かかとがカサカサ乾燥して痒いのはナゼ?原因と対策や水虫との違い

kakato2


かかとがカサカサして痒い!ということありませんか?
特に、靴を履いているときに痒みが起こると、掻くに掻けずムズムズしちゃいますよね。

かかとの痒みの原因やと対策や、水虫との違いに付いて話したいと思います。

スポンサードリンク

かかとが乾燥して痒い原因は?

かかとが乾燥して痒くなる原因にはどのようなものがあるのか、早速見ていきましょう。

1.かかとの角質の乾燥

冬の乾燥する時期にかかとがカサカサして痒い原因は、角質が乾燥していることが考えられます。

かかとは歩いたり、走ったり、地面と接することが多いので、刺激を受けて角質が肥厚したり、乾燥によりひび割れが起きたり、酷い時は出血することがあります。

2.足白癬(水虫)

白癬菌が原因となって起こるいわゆる水虫です。
白癬菌は高温多湿の環境を好むため、足など蒸れやすい場所に発生します。

水虫と言えば、指と指の間にできることが多いですが、実はかかとにもできるんですよ。

かかとにできる水虫は、足の指にできる水虫と比較すると痒みは少ないため、乾燥と間違ってしまうことがあります。

冬場だけでなく、夏場でも乾燥しているようなら水虫に感染している確率が高くなります。

3.異汗性湿疹(汗疱)

異汗性湿疹は足の裏に小さな水疱が多発して、痒みを伴うことがあります。
汗を多くかく方に見られ、汗腺が詰まることが原因とされています。

水虫と異なり感染することはありませんが、時間が経つと水泡が破れてやがて皮膚が剥がれ落ちます。

4.老化

加齢と共にかかとの角質部分が厚くなり、更に乾燥により痒みが起こります。

かかとの水虫と乾燥の違いは?

以上のようにかかとが痒くなる原因としては真っ先に乾燥が疑われますが、その他にもや水虫など病的なことが要因となって痒みが起こることがあります。

それでは、乾燥によるものなのか、水虫によるものかはどうやって判断すれば良いでしょうか。

水虫と乾燥の見分け方としては、季節問わずカサカサしていて痒いかどうかがわかりやすいかと思います。
水虫は冬場に限らず夏でもカサカサ乾燥して痒みが伴いますので、夏でもかかとが乾燥している時は水虫にかかっている可能性があります

また、かかとの水虫は角質が徐々に肥厚して白い粉をふいたような状態になります。
更に長年放置することでひび割れた状態になってきます。

水虫の場合

  • 夏でもかかとの角質が厚く、乾燥している
  • 保湿ケアをしても乾燥が改善されない、または悪化している
  • 足の爪が白っぽく変形している
  • 片足のかかとだけが酷く乾燥している
  • 足の指に水虫ができている

以上のような症状がある時は乾燥ではなく、水虫に感染している可能性があります。

乾燥している場合

  • 保湿ケアにより改善する
  • 両方のかかとが乾燥している
  • 夏になると乾燥が軽減する

自分で見分けるのが難しい時は、皮膚科を受診して検査をしてもらえば水虫か乾燥か、あるいはその他の原因によるものかを判断してもらえますし、その原因に合った薬を処方してもらえます。
原因に合わせた対処法が分かれば、症状の緩和も早まります。

スポンサードリンク

かかとが乾燥して痒い時の対策

それでは、それぞれの症状に合った対策を紹介します。

乾燥が原因で痒い時の対処法

入浴後は皮膚の水分が奪われがちですので、入浴後素早く保湿を心がけるようにしましょう。
保湿剤を塗った後に靴下を履くなど、しっかりと保湿することで乾燥が和らぎます。

なお、乾燥した箇所を軽石などで擦ってしまうと症状が悪化するため軽石などでこするのはやめた方が良いです。

水虫による痒みの対策

水虫が疑われる場合は、まずは皮膚科で正確に診断してもらうことをお勧めします。
かかとは角質層が厚く市販薬によっては皮膚まで薬剤が浸透せず、効果が得られないことがあります。

皮膚科で専用の軟膏などを処方してもらい、正しい方法で処置した方が治りも断然早いです。

異汗性湿疹が原因の場合

痒みがある時は尿素系のクリームやサリチル酸ワセリンなどの保湿クリームが効果的です。
また症状が酷く湿疹ができている場合は、ステロイド剤を使用すると回復が早まります。
お医者さんの判断により、治療をしてもらいましょう。

加齢などによるかかとのひび割れ

加齢が原因によるかかとのひび割れや痒みには、やはり保湿が効果的です。
カサカサしている部分を少しだけ軽石で擦り、その後、化粧水を塗って尿素系クリームやワセリンで保湿すると効果的です。
また、保湿をした後は靴下を履くと更に保湿効果がUPします。

かかとのカサカサが気になって軽石ややすりで擦りたくなりますが、擦り過ぎは角質が荒れて更に乾燥を招いてしまうので擦り過ぎは禁物です。軽く擦る程度にして下さいね。

まとめ

かかとが乾燥して痒い時の原因や対策についてまとめました。

かかとの痒みは水虫が原因で起こることや、単純に乾燥が進んで痒くなっている場合があります。
かかとの痒みと言っても原因は様々なので、症状に合わせた対処法でケアすることが大切です。

また、なかなか改善しない時には、皮膚科を受診することをオススメします。

スポンサードリンク

この記事も一緒に読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ