RSウイルスの潜伏期間は何日?潜伏期間中にもうつる?検査は?

mask2


子供が保育園や幼稚園などで集団生活を送るようになると心配なのは感染症ですが、今回は冬に流行するRSウィルス感染症についてです。
保育園や幼稚園などでRSウィルスが流行していたり、一緒に遊んでいたお友達がRSウィルスに感染してしまった場合、うちの子も感染してるかも?と不安になりますよね。

もしもRSウィルスに感染している場合・・・

  • 潜伏期間はどれくらい?
  • 潜伏期間中にも感染することがある?
  • 潜伏期間中に検査は可能?

こんなことが気になりませんか?
そんな疑問について、まとめてみました。

スポンサードリンク

RSウイルスの潜伏期間は何日?

冬になると乳幼児を中心にRSウイルスは広がっていきます。
1歳から2歳になる頃までに一度は感染し生涯にわたって感染を繰り返します。

通常、感染を繰り返しながら免疫力がつくので、RSウイルスに感染しても軽症ですむことがほとんどです。

しかし、免疫力が弱い生まれたばかりの赤ちゃんや1歳くらいまでの乳児や、心臓疾患の乳幼児が感染すると重症化しやすいので注意が必要です。

RSウイルスは感染してもすぐに発症するわけではなく、感染してしてからの潜伏期間は2日間〜8日間で、一般的に4日〜6日間が多いと言われています。

RSウイルスが体内に侵入すると、気管や肺などにウィルスが付着して風邪のような症状が出ます。

感染経路は感染者の咳やくしゃみなどを浴びることでうつる飛沫感染とウィルスが付着している玩具や手すり、ドアノブなどに触り、ウィルスの付着した手で口に触ってうつる接触感染があります。

RSウィルス感染症の主な症状
・高熱(38℃〜39℃)
・くしゃみ、鼻水、鼻づまり
・咳
・多呼吸
・気管支炎、肺炎
・呼吸困難
・無呼吸発作

通常はRSウィルスに感染しても、風邪症状程度ですんでしまいますので、それほど心配はいりません。

ごく稀に重症化した場合は、咳がひどくなったりゼイゼイ、ヒューヒューといった喘鳴が聞かれる場合や呼吸困難や痰が詰まると言った症状が出ることがあります。

RSウイルスの潜伏期間中はうつる?

RSウイルスは潜伏期間中でも感染力があるとされているため、潜伏期間中でもうつってしまうことがあります
特に子供同士は、保育園や幼稚園など集団生活の中で密着する機会が多いですから、潜伏期間中のくしゃみや鼻水、咳などによって他の子に感染してしまうことも多いかと思います。

また、RSウィルスに感染しても、風邪程度の軽症で済んでしまう場合も多いですので、最後までRSウィルスと気付かず登園している場合もあります。
そんな状態でも他人に感染する可能性はありますが、子供はそんなのおかまいなしですから、感染を避けるためにはマスクの着用や手洗いうがいなどを習慣付けるのが一番です。

RSウイルスは消毒に弱いため、ミルトンなど次亜塩素酸ナトリウムや消毒用アルコール、ポピドンヨード(イソジン)などが有効ですよ。

RSウイルスは潜伏期間中に検査できる?

通常、RSウイルスの検査法は簡易キットなどを用いて検査を行いますが、潜伏期間中などウィルスの量が不十分だと検査結果が陰性に出ることがあります

簡易キットなどは約30分程度で結果が分かる迅速検査ですが、ウィルスの量で判定するため、潜伏期間中に検査はできても正しい診断はできないと言うことができます。

RSウイルスは風邪症状と似ていますが、咳がいつもよりひどいと思った時や保育園や幼稚園などでRSウイルスに感染した子供がいる時は感染を疑った方が良いでしょう。

感染力が強く、潜伏期間にもうつってしまう可能性の高いRSウイルスですが、症状が出てから病院を受診するようにしましょう。
子供の体調や状態を観察して普段と異なるような様子なら、RSウイルスと考えて症状が出たら検査を受けるようにして下さい。

RSウィルス感染症についてはこちらもチェック!

RSウィルス赤ちゃんの症状は?突発性発疹との違いや治療法は?
RSウィルス?マイコプラズマやインフルエンザや溶連菌との違いは?
RSウィルスの感染経路や予防方法は?いつまでうつる?
RSウィルスの初期症状は?大人が感染した時の症状や治療方法
RSウィルス完治までの期間やいつから外出できる?
RSウィルスは予防接種を受けた方が良い?副作用や費用は?保険適用?
RSウィルスの妊婦や胎児への影響は?治療方法は?

まとめ

RSウィルスは4日〜6日ほどの潜伏期間を経て発症しますが、幼児期の子供に感染した場合、殆どは風邪の症状で済むため、感染していることに気付かないことが多いです。
とは言え、様々な感染症が流行する冬場は、マスクの着用や手洗い・うがいを習慣付け、子供を感染症から守ってあげたいですよね。

スポンサードリンク

この記事も一緒に読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ