溶連菌は大人にも感染する?大人に感染した時の症状は?感染経路は?

virus2


4歳の娘が溶連菌に感染しました。
保育園で流行していて、遂にうつってしまったんです。
家族への二次感染が心配ですが、溶連菌は大人にも感染するのでしょうか?
感染する場合、症状は重い?それとも軽く済む?
それに感染経路は?
溶連菌は、集団生活を送る中で避けて通れない感染症ですよね。
毎年保育園や幼稚園では流行する感染症でもあります。
お子様が感染した場合、看病するお母さんにも感染してしまうのではないかと心配になりますよね。
それでは、溶連菌は子供の病気のイメージですが、大人にも感染するのか、感染した場合どのような症状が出るのか、そして感染経路についてお話したいと思います。
スポンサードリンク

溶連菌は大人にも感染する?

溶連菌は4歳から15歳くらいの子供に多い感染症ですが、大人でも感染する可能性はあります。

特に、体調を崩していたり、ストレスや疲労などから免疫力が低下している場合は、溶連菌に感染する可能性が高まります。

また妊婦の方も免疫力が落ちているので感染しやすい状態と言えます。

溶連菌が大人に感染した場合の症状は?

溶連菌に感染した場合、大人と子供では症状が若干異なります。

大人と子供が溶連菌に感染した主な症状をあげてみます。

●子供の症状
・咽頭痛
・高熱
・発疹
・いちご舌
舌は白っぽくなり約4日から5日で赤いぽつぽつしたイチゴ舌になるのが一般的です。

●大人の症状
・咽頭痛
・頭痛
・発熱
・咳
・下痢や嘔吐

読んでも分かるように大人の感染は風邪症状と似ています。

そのため溶連菌に感染したと思わずに放置してしまうことがあります。
軽い症状の場合や、抵抗力があれば自然治癒しますが、場合によってはリウマチ熱や猩紅熱、急性糸球体腎炎などの合併症を併発する可能性もあるので注意が必要です。

このように大人の方の症状は軽いですが、そのため風邪と勘違いして放置すると重大な病気を発症してしまう可能性もあります。

溶連菌の感染経路は?

溶連菌は溶血性連鎖球菌の略で省略して「溶連菌」と呼んでいます。

時期は秋頃から春先にかけて多く発症します。

潜伏期間は1日〜4日で感染経路は咳やくしゃみによる飛沫感染、溶連菌に触れた手で物を口に運ぶ経口感染があります。

そのため感染者とタオルや食器類を共用しないことが大切です。

まとめ

溶連菌感染症は子供に多い病気ですが、大人でも感染、発症するということがわかりましたね。

そして風邪と紛らわしいため、放置してしまい重病を患ってしまうこともあるため油断は禁物です。

家族の間でも感染しやすい病気なので、家族間で感染者が出たらマスクを着用したり、手洗いやうがいを実行して感染を防ぐようにしましょう。

この記事も一緒に読まれてます

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ