年賀状の返事の期限はいつまで?遅れた場合や書き方文例も紹介

newyear


うっかり、自分からは送っていない人から年賀状が届いてしまった!
なんてこと、よくありますよね。
それを元旦に気付いてすぐに返事が出せればいいですが、例えば帰省先から帰って来てから年賀状が届いていることに気付いて焦ってしまったなんていうこともあるかと思います。
友人ならまだしも、上司や先輩など目上の人からだと余計焦りますよね。

年賀状の返事に期限はあるのでしょうか。
また、やむを得ず遅れて返事を出す場合、相手に失礼にならないようにするには、どのような書き方をすれば良いのでしょうか。

今回は、そんな疑問にお答えしたいと思います。

スポンサードリンク

年賀状の返事はいつまでに出すべき?

年賀状の返事は、「松の内」までに相手に届いていればマナー違反にならないとされています。

松の内は関東地方と関西地方で日にちが異なり、関東では1月7日、関西では1月15日が一般的です。
しかし、関西地方でも住んでいる地域によっては1月7日を松の内としているところもあります。

このように松の内は地域によって異なりますが、年賀状の返事はできれば松の内の早い方を取って1月7日までに出すのが無難です。

年賀状が届いていることに気付いたのが1月5日よりも前ならば、松の内までに返事が到着するように送ることができそうですね。
一刻も早く出したいという方は、郵便集配局に直接持参すると早めに配達してくれます。
また心配な場合は、郵便局の24時間受付窓口や、インターネットで松の内まで届くか確認することができますよ。

年賀状の余りがない時は、私製ハガキの表に「年賀」と赤字で記入して送ってもOKです。

なお、急ぎだからといてメールなどで済ませてしまうとマナー違反になるので注意しましょう。

年賀状の返事が遅れた場合はどうする?

万が一年賀状の返事が1月7日までに間に合わない時は、「寒中見舞い」として返信すると良いでしょう。

この場合、年賀はがきではなく、通常のハガキを使用するようにします。

寒中見舞いでは新年の挨拶が遅れてしまったお詫びや、相手の健康などを気遣う文章にします。

寒中見舞いは、松の内を過ぎた1月7日から立春の2月4日までに出すのが一般的ですが、年賀状の返事として代用する場合には、1月15日頃までには出すようにしましょう。

年賀状の返事の書き方文例

年賀状の返事は、相手に失礼のないよう気を付けて文章を作成したいですよね。
ここでは年賀状の返事の書き方の文例を紹介します。

年賀状の返事の書き方文例その1
謹んで新年のお慶びを申し上げます。

ご丁寧な年賀状を頂きありがとうございます。

新年の挨拶がおくれましたこと誠に申し訳ございません。

寒い日が続きますが、どうぞご自愛下さいませ。

今年も宜しくお願い申し上げます。

年賀状の返事の書き方文例その2
新春のお慶びを申し上げます。

ご丁寧な年賀状を頂いたにも関わらず、新年のご挨拶が遅れ誠に申し訳ございません。

昨年は色々とお世話になりありがとうございました。

皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

松の内が過ぎてしまった時は「寒中見舞い」となり、新年の挨拶など言葉の表現が変わります。
寒中見舞いで出す場合は以下の文章を参考にして下さい。

上司に寒中見舞いを出す場合の文例
寒中御見舞い申し上げます。

松の内の賑わいも過ぎ、寒さも一段と厳しくなってまいりました。

また新年にはご丁寧な年賀状を頂き誠にありがとうございました。

新年の挨拶がおくれましたこと誠に申し訳ございませんでした。

皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

同僚に寒中見舞いを出す場合の文例
寒中御見舞い申し上げます。

御年賀の挨拶ありがとうございました。

年賀状を頂いたにも関わらず、新年のご挨拶が遅れ誠に申し訳ございません。

まだまだ寒い日が続きますが、体を大切にお過ごし下さい。

ちょっとかしこまった文例を紹介しましたが、親しい友人などには、「年賀状ありがとう!返事が遅れてしまってごめんね。」など、もう少しラフな言い回しでも構いませんよ。

年賀状が遅れてしまったことに対してのお詫びや、相手を気遣う言葉が使用されていることがポイントです。

決まり文句で綴りたくなという時は、相手のおかげて仕事が順調に進んだ感謝の気持ちや近況なども添えると良いですね。

まとめ

年賀状の返事についてまとめました。

年賀状はお世話になった人に対して感謝の気持ちを伝える昔から伝わる行事です。

万が一、返事が遅れてしまっても、誠意を込めて期限までに年賀状を出せば相手に気持ちが伝わります。

松の内を過ぎてしまった時は「寒中見舞い」で出すようにして下さいね。

スポンサードリンク

この記事も一緒に読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ