわれます。

菌活でピロリ菌をよせ付けない!

ピロリ菌の予防には、抗菌力の強いサプリタイプのマヌカハニーがおすすめです。今ならピロリ菌検査キットがもらえるんですよ!

ピロリ菌を予防する方法は?

ピロリ菌を保菌しているということは、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、慢性胃炎などにかかりやすくなり将来、胃がんを発生する確率も高くなります

このようにピロリ菌が胃の中で生息していると、胃腸系の病気を発症してしまいます。
ですから、なるべくピロリ菌に感染しないよう気を付けたいものですよね。

成人した大人よりも、乳幼児の方がピロリ菌に感染しやすいというお話をしましたよね。
ですから、ピロリ菌は乳幼児期に感染しないよう気を付けることがポイントとなります。

日本などでは上下水道も整備され衛生状態が保たれていますが、衛生状態の悪い発展途上国など旅行する場合は水などの飲料水や食品に注意をする必要があります。

スポンサードリンク

また、おじいちゃんやおばあちゃんはもちろん、お父さんお母さんなどピロリ菌検査を受けていない中高年層の人からの口移しは、なるべく避けたいものです。

その他にも、ピロリ菌を予防する食品として、海藻類やピロリ菌を減らす効果のあるLG21ヨーグルト、ブロッコリーの若芽や梅肉、緑茶、一部のココア製品などが挙げられます。

このような食品を摂取することでピロリ菌の感染から身を守ることができるでしょう。

また、なるべくピロリ菌の検査を受けて、陽性であれば除菌治療を行うことで、子供などへの感染を防ぐことができます。

ピロリ菌に感染しやすい体質は遺伝する?

気になるピロリ菌と遺伝の関係についてですが、ピロリ菌自体は遺伝することはありません

日本での乳幼児のピロリ菌感染率は、約10%程度と言われています。

一方、ピロリ菌が原因で発症する胃潰瘍や胃がんなどは、体質的に遺伝することも考えられます。

例えば、胃潰瘍は性格的に親と似ている場合や、胃がんなら生活習慣、食生活なども関係してきます。

そして親がピロリ菌保菌者の場合、乳幼児期に親の口から食べ物を与えられた経験がある人は要注意です。

菌活でピロリ菌をよせ付けない!

ピロリ菌の予防には、抗菌力の強いサプリタイプのマヌカハニーがおすすめです。今ならピロリ菌検査キットがもらえるんですよ!

まとめ

以上がピロリ菌の感染経路や予防法、遺伝の関係についてです。
胃腸の調子が悪いなど気になる場合は一度検査を受けても良いですね。

ピロリ菌が存在すれば除菌をすることで、胃が健康になり様々な病気のリスクも軽減されます。

この記事も一緒に読まれてます

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ