桜餅の道明寺と長命寺の違いは?道明寺や長命寺の由来は?

sakuramoti


桜餅と言えば、ピンクのクレープのような生地にあんこが包まれてる和菓子だってずーっと思ってたんですけど、主人の実家に帰省した時にそれは違うってことになってびっくり!どうやら、桜餅には道明寺長命寺という2種類があるみたいですね。
それぞれの違い由来は何でしょう?
ひな祭りと言えば桜餅ですよね。
みなさん自分が食べてる桜餅こそが唯一無二の桜餅と思われてることが多いですが、ふとしたタイミングで道明寺長命寺という2種類の桜餅の存在に気付かれることがあります。
道明寺長命寺は、一体どう違うんでしょう。
それぞれの違いや、由来についてご説明したいと思います。
スポンサードリンク

桜餅の道明寺と長命寺の違いは?

ずばり、この2種類の桜餅である道明寺と長命寺は、関東と関西の違いでもあります。

関東の桜餅が「長命寺」で、関西の桜餅が「道明寺」や「関西風桜餅」と呼ばれています。

これらは、名前の違いだけでなく桜餅自体も異なります。

sakuramochi

こちらが関東の桜餅「長命寺」です。
小麦粉などを焼いた作ったクレープ状の皮であんこを巻き、それを桜の葉でくるんだ桜餅です。

餅と名がつくものの、食感はあまり餅っぽくはありません。

sakuramochi2

そしてこちらが関西の桜餅である「道明寺」です。
道明寺は、道明寺粉(蒸したもち粉を乾燥させ粗びきしたもの)で作ったお餅を桜の葉で包んだ桜餅です。
こちらは、名前の通り、餅の食感を楽しむことができます。
また、お餅は道明寺粉の特徴である粒々感が残っています。

桜餅の長命寺の由来は?

長命寺が考案されたのは、1717年、江戸時代のことです。
長命寺というお寺で門番をつとめていた山本新六が、参拝客をもてなすために、隅田川土手の桜の葉を用いて作ったお菓子が始まりだといわれています。

当時、将軍の命により隅田川の土手には桜が植えられていたのです。
山本新六が作るお菓子がおいしいと江戸中が評判となり、桜餅として定着しました。

桜餅の道明寺の由来は?

道明寺の由来は、その名の通り、道明寺粉を使っているからです。
元々、桜餅は長命寺の方が先にできたと言われています。
長命寺の桜餅が上方へと伝わる過程で、外の皮の部分が道明寺粉に変わったと考えられています。

また、大阪にある道明寺というお寺で、保存食として道明寺粉を使用して作られていたものが起源とも言われています。

まとめ

以上が、桜餅の道明寺と長命寺の違いやそれぞれの由来についてです。

上記の通り、道明寺と長命寺では、見た目も食感も異なりますが、どちらも桜の葉でくるんであり、ピンクの桜色、春を彩るにはぴったりの和菓子です。

最近では地域に関係なく、スーパーでも道明寺と長命寺が並んで売られていることが多いです。
今年のひな祭りには、慣れ親しんだ桜餅にプラスして、もう一つの桜餅を試してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

この記事も一緒に読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ