上司への退職祝いの相場は?おすすめプレゼントは?のしの書き方は?

oiwai


お世話になった上司が来月退職されます。
これまでの感謝の気持ちを込めて、何か退職祝いを用意したいと思っているのですが、上司への退職祝い相場は?
喜んでもらえるおススメのプレゼントは?のしの書き方は?
お世話になった上司への退職祝いのプレゼント、とても素敵ですね。
ですが、あまりにも高価なものだと気を遣わせてしまうし、迷うところです。
それでは、上司の退職祝いのプレゼントの相場やおススメのプレゼント、それにのしの書き方についてお話しますね。
スポンサードリンク

上司への退職祝いの相場は?

上司への退職祝いを個人的に渡す場合の相場は、5000円〜10000円です。
それ以上高価なものを贈ると、かえって上司の方に気を遣わせてしまうことになりますので、注意が必要です。

また、個人的にではなく、同僚達でまとめて一緒に贈る場合は、もう少し高価なものにしましょう。
相場としては、一人頭1000円〜5000円程度となります。
ただし、退職祝いを連名で贈る場合には、一緒に贈る人達が納得する金額を設定することが大切です。
過去に退職された上司がいらっしゃる場合は、先輩などにリサーチしておくのも良いですね。

上司への退職祝いでおすすめのプレゼントは?

上司への退職祝いには、「お酒やお菓子、花束」などが一般的ですが、定年後の生活で使ってくれそうなもの(趣味のものなど)を贈るのもおすすめです。
上司の趣味を予めリサーチしておき、喜んでくれそうなものを選ぶようにしましょう。

ただし、上司のために選んだものであればどんなプレゼントでもOKというわけではないので注意してください。
マナーや慣習上、お祝いごとの贈り物としてはふさわしくないものがあります。

たとえば、(苦死を連想させ縁起が悪いため)やハンカチ(手切れを表すため)、日本茶(弔事に使われることが多いため)などは、ふさわしくありません。
また、上司に現金や金券を贈るのはマナー違反なので、退職祝いに現金や金券を渡すのはやめましょう。

上司への退職祝いのプレゼントののしの書き方は?

退職祝いのプレゼントののしには、紅白蝶結びの水引のついた慶事用のものを使います。
そして、のしの表書きは、「御祝、御礼、退職御祝」などが一般的です。

ただ、「御祝」では、退職する人が職場からいなくなることを喜んでいるようにも受け取れるため、これまでの感謝の気持ちを表すのであれば「御礼」と書く方がよいでしょう。

書き方に迷ったときには、シンプルに「記念品」と書くのもおすすめです。

ちなみに、目上の人に贈るときには「餞別」という言葉は使用してはいけません
「餞別」は、目上の人が、去りゆく目下の人に使用する言葉だからです。

のしの表書きの下段には贈り主の名前を書きます。
送り主の下段には上段よりも少し小さな字で書きます。
また、下段には苗字だけを記し、下の名前は書きません。

退職祝いを連名で贈る場合には、右から地位や年齢の高い順に書きます。
地位や年齢に差がない場合は、右から五十音順で記入します。

三人以上で退職祝いを贈るとき、名前を書く順番に悩んだら「○○課一同」という書き方をするのがおすすめです。
このときは、のしとは別に贈り主のリストを作成して、退職をする人に渡してあげます。

まとめ

以上が、上司への退職祝いにおすすめのプレゼントのポイントやのしの書き方についてです。
心のこもったプレゼントを贈られた側は、とても嬉しいものです。
お世話になった上司の人生の節目でもある退職に相応しいプレゼントを選んで下さいね。

スポンサードリンク

この記事も一緒に読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ