引越しに縁起の悪い月や日は?良い月や日は?最初に入れるものは?

hikkoshi


現在マイホームを新築中で、近々引越す予定です。
実家の両親に、引越しには縁起が良い日や悪い日良い月悪い月があることや、最初に新居へ運び入れると縁起の良いものがあると聞きました。
やっぱり一生住む場所への引越しなので、縁起の善し悪しは気になります。
新居への引越しには、せっかくなら縁起の良い日を選びたいものですよね。
それでは、引越の良い日や月悪い日や悪い月、それに最初に入れると縁起の良いものについてお話しますね。

【注目!】嵐のような電話攻撃を受けない引越し見積もりサイト【引越しラクっとNAVI】

引越しに縁起の悪い月や日は?

まず、引越を避けた方がよい、引越に縁起の悪い月や日についてです。

引越しを避けるべき月は、1月、5月、9月です。

これは昔、親戚や隣近所の手を借りて引越しを行っていた時代、これらの月は正月や田植え稲刈りなどで忙しく、引越しをすると皆に迷惑であるという考えから、控えるべきであるという風習が生まれました。

現在でも、この頃の風習は続いていて、1月、5月、9月は引越しに縁起の悪い月と言われています。

しかし、理由からしてこの月に引越をすると悪いことが起こるということではないのでご安心下さい。
マイホームの完成時期の兼ね合いで、引越の月は動かせない場合もあるかと思いますし、月についてはあまり神経質にならなくても良さそうです。

続いて、引越しをすると縁起が悪いとされている日についてお話します。

引越しの日取りを決めるときは、六曜で考えます。
引越しに縁起の悪い日は、「先勝の日の午後(夕方〜夜は除く)、友引の日の午後、先負の日の午前、赤口の日(11時〜13時は除く)、仏滅の日」です。

なお、()内の時間帯は吉日とされていますので、上記の日に引越す場合はこの時間帯に行うと良いでしょう。

引越しに縁起の良い月や日は?

引越しに縁起の良い月は、先ほどお話した引越に向かないとされている1月、5月、9月以外の月です。

月に関しては、特に縁起が良い月というものはないようです。
縁起でいえば、「月よりも日」の方が大切という考え方です。

引越しに縁起の良い日は、六曜のうち、「大安の日、先勝の日の午前、友引の日の午前、先負の日の午後」と、先ほどお話した縁起が悪いとされている日の()内の時間帯です。

スポンサードリンク

大安吉日」というように、特に大安の日が縁起が良いとされています。
やはり、大安は最強ですね。

引越しで縁起担ぎに最初に入れるものは?

引越しで縁起を担ぐために最初に入れるものは、「味噌や醤油、お米」などの食べ物です。

これは、「食べ物に困ることがないように」という縁起担ぎです。
また、お米の代わりに、釜(炊飯器)を最初に持ち込むこともあります。

食べ物の次には、「着るものに困ることがないように」という縁起を担いで、衣類を入れます。

地域によっては、引越しの日や前日に玄関先に「盛り塩」を行います。
これは、「御祓いや清め」という意味の他に「人寄せ」の縁起担ぎも兼ねています。

まとめ

以上が、引越に関する縁起担ぎのお話でした。
やはり、引越しはこれから暮らす場所への移動ですから、できれば縁起担ぎをしておきたいですよね。
無理に縁起の良い日を選ぶ必要はありませんが、可能な限り縁起の良い日を選ぶと気持ち的にも楽だと思いますよ。

スポンサードリンク

この記事も一緒に読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ