子供が嘔吐した時の対処法!水分や食事の与え方や受診のタイミング

isya2


赤ちゃんや子供の突然の発熱や嘔吐は、子育て中のママさんの誰もが経験することですよね。
ついさっきまで元気にしていたのに、突然の嘔吐・・・不安になりますよね。

特に初めての育児では症状に戸惑ってしまったり、どのように対処したら良いのか、またどのタイミングで病院を受診すべきか悩むことがあるかと思います。

子供が体調を崩すと不安になってしまいますが、ママが落ち着いて対処することで子供も安心することができ回復が早まります。

今回は子供が嘔吐した時の対処法について紹介します。
ママが正しい知識を身につけることで、いざという時に慌てることなく、また子供も安心して休むことができますね。

スポンサードリンク

子供が嘔吐した時の対処法

子供の体調は急変しやすく、今まで元気だったのに突然吐いたり、熱発したり体調の変化が激しいものです。

このような時、ママが慌ててしまっては子供が不安になってしまうので、きちんとした対処法で子供を安心させてあげましょう。

子供が突然吐いた時の対処法

子供が突然吐いた時は、以下のようなことをポイントに対処してあげて下さい。

  • 横向きに寝かせる
子供が吐いた時は、嘔吐物の誤飲を防ぐため横向きに寝かせます
また新聞紙や全面器などを枕元に用意して、いつ吐いても良いように付き添ってあげましょう。

  • 飲食は控える
1回吐いたら、吐き気が治まるかどうか様子をみます。
また吐き気を誘発しないためにも、30分〜2時間は飲食をさせないようにします。

  • 口腔内を清潔に
吐いた後はうがいをさせたり、口を拭くなど口腔内を清潔に保ちましょう

  • 嘔吐物や嘔吐した回数をチェック
嘔吐物に血液や緑の物が混入していないか内容物を確認したり、顔色や機嫌、吐いた回数などもチェックします。
特に嘔吐物の内容は受診する際に診断の参考になることがあります。

  • 吐き気が治まったらスプーン1杯のお水から
嘔吐は下痢などと比較して脱水症状になりやすいため、吐き気が治まったらスプーン1杯の常温のお水から水分補給をします。
再度嘔吐しないか確認しながら、少しずつ水分の量を増やして行きます。
吐き気が続き水分が摂取できない時は、すぐに医療機関を受診しましょう。

なお、子供の嘔吐の多くはロタウィルスやノロウィルスなどウィルス性の急性胃腸炎のことがほとんどです。
二次感染を防ぐためにも、嘔吐物の処理には注意が必要です。
嘔吐物の処理は、換気をしながら手袋やマスクを着用するなど慎重に行いましょう。
また嘔吐物を処理した後は、手洗いを忘れずに行って下さい。
床が汚れた時は家庭用漂白剤を薄めて拭き取ります。

子供が嘔吐した時の水分や食事

子供が吐いたからと言って、脱水症状を恐れて吐いた直後に水分を与えるのは逆効果です。
吐き気が治まらないうちに水分を摂取すると、吐き気が誘発され再度吐いてしまったり状態が悪化することがあるためです。

水分の摂取方法

子供が吐いた後は、最低でも30分くらいは水分を与えず状態を観察するようにします。

水分を摂取する際はスプーン1杯の常温の水から飲ませて、吐かないようであれば5分〜10分の間隔をあけて飲ませるようにします。
お水の他には子供用のイオン飲料水や番茶、麦茶なども良いでしょう。

冷たい飲み物は胃腸を刺激してしまうため、どの飲み物も常温で与えるようにして下さい。

反対に与えてはいけないものは、オレンジやグレープフルーツなどの柑橘系の飲み物、糖分の多いジュースや炭酸飲料、牛乳などです。
この様な飲み物は胃に負担がかかり、症状が悪化してしまいますので注意して下さいね。

嘔吐した後の食事

食事は水分が摂れるようになってから消化の良い食品を選んで与えるようにします。
絶食すると胃腸粘膜の機能が低下したり、栄養が補給できないなどあまり良いとは言えません。

離乳食の場合は、ひとつ前の段階に戻して母乳やミルクは通常通りに与えるようにします。

  • おすすめメニュー

おかゆ、にゅう麺、おもゆ、すりおろしリンゴ、バナナ、野菜スープ、すまし汁、みそ汁、湯豆腐など消化の良い食品。
ぼちゃ、人参、大根など柔らかく煮た野菜、脂肪の少ない白身魚(カレイ、タイ、タラ、ヒラメなど)も最適です。

  • 避けたいメニュー

海藻類、キノコ類、揚げ物、牛乳や乳製品、酸味の多い果物(イチゴ、パイナップル、スイカなど)、ゴボウ、竹の子、さつま芋、こんにゃく、油揚げ、がんもどき、イワシ、サンマ、貝類、加工食品など。

嘔吐後の食事は、少量を与えるようにして下さい。
与えすぎると刺激になって再度吐いてしまう恐れがあります。
様子を見ながら、少量の食事を数回に分けて与えるなど工夫しましょう。

スポンサードリンク

子供が嘔吐した時の受診タイミング

子供が突然吐くことはさほど珍しいことではないので、受診のタイミングも迷いますよね。
吐いても様子をみる程度で大丈夫な場合や、医療機関を受診する必要なケースがあります。

すぐに受診した方が良い場合
・顔色が悪く、意識がもうろうとしている
・嘔吐を繰り返している
・尿が半日出ていない
・口の中や唇、舌が乾燥している
・頭痛や腹痛がある
・水分摂取ができず、ぐったりしている
・吐物に血液や緑色の胆汁が混ざっている

1回吐いた程度で機嫌も良く、食事も摂れているようであれば、緊急度はそれほど高くないと言えます。
しばらく様子を見て、気になるようであれば受診しましょう。

まとめ

子供が吐いた時の対処法について紹介しました。
嘔吐はママも慌ててしまいますが、本人もびっくりしていることもありますので、お母さんは落ち着いて対処してあげて下さいね。
そして症状が悪化すような時や水分が摂れない時などは、速やかに医師に診てもらうようにして下さい。

スポンサードリンク

この記事も一緒に読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ