ひな祭りに甘酒を飲む理由は?白酒との違いは?アルコールは含まれる?

amazake


この間スーパーのひな祭りコーナーに甘酒が置いてあったので、ひな祭りパーティー用に購入しました。
その時娘に「何でひな祭りに甘酒を飲むの?」と聞かれたんだけど、答えられなくて・・・
ひな祭りに甘酒を飲む理由は?
白酒もひな祭りに飲まれるけど、甘酒と白酒の違いは?
甘酒や白酒にはアルコールは含まれる?
ひな祭りの定番である甘酒や白酒ですが、ひな祭りに飲む理由はあまり知られていませんよね。
そもそも甘酒と白酒は同じ物なのでしょうか。
それに、アルコールが含まれているのかどうかも気になりますよね。
それでは、ひな祭りに甘酒を飲む理由甘酒と白酒の違い、そして甘酒や白酒にはアルコールが含まれているかどうかについて解説しますね。
スポンサードリンク

ひな祭りに甘酒を飲む意味は?

元々、ひな祭りには甘酒でなく白酒を飲んでいました。

白酒をひな祭りに飲むのは、白酒に厄除けの効果があるためです。
言い伝えでは、大蛇を宿してしまった女性が3月3日に白酒を飲めば、胎内の大蛇を流産させることが出来ると言われています。
胎内に悪い子が宿らないように、女の子のお祭りであるひな祭りに白酒を飲むようになったのです。

さらに、中国では桃香酒と呼ばれる白酒が長寿の象徴でもあります。

つまり、長寿と厄除けを願ってひな祭りに白酒が飲まれるようになったのです。

白酒から甘酒に変わったのは、白酒を飲めない子どもが飲めるようにするためです。

ひな祭りに飲む甘酒と白酒の違いは?

甘酒と白酒は、どちらも白濁していて甘い飲み物ですが、同じ物ではありません。

白酒は特有の香りがあり、アルコールが含まれるお酒です。
甘酒はお米と米麹を混ぜ発酵させた飲み物で、見た目は濁り酒のように白濁しています。

また、白酒は酒造屋さん以外は許可なく製造することは禁止されていますが、甘酒は家庭でも簡単に作ることができます。

たまに神社やお祭りで「甘酒です」と言って、透明なお酒をふるまっていることがありますが、これは甘酒ではなく、白酒です。

甘酒や白酒はアルコールを含んでる?

甘酒にはアルコールは入っていません。
なので、甘酒は「酒」とつくものの、法律的にはソフトドリンクの扱いです。
ただ、酒粕で作る甘酒にはアルコールが含まれていることがあります。
子どもに甘酒を与えるときには、アルコールを十分飛ばしてから与えて下さい。

一方、白酒にはアルコールが入っており、アルコール度数は9%です。
白酒のアルコール度数はビールやチューハイよりも少し高めです。

まとめ

以上がひな祭りの甘酒・白酒についてです。

上記の通り、白酒は子どもは飲むことはできません。
子供でも飲める様にと、白酒のかわりに甘酒がひな祭りで飲まれる様になりました。

甘酒は、酒粕で作られたものなど一部アルコールを含むものがあるので注意は必要ですが、基本的には子どもも飲むことができます。

ひな祭りパーティーをする場合や子どものために甘酒を買うときには、念のため購入前にアルコールが入っていないことをチェックしてください。

この記事も一緒に読まれてます

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ