風邪の時の辛い関節痛の原因を徹底解説!治す方法や薬はあるの?

mask3


風邪をひくと決まって関節痛が起きて辛いです。
先日も、風邪をひきましたが関節痛がひどく、2日間寝込みました。
なぜ風邪の時に関節痛が起こるのでしょうか。
風邪で関節痛が起こった場合、治す方法や薬はあるのでしょうか。
風邪の時に関節痛が起きることはよくあります。
特に、インフルエンザの時はひどくなりますよね。
風邪の時に関節痛を起こす原因は、免疫の作用にあります。
それでは、風邪の時の関節痛の原因と、治す方法や薬についてお伝えしますね。

風邪の時の関節痛の原因は?

風邪をひいたということは、ウイルスに感染したということです。

ウイルスに感染すると、身体の中に異物が入ってきたことを感知するセンサーが働きます。
異物を感知したセンサーは、サイトカインというたんぱく質を作ります。

サイトカインには多くの種類があり、免疫細胞の情報伝達をする役割や免疫細胞を活性化する役割があります。
サイトカインは脳にも情報を伝達したいのですが、脳には関門があってサイトカインは脳を通れません。

そこで、プロスタグランジンE2(PGE2)という物質を作り、脳の視床下部という場所に働きかけます。
PGE2は視床下部に働きかけて、視床下部は体温を上げるように身体に働きかけます。
体温が上がると、白血球の働きが活発になるなど、身体の免疫機能が働き易くなるためです。

このようにサイトカインとプロスタグランジンE2は、免疫機能を上げるために欠かせない物質です。
しかし、サイトカインは関節を包む膜の1つである「滑膜」を刺激するので関節が痛みます。
また、プロスタグランジンE2は発熱だけでなく、手や足の炎症性の痛みも起こします。

つまり、風邪により低下した免疫機能を上げるために働くサイトカインとプロスタグランジンE2の副作用によって、関節痛が起こるという訳です。

風邪の時の関節痛を治す方法は?

風邪の時の関節痛は、免疫機能を活性化するための物質、サイトカインとプロスタグランジンE2によるものとお伝えしました。

風邪の時の関節痛は、サイトカインとプロスタグランジンE2による副作用のようなものです。
サイトカインとプロスタグランジンE2は、炎症作用を抑える働きもありますから、風邪が治れば痛みもおさまります

風邪をひいたら、自分の免疫機能をフルに働かせて早く治しましょう。
それが、風邪の時の関節痛を早く治す方法でもあると言えますね。

スポンサードリンク

風邪を治すためには、栄養と休養です。
身体を暖かくして、ゆっくり休みましょう。
食事ができるようなら、消化のよいものを食べましょう。

風邪の時の関節痛に効く薬は?

さて、いくら自分の免疫機能を働かせるためとはいえ、関節痛が酷いと充分に休養がとれませんね。
そのような時には、湿布薬や風邪薬を使って痛みを和らげましょう。

風邪薬は、関節痛に効く作用のあるものを選びます。
目安としては、頭痛や関節痛で眠れない、食べられないという時にだけ使うようにします。

風邪薬を飲むと、免疫機能を抑えてしまう可能性もあるので、痛みがガマンできない時にだけ使うようにしましょう。

まとめ

風邪の時の関節痛は、自己免疫機能を活性化するサイトカインとプロスタグランジンE2という物質により起こります。
風邪が治れば、これらの物質による関節痛もなくなります。

栄養と休養で、風邪を早く治すことが関節痛を早く治す方法でもあります。
関節痛が酷い時だけ、関節痛に効く成分が入っている風邪薬を飲みましょう。

この記事も一緒に読まれてます

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ