その原因、Xにあり! 口内炎や口の渇きに口臭や歯周病は大病のサイン?対策や予防法は?

haita


2017年8月11日放送の「その原因、Xにあり!」は、口からわかる大病スペシャルです。
口内炎や口の中が乾く、口臭、歯周病など普段よくある口の中の症状が、実は大病かもしれないという内容です。

必ずしも大病とは限りませんが、もしかしたらと思うと不安になりますよね。

これらの具体的な症状や対策、予防法について紹介したいと思います。

スポンサードリンク

口内炎と似ている病気舌ガンの症状

口内炎の症状と言えば、口の中の頬の内側部分や舌、歯茎などにできるあのやっかいな出来物ですよね。
多くの人が経験したことがあるかと思いますが、できると食べ物がしみたりして地味に辛いですよね。

よくある口内炎は、ストレスや寝不足などにより免疫力が低下していることが原因の一つであるため、時間の経過とともに治癒するものですが、口内炎だと思っていたら実は舌ガンだったということもあるんです。

舌ガンとは

舌ガンとは、読んで字のごとく舌の癌のことです。
口の中にできる癌のうち、約半数以上は舌ガンなんだそうですよ。

その原因は実は解明されておらず、一説によると喫煙や飲酒が関係しているのではないかと言われているそうです。
また、舌を慢性的な刺激も舌ガンの原因の一つと考えられています。

舌は食べ物を食べたり、会話をしたりと私たちが生活する上で重要な役割を持っていますので、早期発見による治療が望まれます。

舌ガンの症状

舌ガンは、主に舌の両端部分にできるようで、逆に舌の表面部分の内側や先端部分にできることは殆どないようです。

症状としては、両端のどこかに硬いしこりのようなものができます。
歯に当たって痛みを伴ったり、自分で確認することもできるので、割と早期に発見されるケースが多いようです。

また、初期の症状では、白色や赤色っぽいため見た目にも発見されやすいです。

口内炎と舌ガンの症状の違いや見分け方

口の中の異変に気付いても、それを口内炎と勘違いしていたら発見も遅れてしまいますよね。
口内炎との症状の違いを知っておくことで、早期発見に繋がります。

舌ガンの口内炎と異なる特徴
・2週間以上続く
・舌と癌との境界線がわかりにくい
・患部のしこりが硬い
・それほど痛みを感じない

早期発見するためにも、日頃から口の中のチェックや定期的な歯科検診を受けることが大切です。
口の中に何かできたなと思ったら、軽く触って硬いしこりがあったり、2週間経過しても治らない場合はかかりつけの歯科医院や口腔外科を受診するようにしましょう。

口が渇くのは病気のサインかも?

続いては、口が渇くという症状に隠されている大病についてです。

口が渇くって、どのような状態かわかりますか?
喉が渇くのとはちょっと違いますよ。

通常私たちの口の中には唾液で潤っているので、渇いているという感覚はないかと思います。
ですが、例えば運動した後や鼻が詰まっていて口呼吸し続けた時など、口の中の唾液がなくなり渇いた状態になった経験ってありますよね?

そんな風に、口の中が渇いたりネバネバした状態が続いている場合、何かの病気のサインである可能性もあるんです。

その原因Xにありで紹介された、口の中が渇いている場合に考えられる病気は以下の通りです。

  • 肝硬変
  • 心筋梗塞
  • 腎不全

また、この他にも以下の病気も考えられます。

  • 糖尿病

糖尿病を発症すると尿の量が増えるため、脱水症状を引き起こし口の中が渇きます。

  • シェーグレン症候群
シューグレン症候群は自己免疫疾患の一種で、唾液腺の異常により唾液の分泌が抑えられるため口の中が渇きます。

さらに、病気以外が原因で、口の中が渇くこともあります。

  • 口呼吸
  • 緊張
  • 脱水症状
  • 加齢
  • 自律神経の乱れ
  • 更年期障害
  • 薬の副作用
  • 噛む回数が少ない

病気が原因ではなかった場合でも、口の中の渇きは、虫歯や口臭、歯周病、それに食欲不振などに繋がりますので油断は禁物です。
原因によって対策方法も異なりますが、上記の様な心当たりがない場合には病気も考えられますので、病院を受診することをオススメします。

口臭は臭いの種類で病気の可能性が

続いては、口臭に隠された病気についてです。

最近子供に口が臭いと言われた!
自分の口の臭いが気になる!

なんてことはありませんか?

加齢のせいかな?なんて思っていたら、病気である可能性もありますので注意が必要です。

この原因Xにありでは、病気によって口臭の臭いの種類が異なることが紹介されていました。

  • 肺がん・胃がん:肉の腐敗臭
  • 肝炎・肝硬変:アンモニア臭
  • 腎臓の不調:魚の腐敗臭
  • 糖尿病:果物の腐敗臭

また上記以外にも、口臭には以下の様な病気が考えられます。

  • 歯周病・歯肉炎:玉ねぎの腐敗臭
  • 蓄膿症・副鼻腔炎:生臭い
  • 胃潰瘍:肉の腐敗臭
  • 肺結核・肺腫瘍:肉の腐敗臭
  • カンジタ感染:焦げ臭い

腐敗臭とかアンモニア臭とか、相当な臭いであることは間違いありません。

口臭のセルフチェック方法

ビニール袋に息をフーッと吹きかけて溜めます。
一旦新鮮な空気を吸った後、袋に溜めた息を鼻から吸うことで、自分の口臭をチェックすることができますよ。

病気以外に考えられる口臭の原因もいくつか紹介したいと思います。

  • 起床直後
  • 緊張時
  • ホルモンバランスの変化
  • ストレス
  • 飲食によるもの
  • 歯周病や虫歯

歯周病菌が引き起こす大病とは

最後に、歯周病菌が引き起こす大病についてです。

ほとんどの人の口の中には、歯周病菌という常在菌が存在しています。

歯周病は、歯と歯茎の間にその歯周病菌が入り込み炎症を起こす病気ですが、歯周病菌が口の中に存在していても、免疫力が適正に働いていれば歯周病を発症することはありません。

例えば、歯を磨かなかったり口の中を不潔にしていると、歯周病菌が増殖してきやがて歯周病へと発展してしまいます。

歯周病は炎症を起こすと赤くなりますが、痛みはあまり伴わないため放置されがちです。
しかし、放っておくと歯を支えている歯肉が溶けてしまい、最終的には抜歯をしなくてはならなくなるため油断は禁物です。

更には、歯周病菌が原因となって大きな病気を引き起こすこともあります

歯周病菌が招く大きな病気
・心筋梗塞・狭心症
・脳梗塞
・誤嚥性肺炎
・動脈硬化
・腎炎

歯周病菌を減らすためには、毎日の正しい口内ケアが必要です。

その原因はXにありで紹介された、口内ケアの残念ポイントは以下の通りです。

  • 歯ブラシの動かし方が大きい
  • 磨く力が強い
  • 前歯を縦磨きしている

これらの磨き方は、歯茎を傷つけてしまいます。
歯茎が傷つくとそこから歯周病菌が入り込み、逆効果です。

歯周病予防のための正しい歯磨き方法
・柔らかめの歯ブラシを使う
・鉛筆を持つ様に握る
・歯ブラシは濡らさずに磨く
・力を入れず小刻みに磨く
・歯ブラシは1ヶ月ごとに新しくする

歯周病予防のための正しい歯磨きのタイミング

歯周病予防のためには、歯磨きのタイミングも大切です。

  • 食事の30分後に磨く
食事の直後は口の中が唾液により酸性になっているため、この状態で歯磨きをすると歯を傷つけてしまう恐れがあります。
そのため、中和させる30分後くらいが目安です。

  • 就寝前に磨く
寝ている間に口の中で歯周病菌や虫歯菌が繁殖するため、就寝前になるべく菌を減らしておくことが大切です。

  • 朝起きたらすぐ磨く
寝ている間に口の中で歯周病菌や虫歯菌が繁殖するとお伝えしましたが、一説によると、寝起きの口の中は肛門の周りよりも汚いらしいですよ。

歯周病予防にオススメの歯磨き粉



まとめ

口の中のトラブルの裏には、大きな病気が潜んでいる可能性があることがわかりました。
口の中だからと軽視しがちですが、何らかの異変に気付いた時は、何らかの病気が潜んでいる可能性もあるということを意識することも必要ですね。

この記事も一緒に読まれてます

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ