お風呂場が寒い!冬の浴室寒さ対策と体を温める入浴法

ohuro


冬場のお風呂が寒くて入浴するのが憂鬱になったり、困っている方はいませんか?
建物の構造や築年数などで、冬場のお風呂場が寒いことがあります。

温かいお湯につかっても、入浴した後にお風呂場が寒いため体が冷えてしまったという経験の方もいるでしょう。

今回はお風呂場が寒い原因や寒さ対策など紹介します。
お風呂場が寒くて困っている方は参考にして下さいね。

スポンサードリンク

冬のお風呂場が寒い原因は?

お風呂は体がぽかぽかと温まり、寒い冬にはホットひといきつける瞬間ですね。

でも、お風呂場が寒いとせっかくの入浴も面倒になってしまったり、湯冷めをして風邪をひいてしまうことがあります。

温かいはずのお風呂場がなぜ寒いのか、原因を見てみましょう。

  • お風呂場の位置が北側

部屋の配置として陽当たりの良い場所には、ほとんどの場合リビングルームが配置してあります。
お風呂場など水回りは北側にあることが多いので、陽当たりも悪く自然と寒くなってしまいます。

  • 窓がある

冷たい空気は窓の隙間を通して入ってきます。
お風呂場に大きめの窓が設置されていたり、隙間があると冷気が浴室に入り込んで寒くなります。

  • 風呂場の材質

築年数の古い家屋では断熱材などの使用が少なく、家の中全体が寒くなりがちです。
またタイル張りなども寒くなる原因のひとつになります。

以上のようにお風呂場が寒いのは風呂場に窓があったり、隙間風を通しやすい、お風呂場の位置などが関係していることが分かりましたね。

体の中から温めたい人へ

冬の浴室の寒さ対策

冬場の浴室が寒い原因がわかったところで、浴室の寒さ対策を紹介したいと思います。

  • お風呂にシートを敷く

お風呂場の床がタイル張りの場合、風呂場が冷えて寒くなります。
お風呂場専用のマットなどを風呂場に敷くだけで寒さを遮断できます。
専用マットはホームセンターで販売されてます。
また、100均ショップにあるジョイント式のクッションマットでもOKですよ。

  • 窓に断熱シートを貼る

お風呂場に窓がある場合は、まどからの冷気を防ぐために窓専用の断熱シートを貼るのが効果的です。
また、一人暮らしの部屋の寒さ対策でも紹介しましたが、プチプチを貼ることでも冷気を防げます。

  • 湯船に熱めのお湯をはる
湯船には、いつもより若干熱めのお湯を入れるようにします。
そして、お湯がたまってからしばらくしてから入浴します。
そうすることで、湯船から湯気がお風呂場全体に行き渡り、お風呂場が暖まります。

  • シャワーを使用してお湯を溜める

入浴する際、ほとんどの人は蛇口からお湯を溜めるかと思います。
シャワーからお湯を出して湯船に溜めることで湯気ができ、お風呂場が温まりやすくなります。
また熱いシャワーで床や窓を濡らすことでも床や壁が温まり寒さが軽減します。

  • 風呂場の脱衣所のヒーター

風呂場の脱衣所が寒いと服を脱ぐのも嫌になってしまいます。
脱衣所に暖房器具をおいて温めておけば、快適に入浴できますね。

  • リフォームする

思い切って風呂場をリフォームすることも寒さ対策になります。
床に使用されている材質を断熱使用のものに変えるだけで効果があります。

スポンサードリンク

冬に体を温めるおすすめ入浴法

お風呂場が寒い原因や対策が分かったところで、体を温めるのに効果的な入浴法を紹介します。
少しの工夫で、温かさが長持ちしますよ。

  • ぬるめのお湯につかる

お湯の温度は38~40℃程度のぬるめのお湯につかります。
寒いと熱いお湯につかって身体を温めたところですが、熱いお湯につかった後はすぐに身体が冷えてしまうんです。
一方40度前後のぬるま湯では、温かさが長持ちするんですよ。
ぬるま湯では血液の循環が良くなり、体の芯まで温めてくれる効果が得られます。
つかる時間は10分から15分が適切です。

体の中から温めるにはゆっくりつかることが大切で、15分くらいつかると体の内側まで温まります。
つかる時は半身浴でつかると効果的です。

  • 果物を湯船に入れる

季節の果物を湯船に投入することで、体を温めることができます。
例えば柚子は血行を促進して身体を芯まで温める効果があり、ミカンの皮は柚子と同様に体を温める効果が期待できます。
また大根の葉には発汗を作用があります。

  • 昆布を入れる

昆布にも体を温める効果があるのです。
昆布を約5cmの大きさにカットして、ひとつかみ分を袋に入れてお湯に入れると体が温まります。

昆布には保温効果があり、体の温度が上がり更に温かさも長持ちします。

  • 入浴前にコップ1杯の水を摂取する

水分を摂取することで、発汗作用が高まり体を温めてくれます。

  • 入浴剤を入れる

市販されている入浴剤には温浴効果を高める成分が入っているものがあり、お風呂を出たあとでもぽかぽかと温かさが続きます。

  • 蓋を半分閉めて入る

蓋をすることでお湯の温かさが続き、温度が下がりにくくなります。

寒さ対策関連記事

玄関の寒さ対策!すきま風防止法やタイルからの冷気を遮断する方法
一人暮らしの部屋の寒さ対策!おすすめのプチプラグッズやプチプチ活用法
一人暮らしの寒さ対策ポイントは?フローリングやお風呂場寒さ対策!

まとめ

お風呂場の寒さ対策について、紹介しました。
少しの工夫で寒いお風呂場も快適に入浴できるようになりますので、是非試してみて下さいね。

体の中から温めたい人へ

スポンサードリンク

この記事も一緒に読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ