インフルエンザで熱が出ない場合の症状は?検査や感染力は?

seki3


毎年冬になると猛威を振るうインフルエンザ。

インフルエンザの症状と言えば、高熱の症状が最も一般的ですよね。
しかし、中にはインフルエンザにかかっているにも関わらず、熱が出ないため普通の風邪と勘違いして他の人に感染させてしまうこともあるようです。

今回はインフルエンザで熱が出ない場合の症状や感染力について紹介したいと思います。
インフルエンザの流行時期に風邪かな?と思った時の参考にしてみて下さいね。

スポンサードリンク

インフルエンザで熱が出ない場合の症状は?

インフルエンザは必ず高熱が出ると考えがちですが、必ずしもそうとは言えません。
インフルエンザに感染していても、場合によっては熱が出ないこともあります。
では、インフルエンザで熱が出ない時はどのような症状が現れるのでしょうか。

熱がなくても次のような症状が見られるときは、インフルエンザに感染している可能性があります。

インフルエンザで熱が出ない時の症状
・頭痛
・咽頭痛
・咳
・関節痛・筋肉痛
・倦怠感
・悪寒
・鼻づまり
・鼻水
・吐き気
・下痢
・脈が速い

特にインフルエンザでは、頭痛、関節痛、筋肉痛、倦怠感、悪寒など全身症状が先に出ることがあり、中でも関節痛などじっとしているときに痛みを強く感じるのが特徴です。

なお、インフルエンザにはA型とB型がありますが、A型に感染すると悪寒や筋肉痛が先に出て、続いて鼻水や咳など呼吸器症状が出て来るのが一般的です。
そしてB型では下痢や吐き気など、消化器系の症状が強く出ます

インフルエンザで熱がでない場合考えられる理由とは?

・インフルエンザB型に感染している
B型に感染すると高熱が出ることは少なく、たいていは微熱程度ですんでしまうことがあります。

・風邪薬を内服した
悪寒や鼻水など風邪の初期症状と思い解熱鎮痛薬を内服すると、発熱などの症状が抑えられます。

・インフルエンザワクチンの予防接種を受けた
インフルエンザの予防接種を受けても感染することはありますが、症状が軽く済むことがあります。

・タミフルを予防薬として内服した
感染前や潜伏期間中にタミフルを予防薬として服用している場合は、熱がでなかったり、症状が軽減されます。

・高齢者である
発熱のメカニズムは体の外から侵入してきたウィルスと闘うための防御反応です。
熱が出ることにより外敵と闘うこことができますが、年齢が高くなるにつれ防御機能が低下してインフルエンザに感染しても発熱できないことがあります。

スポンサードリンク

インフルエンザで熱がでない場合も検査はできる?

家族や会社など周囲にインフルエンザに感染した人がいると、自分も感染しているのではないかと心配になりますよね。
特にそのタイミングで風邪症状が出てきたりすると、インフルエンザを疑う確率が高くなります。

インフルエンザの検査は熱が出てからでないと判定ができない、と聞いたことがある方もいるでしょう。

しかし、熱がなくてもある程度の時間が経過していて、検査判定に十分なウィルス量があれば検査をすることはできます。
逆に、検査を受けるタイミングが早すぎると、ウィルスの量が不十分で陰性と判定されてしまい、後日再検査になることもあります。

正しい判定結果を得るためには、頭痛や咽頭痛、関節痛などの症状が出てから12時間〜24時間経過した後に検査をすると良いでしょう。
発熱していなくても、先に挙げたような症状があり、24時間経過してウィルスが増殖していれば陽性と出ます。

熱がなく風邪のような症状でも、家族や周囲にインフルエンザに感染している人がいることを医師に伝えれば検査を受けることは可能です。

インフルエンザで熱が出ない場合の感染力は?

インフルエンザで熱の症状が出ない時でも、体内にウィルスを保有してういるため、他人に感染させてしまう恐れがあります。

特に感染してから3日間は感染力が強いため、熱が出ていなくても風邪のような症状がある時は注意が必要です。

インフルエンザと診断された場合は、たとえ熱がなくても自宅で安静にして外出を避けるようにします。
完治するまでは自宅療養して、他の人にインフルエンザウィルスをうつさないようにしたいですね。

なお、インフルエンザウィルスは「学校保健安全法」で定められた基準があり、解熱後2日は出席停止で(幼児に関しては3日間)、更に発症してから5日間を経過するまでは登校することができません
このように熱が出ていない場合でも、5日間は学校を休むように指示されています。

社会人の場合でも、子供の場合と同様に感染してから5日間は会社を休むのが理想です。
会社によっては、決まりとして定められている場合もありますよね。

会社を休むのが難しい場合は、かかりつけの医師に相談して診断書を書いてもらったり、会社の総務や人事課などに連絡をして指示を仰いでもらうと安心ですね。

インフルエンザの症状や対策

インフルエンザ予防接種前日や後にお酒を飲んでも良い?お風呂や運動は?
インフルエンザの潜伏期間中にタミフルは効果ある?他人への感染は?
妊婦がインフルエンザ 胎児への影響は?家族からの感染率や予防法は?
インフルエンザの食事で解熱後や食欲ありの時おすすめは?体力回復も
インフルエンザで腰痛はなぜ起こる?症状や緩和させるおすすめ対処法
インフルエンザで頭痛が!市販の頭痛薬を飲んでもいい?原因と対処法も
インフルエンザは自然治癒する?方法は?何日かかる?

赤ちゃんや子供のインフルエンザ

赤ちゃんがインフルエンザに!過ごし方やお出かけやお風呂はいつから?
赤ちゃんがインフルエンザ!機嫌が悪くミルクや母乳を飲まないときの水分補給
赤ちゃんがインフルエンザ脳症にかかった時の症状や原因と対策は?
子供がインフルエンザの時メニューやカロリーは?一緒に食べても大丈夫?
卵アレルギーの子供のインフルエンザ予防接種は?副作用や対処法は?
子供のインフルエンザで下痢や腹痛や嘔吐の対処法は?

まとめ

たとえ熱が出ていなくても、風邪のような症状が出ているときは注意しながら状態を観察して下さい。
特に、インフルエンザの流行時期や周囲の感染状況によっては、熱がなくてもインフルエンザを疑い、発症から12時間以上経過してから検査を受けることをおススメします。

スポンサードリンク

この記事も一緒に読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ