引越し挨拶の手土産の相場は?おススメの手土産は?のしの書き方は?

house


新築中のマイホームが完成し、来月引越す予定です。
引越先のご近所様に引越の挨拶をしに行きます。そのとき持参する手土産をそろそろ用意しようと思っている所ですが、手土産の相場はいくらくらいでしょうか。
また、どんな手土産を持参すれば良いでしょうか。
のしは付けた方が良い?書き方は?
これからお付き合いが始まるであろうご近所様への引越挨拶ですから、やっぱり持参する手土産には気を遣いますよね。
それでは、引越挨拶の時に持参する手土産の相場や、おススメの手土産のしの書き方についてご紹介したいと思います。
スポンサードリンク

引越し挨拶の手土産の相場は?

まずは、気になる引越し挨拶の時に持参する手土産の相場です。
ずばり、一般的な相場は1軒あたり500円程度、多くても1000円です。
お隣のお宅と、その周辺のお宅とで少し差を付けても良いですね。

あまりに高価な手土産を贈ると、相手が恐縮してしまい、かえって気を遣わせてしまいます。
ですから、引越し挨拶の手土産は気持ち程度のものにとどめておくのが良いです。

自治会の会長など、これからの生活で特にお世話になりそうな家については、ご近所さんよりも少し高めの手土産を用意します。
このときは、1000円〜2000円程度を目安にするとよいでしょう。

引越し挨拶のおすすめの手土産は?

引越し挨拶の手土産には、お菓子や日用品がおすすめです。

お菓子を贈るときには、賞味期限の長いクッキーやチョコレートなどを選びましょう。

遠くから転入する場合は、引越前に住んでいた地域の名物のお菓子を贈るのがおすすめですよ。
コーヒーや紅茶を手土産に選んでもよいですが、茶葉は弔辞などで用いられるため避けた方が無難です。

日用品は、誰もが使うオーソドックスな商品で、且つ、消耗品が相手に喜ばれます。
タオルや洗剤、石鹸、またはサランラップなどのキッチン用品などがよいでしょう。

最近では、固形石鹸を使わない家庭も増えているので、固形石鹸の代わりにハンドソープを贈るのもおすすめです。
少しこだわりの、オーガニックのハンドソープなんかが喜ばれると思いますよ。

引越し挨拶の手土産にのしは付けた方が良い?書き方は?

引越挨拶の手土産にも、できれば熨斗を付けた方が丁寧です。
熨斗は、手土産を購入するとき、お店の人に頼むとつけてくれますので、対応してもらいましょう。

引越し挨拶の手土産の熨斗には、紅白蝶結びの水引きのついた慶事用のものを選びます。
水引きが印刷された、簡易用の熨斗でかまいません。

のしの表書きは、「御挨拶」もしくは「粗品」とします。
水引きの下の部分に、送り主(あなた)の名前(苗字だけ)を書きます。

お店の人に、引越挨拶用ですと言えばちゃんと相応しいものを用意してくれますよ。

まとめ

以上が、引越し挨拶の手土産についてです。
これからお付き合いして行くご近所様へのご挨拶ですので、最初が肝心ですよね。
ですが、引越し挨拶の手土産ではやりすぎは禁物ですよ。
相手に「お返しをしなきゃ」という気遣いをさせない程度の「ほんの気持です」を表す手土産を用意しましょう。

スポンサードリンク

この記事も一緒に読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ