鏡餅はいつまで飾る?いつ食べる?美味しい食べ方は?

kagamimoti2


お正月に飾った鏡餅はいつまで飾っておくものなのでしょうか。
また、大きな鏡餅の切り分け方や美味しい食べ方は?
これらの鏡餅にまつわる疑問について、ここでは紹介していきます。

正月の鏡餅はいつまで飾る?

鏡餅は一般的に、1月11日まで飾っておきます。

年賀状など、年賀の行事の多くが松の内(1月7日)までとされるなか、鏡餅だけ1月11日まで飾る理由は、1月11日という日付がぞろ目で縁起がよいからです。

この、鏡餅を下げる日のことを、「鏡開き」といいます。

ちなみに、鏡開きの日付は地域差があるので注意してください。
関西では15日まで飾るという地域もあるほか、京都では4日が鏡開きというところもあります。

スポンサードリンク

鏡餅はいつ食べる?

鏡餅は1月11日の鏡開きの後に食べます。

鏡餅を食べるときは、家族全員で食べ、一年の無病息災を願います
どんど焼きがある地域では、鏡餅をどんど焼きの火で焼いてから食べることが多いです。

鏡餅の美味しい食べ方は?

真空パックになっている鏡餅は食べる直前に真空パックから出しましょう。

真空パックの鏡餅は固くないので、手で適当な大きさに分けてから、ぜんざいやお雑煮、きなこ餅などにして食べるのがおすすめです。

真空パックではない、通常の鏡餅は、正月の間に乾燥して固くなっているので手では割れません。

その場合は、包丁などの刃物ではなく、木槌や金槌で鏡餅を割ります。

刃物を使わないのは、鏡餅には神様が宿っているためです。

木槌などでうまく割れないときには、水に浸したうえで、電子レンジで加熱します。

加熱しすぎると、水のなかで鏡餅が溶けてしまうので、加減を見ながら加熱時間を調整してください。

このようにして加熱、小分けにした鏡餅はなるべく早く食べてしまいましょう。

また、どんど焼きで焼いた鏡餅は、餅の芯まで火が通っていないことが多いです。

どんど焼きから鏡餅を持ちかえったら、もう一度加熱し直すのがおすすめです。

まとめ

以上が、鏡餅を飾る期間と食べ方についてです。

鏡餅を一度では食べきれない場合には、袋に入れて、冷凍保存しておきましょう。
鏡餅は水につけてしまうとカビが生えやすくなるので、冷凍保存する場合には、水に浸さない方がよいです。
真空パックの鏡餅は、真空パックから出さずに保存してください。

この記事も一緒に読まれてます

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ