大学生の一人暮らしに必要な仕送りの平均は?光熱費や食費は?

shingakki_kousya


この春、娘が大学入学のため東京で一人暮らしを始めます。
色々と準備をすすめているところですが、決めないといけないのが毎月の仕送りの金額。
大学生一人暮らしに必要な仕送りの平均額はどのくらい?光熱費や食費はどのくらいかかるのかしら?
これから一人暮らしを始める学生さんのいるご家庭では、お金の準備や仕送り金額の相談は重要ですよね。
学費などを考えるとあまり余分に送るのも家計に響きますし、かといって少なすぎて生活できないようでは可哀想です。
それでは、大学生の仕送りの平均金額や、大学生が1ヶ月に必要な光熱費、食費についてご紹介しますね。
スポンサードリンク

大学生の一人暮らしに必要な仕送りの平均は?

大学生の一人暮らしに必要な仕送りの平均は、8万〜10万円です。

これは家賃や光熱費込み、学費は省いた額です。
1年間では100万〜120万円が生活費だけで必要になります。

また、この平均額は全国の一人暮らしの大学生を対象にしています。
東京では、地方よりも家賃が高いですよね。
なので、東京での一人暮らしには、上記の金額+αが必要だと覚悟しておいた方がよいでしょう。

たとえば、地方では女性用のアパートでも4万〜6万円の家賃で探すことができますが、東京をはじめとした都会では家賃だけで8万〜12万円以上になることがあります。
仕送りの金額を決めるときは、家賃+生活費(食費+光熱費)で考えるのがおすすめです。

生活費(食費と生活費)については後述しますので、参考になさって下さいね。

大学生の一人暮らしに光熱費はいくらかかる?

大学生の一人暮らしの光熱費は、月1万円程度です。
夏冬は高く、それ以外の季節は1万円を切ることが多いでしょうから、平均して1万円ということです。

ただ、光熱費は、地域やアパート物件によって異なります。
オール電化のアパートであればガス代はかかりませんし、寒い地域であれば冬の光熱費が大幅に高くなります。

大学生の一人暮らしに食費はいくらかかる?

大学生の一人暮らしの食費は、月2万5千円ほどかかります。
この食費は、日常的な食事の金額であり、コンパや飲みなどのお金は含まれていません

食費を節約するために、大学生協の食堂を上手に利用することがポイントです。
一人暮らしの自炊は、かえって食費がかかってしまうこともあるので、気をつけてくださいね。

お米や保存食、レトルト食品などは実家から宅急便で送ってあげるという親御さんも多いようです。

まとめ

以上が、大学生の仕送りの平均や光熱費・食費についてです。
仕送りの金額を決めるときの参考にしてください。

大学生は夏休みや春休みが2ヶ月ほどあります。
この時実家に帰省する場合は、家賃以外は削減できるかと思います。

また、アルバイトで生活費を稼ぐぞという方、また生活費は自分で稼ぐのが当たり前という親御さん、最初からアルバイト代を当てにするのは危険です。

学生のアルバイト代は平均月2万円程度です。
勉強をせずにアルバイトばかりしていては、本末転倒ですからね。

アルバイト代は生活費やお小遣いの足しにはなりますが、生活費すべてを賄うのはとても大変なことです。
アルバイト代は生活費にならないという前提で、仕送りの金額を考えてくださいね。

一括見積もりで最安値の引越し業者を探したいけど、見積もり依頼後の電話攻撃がニガテという人必見!
=>嵐のような電話攻撃を受けない引越し見積もりサイト【引越しラクっとNAVI】

スポンサードリンク

この記事も一緒に読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ