花粉症のレーザー治療の効果を解説!痛みや副作用も知っておこう

hanamizu
毎年花粉症に悩まされてます。
色々な対策を試したけど、どれもイマイチ効果なくて・・・
鼻水にくしゃみ、目の痒みが治まることがなく、花粉症の季節は辛くて仕方ありません。
この間、テレビで花粉症のレーザ治療について取り上げられているのを見ました。
効果があるなら試してみたいけど、痛み副作用はあるのかしら?
毎年やって来る花粉症の季節ですが、かかった人でないとわからないつらさがありますよね。
症状がひどくてどうしようもない人や、薬に頼りたくないという人にレーザー治療という選択肢があります。
鼻の粘膜にレーザーを照射して症状を緩和する方法ですが、治療法について分からないという方も多いと思います。
それでは、花粉症のレーザ治療効果や、痛み副作用についてお話しますね。
スポンサードリンク

花粉症のレーザー治療は効果ある?

最近テレビなどのメディアで取り上げられている花粉症のレーザ治療ですが、果たして効果はあるのでしょうか。

花粉症のレーザー治療は、鼻の粘膜にレーザーを当てることでアレルギーに対する反応を弱めることが期待できる治療方法です。
花粉症が始まる時期の前にレーザー治療を終了させることで、より高い効果が得られると言われていますが、平均的な効果の持続は1年〜2年とされています。

ちなみに、レーザー治療は、鼻水や鼻づまりなどの症状を緩和するものなので、花粉症が治るものではありません

また、レーザー治療は残念ながら目の痒みなどの、目の症状には効果が発揮できません

効果についてはやはり環境に左右されます。
例えば、レーザ治療を行っても、花粉が多く飛んでいる日はあまり効果が出なかったり、外で仕事をする機会が多い人には普段と変わらないくらい鼻水やくしゃみなどの症状がでてしまうこともあります。

個人差もありますので、慢性副鼻腔炎(蓄膿症)の人や鼻中隔湾曲症の人などは、効果が得られにくいと言われています。

花粉症のレーザー治療は痛みがある?

レーザー治療は粘膜の表面に麻酔薬を塗って麻酔をしてから行います。
そのため痛みをほとんど伴うことなく治療を受けることができます。

またレーザーは照射する術式なので、出血も少量ですみます。

痛みの程度には個人差があるので、必要に応じて麻酔薬の量を適宜追加しながら治療を行なっていきます。

治療中は麻酔を使用するため痛みを感じませんが、治療後は麻酔もきれるため痛みが生じてきます。

痛みを抑えるため痛み止めの薬が処方されます。

花粉症のレーザー治療の副作用は?

レーザー治療のため副作用は少ないと言われていますが、代表的な副作用として

・過度の鼻の粘膜の萎縮
・鼻涙管が閉塞することによって起こる流涙
・鼻の粘膜の癒着

などがまれに起こることがあります。

また、照射によって鼻の粘膜が腫れたり、くしゃみや鼻水、鼻づまりなどの症状が数週間出ることがあります。

そのほか医師の治療技術に左右されるので、鼻涙管を痛めてしまうと流涙が続くことがあります。

治療後は鼻の粘膜が癒着しないためにも、医師の指示に従い通院を守りましょう。

まとめ

花粉症の治療法として注目されているレーザー治療ですが、効果には個人差があるようです。

また、経験の少ない医師が行うと、流涙が長期間続くなどの原因にもなりますので、病院選びは慎重に行いましょう。

治療を受ける際はきちんと医師と話し合い、納得した上で受けるようにしたいですね。

花粉症のシーズンが到来する前に治療を行ない、症状を軽減できれば良いですね。

この記事も一緒に読まれてます

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ