体を温める食べ物や飲み物はコレ!冬におすすめの献立も冷え性さん必見

nabe


冷え性さんにとって辛い冬の到来です。

防寒グッズを使用したり、防寒対策をして体の外側から温めても、なかなか効果を得られないことがありますよね。
特に体の芯まで冷えていると、厚着をしても冷えた体を温めるのは難しいです。

そんな時は、体の中から温めるのが一番。
日頃から体を温める食べ物や飲み物を意識して摂取することで、冷え性も改善されて行きます。

今回は体を温める食べ物や飲み物について紹介したいと思います。

スポンサードリンク

体を温める食べ物と冷やす食べ物

体の中から温めるには、体を温める食べ物を積極的に食べ、体を冷やす食べ物をなるべく食べないことが大切です。
そう聞くと、温かい物を食べて冷たい物を食べなければ良いと思うかもしれません。
まあ、それも間違いではないのですが、食材そのものに体を温めるものと冷やすものがあるので、単に温かいものばかり食べていれば良いという訳でもありません。
温かい食べ物であっても、体を冷やすものもあるので注意が必要ですよ。

体を温める食べ物

体を温めてくれる食べ物の代表格と言えば、土の中で育つ根菜類です。
また、寒い季節に旬を迎える野菜や果物も、体を温めてくれる効果があります。
寒い北の海で捕れる魚も体を温めてくれますよ。

体を温める野菜
人参、ごぼう、玉ねぎ、かぼちゃ、生姜、山芋、レンコン、さつま芋
体を温める果物
りんご、ぶどう、イチジク、あんず、プルーン、サクランボ
体を温める魚介類
鮭、さんま、まぐろ、イワシ、ホタテ、さば、海藻

体を冷やす食べ物

反対に身体を冷やしてしまう食べ物は、夏に採れる野菜や南国育ちの果物です。

・体を冷やす野菜
きゅうり、レタス、キャベツ、トマト、なす、ゴーヤ
・体を冷やす果物
バナナ、パイナップル、マンゴー、スイカ、グレープフルーツ、柿、キウイフルーツ
・体を冷やす魚介類
うに、うなぎ、あさり、はまぐり

また、いくら体を温める食べ物を食べても、不規則な食生活が原因で冷えを発症することがあります。
例えば朝は忙しいからと言って朝食を抜いてしまう方もいますが、朝食は1日のなかでも大切な食事のひとつです。
朝食を抜くことにより、体温は下がったままで血液の流れが悪くなるからです。
血流が悪かったり、偏食などは冷え性を促進して体調不良の原因にもなりますので、栄養バランスの摂れた食事や規則正しい生活も冷えを改善するのに大切なことです。



体を温める飲み物は?

寒い冬には温かい飲み物が欲しくなりますよね。
ですが、実は温かいに飲み物の中にも、体を冷やしてしまうものもあるので注意が必要です。

体を温める飲み物

体を温める飲み物には、発酵して作られる日本酒や紹興酒、赤ワインやココアなどがあります。
またタンポポ茶やゴボウ茶、黒豆茶、ほうじ茶、紅茶なども身体を温めてくれます。

ココアにはポリフェノールが含まれ、血管拡張作用で血流を改善して冷えから体を守ってくれます。
冷えに効果的な生姜と紅茶の組み合わせも、体を温める飲み物として最高の組み合わせです。

体を冷やす飲み物

普段から親しまれている温かい飲み物のなかには、体を冷やすしてしまう飲み物があります。
例えば、緑茶やコーヒーは体を冷やす飲み物です。

また、牛乳や豆乳、清涼飲料水、ジュース、白ワイン、ビールなどは体を冷やす飲み物なので注意しましょう。

スポンサードリンク

体を温めるおすすめ献立

体を温める食べ物が分かったところで、実際の献立を紹介します。

  • 根菜の炊き込みご飯

ごぼう、人参、レンコン、鶏のもも肉など身体を温めてくれる作用のある焼き込みご飯はオススメです。
シャキシャキしたレンコンの噛みごたえや口に広がる椎茸の風味など、野菜も取れて健康的的な献立です。

  • 大根のポトフ

大根やジャガイモ、人参など好みの野菜を加えてお鍋で煮込むだけの簡単な献立です。
味付けはコンソメと塩こしょうで。
寒い日の温かいスープは体も心もホッコリしますね。

  • 鮭と根菜の和風スープ

鮭と根菜類を含み、体が温まり美容にも良い献立です。
生姜を加えると更に体もポカポカになりますよ。

  • かぼちゃのポタージュ

かぼちゃを中心に玉ねぎや人参などを加えた健康的なかぼちゃポタージュで、体の中から温まりましょう。
野菜は柔らかく煮てからミキサーでトロトロにします。

  • おでん

おでんは冬の定番の献立ですね。
ごぼう巻き、つくね、ジャガイモ、こんにゃく、昆布など、体を温める効果のある野菜を入れて煮込めば体も心も温まりほっとしますね。



まとめ

体の温まる食べ物や飲み物について紹介しました。
体が冷えていると感じた時は、体を温める食べ物を食べて体の中から温めてあげましょう。
また日頃から、体を温める食べ物や飲み物を意識することで、冷えない身体作りをすることも大切です。

スポンサードリンク

この記事も一緒に読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ