日焼け止めを顔へ塗る時の効果的な塗り方やスキンケアの順番

bihada


顔だけは絶対に焼きたくない!!

多くの女性(男性もかな)はそう思っているかと思います。

そんな人にとって、外出時の日焼け対策は必須ですよね。

特に顔を焼きたくない人は、日焼け止めは必須かと思います。

そこで、気になるのが日焼止めの効果的な塗り方やどの順番で塗れば良いのかということではないでしょうか。

日焼け対策に日焼け止めを塗っても、塗り方が間違っていると効果も激減してしまいます。

今回は、日焼け止めを効果的に塗る方法などについて紹介します。

飲む日焼け止めの選び方!日焼け止めサプリ徹底比較とおすすめはコレ

スポンサードリンク

日焼け止め顔への効果的な塗り方

紫外線が多くなる季節になると毎日、日焼け止めをつけて外出することが多くなりますね。

日焼止めはきちんと塗っても塗り方が適切でない場合は、日焼をしてしまうことがあります。

日焼止め塗っているのに日焼けをしてしまう方は、塗り方を見直してみて下さい。

日焼け止めの前に保湿を

日焼け止めは、保湿の後に塗るのが効果的な塗り方です。
肌が乾燥している状態では、日焼けをしやすいのできちんと保湿をすることが大切です。

また、化粧水の後や、乳液などで保湿をした後は、約5分程度時間が経ってから日焼け止めを塗った方が日焼止めの効果を発揮することができます。

日焼け止めが肌になじんでからメイクを

お化粧の下地やファンデーションを塗る時は、日焼止めが肌になじんでから次にステップに進むようにします。

日焼け止めがなじんでいない状態でファンデーションなどを塗ってしまうと、白いカスのようなものが肌から出てしまうことがあります。

また、使用する日焼止めは、汗をかいても落ちにくく、肌になじみやすいクリームタイプの日焼け止めがおすすめです。

日焼け止めの効果的な塗り方
1.日焼止めクリームを適量を手に取ります。

2.顔に大まかに置いていきます。置く場所は、おでこ、両方の頬、鼻、顎の5か所。

3.日焼止めをクリームを置いた場所を指先全体を使って伸ばしていきます。

4.両方の頬から伸ばしていき、おでこ、鼻、顎の順番に日焼止めクリームを広げていきます。

塗る時は強く塗らずに指先で優しく塗ります。

日焼け止めとスキンケアの順番は?

日焼をしないためには、日焼け止めの塗り方やスキンケアの順番が重要となります。

順番を間違えたり、塗り方が適切でない場合は、日焼け止めの効果が十分に発揮されません。

日焼止めが十分に発揮できるスキンケアの順番を紹介します。

1. 洗顔
まずは石鹸などで優しく洗顔をしてからぬるま湯で泡をしっかり洗い流します。

2. 化粧水
化粧水は肌がしっとりするくらいまでたっぷりつけます。
化粧水の量が少ないとお化粧のノリが悪かったり、化粧崩れの原因となります。

3. 乳液またはクリームの保湿剤
乳液やクリームなど普段使用している方法で保湿します。
保湿剤を塗った後は余分な油分を取り除くためにテッシュなどで軽く押さえるようにします。

4. 日焼止めクリーム
ここでいよいよ日焼け止めクリームの登場です。
適量をとって顔に塗ります。

5. 化粧用の下地
ファンデーションを塗る時のムラが少なくなるように化粧下地をつけます。
また化粧下地はファンデーションを伸ばしやすくするための役割もあります。

6. ファンデーション
化粧下地をつけたら通常どおり、優しくファンデーションを塗っていきます。

7. フェイスパウダー
リキッドファンデーションを使っている方は仕上げにパウダーをつけると透明感のある肌に仕上がります。
SPFが含まれるフェイスパウダーがオススメです。

日焼け止めを顔へ塗るときの注意点

日焼止めの効果をしっかり得るためには、注意しなければいけないことがいくつかあります。

  • 外出の15分〜30分前に塗る

日焼止めの効果が発揮するのは、塗ってから約15分〜30分経過してからになります。
ですので、外出直前よりも余裕を持って塗るのが効果的です。

  • UV製品の過剰使用に注意

日焼けをしたくないという女性の方の気持ちは分かりますが、UVカットの商品ばかり使用していると肌に負担がかかってしまいます。
日焼止めを塗る場合、化粧下地やファンデーションはSPFやPAの弱いものを選ぶとお肌にも優しいですね。

  • 紫外線散乱剤のものを選ぶ

日焼け止めクリームを探していると、紫外線吸収剤や紫外線散乱剤などが配合されたものを見かけます。
紫外線吸収剤は、入っている成分が酸化したり化学反応を起こすことで肌に負担がかかることがあります。
ですので、顔に塗る日焼け止めクリームは、紫外線吸収剤を避けて紫外線散乱剤の入ったものを選ぶようにします。

  • 日焼け止めを塗ったらきちんと落とす

日焼止めは成分が強いものがあるので、塗ったら必ず洗顔をして落とすようにします。
日焼け止めクリームが残っていると肌に負担がかかり肌が荒れたり、吹き出物などができてしまう原因になります。
帰宅後したらなるべく早く日焼け止めクリーム落としてあげて肌への負担を軽減してあげてくださいね。

まとめ

日焼け止めを顔へ塗る時の効果的な塗り方や、日焼け止めとスキンケアの順番について紹介しました。
夏場は紫外線が強く降り注ぐので、効果的に日焼け止めを使用して紫外線から肌を守りたいですね。

この記事も一緒に読まれてます

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ