花粉症で咳が出ることはある?気管支炎になることは?何科を受診すべき?

seki2


毎年花粉症が辛くて辛くて・・・
でも今年はやけにが出るんだけど、咳も花粉症の症状なのかしら?
ひどい時は息苦しいくらいの咳が出ることもあるので、放っておいたら気管支炎になったりしないかしら?
病院に行こうかと思うけれど、何科を受診すれば良いのかわからなくて。
毎年訪れる花粉症の季節は、花粉症の人にとっては辛い季節ですよね。
くしゃみや鼻水、目の痒みも辛いのに、そこへも加わると本当に大変だと思います。
それでは、花粉症が原因でが出たり気管支炎になることがあるのか、そして花粉症で咳が出ている場合何科を受診するべきなのかについて、お話したいと思います。
スポンサードリンク

花粉症で咳が出ることはある?

花粉症の一般的な症状は、くしゃみ鼻水、目の痒みなどが主な症状になりますが、咳も花粉症の症状のひとつに入ります。

「咳があるから風邪なのかな?」と思われる方もいるかもしれませんが、花粉が喉に付着するとアレルギー反応を起こします

その結果、体を守る反応として咳が出るのです。

花粉症の季節に咳が出始めたら、気管支にもアレルギー反応が出たと思っても良いでしょう。

人は通常、鼻で呼吸をしているため花粉も鼻の粘膜で止まります。
しかし、口で呼吸をすることが多い人は花粉が喉に付着しやすく、アレルギー反応を起こしやすくなります。

鼻がつまって苦しいからと言って口でばかり呼吸をしていると、喉にも症状があらわれてしまいます。

花粉症の咳から気管支炎になることはある?

花粉症で喉に症状がある場合は「アレルギー性気管支炎」「アレルギー性咽頭・喉頭炎」と呼ばれます。

花粉が喉に付着した結果、アレルギー反応として発症します。

また咳のほかに喉の痒みや痛みなども伴うこともあります。

アレルギー性気管支炎の咳は、痰を含まない乾いた咳から始まって徐々に湿性の咳へと変化します。
このように花粉症でもアレルギー性の気管支炎を起こすことがあると言えます。

花粉症で咳が出る場合何科を受診すれば良い?

「くしゃみ、鼻水、目の痒み」があり、花粉症と分かっていれば耳鼻咽喉科を受診すれば良いことはお分かりですよね。

でもここに咳が加わると、風邪との区別が付きにくく、判断に困ることもあるかと思います。
その場合、耳鼻科と内科どちらを受診すべきか迷ってしまいますよね。

呼吸器系の病気かどうか、咳の原因を知りたいなら内科を受診することをおすすめします。
その際に、花粉症の症状もあることも伝えておきましょう。

まとめ

一言に花粉症と言っても症状はさまざまです。
くしゃみや鼻水だけですむ人もいれば、咳が加わる場合もあります。

特に、鼻がつまると口で呼吸をしたくなりますが、今度は喉の粘膜まで影響が出てしまいますので注意が必要です。

アレルギー性気管支炎の予防のためにも、外出するときはマスクをするなど喉にも花粉対策をしてあげましょう。

また春に限らず夏や秋に多いよもぎやイネ科などの花粉症でも、同じことが言えます。

この記事も一緒に読まれてます

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ